TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024021019
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-15
出願番号2022131361
出願日2022-08-02
発明の名称下部取り出し型スマートフォンカバー
出願人個人
代理人
主分類H04M 1/11 20060101AFI20240207BHJP(電気通信技術)
要約【課題】 スマートフォンケースを首からストラップで掛けた際にスマートフォン本体をケースに収める必要があり落下などによる破損の可能性があり、ストラップに装着した状態での使用が素早く、スムーズに通話等の操作がしにくかった。
また、今までのカバーは装飾が少なく、身飾品としての機能が低かった。
また、今までのスマートフォンケースでは一部がカバーより露出し、プライバシーを守る事が出来なかった。
【解決手段】 上記の課題を解決するには以下のような手段を取ると解決することがわかった。
上部にストラップが通る口を、下部にスマートフォンを取り出せる口を設けたスマートフォンカバーであって、内部背面の上部中央に、スマートフォンの幅より短い間隔で2ヶ所の取り付け部を設けたスマートフォン安定紐によりスマートフォンを配置し、スマートフォン下部(充電側)にストラップを有するスマートフォンの為のスマートフォンカバー。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
上部にストラップが通る口を、下部にスマートフォンを取り出せる口を設けたスマートフォンカバーであって、内部背面の上部中央に、スマートフォンの幅より短い間隔で2ヶ所の取り付け部を設けたスマートフォン安定紐によりスマートフォンを配置し、スマートフォン下部(充電側)にストラップを有するスマートフォンの為のスマートフォンカバー。
続きを表示(約 350 文字)【請求項2】
スマートフォンカバーが四角型・丸型・ユニフォーム型・衣類型・キャラクター型のいずれか1つから選択された形状を有する請求項1に記載のスマートフォンカバー。
【請求項3】
スマートフォン安定紐の取付け間隔が3cm~8cmでスマートフォン安定紐の長さが、取付け間隔と同じ長さ以上であって、取付け間隔よりプラス1cm以下であることを特徴とする請求項1乃至請求項2のいずれかに記載のスマートフォンカバー。
【請求項4】
スマートフォン安定紐の取付け間隔が3cm~6cmでスマートフォン安定紐の長さが、取付け間隔と同じ長さ以上であって、取付け間隔よりプラス0.5cm以下であることを特徴とする請求項1乃至請求項2のいずれかに記載のスマートフォンカバー。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、上部にストラップが通る口を、下部にスマートフォンを取り出せる口を設けたスマートフォンカバーであって、首または肩から下げる事を主に考えられ、カバー下部から取り出し易く、操作性に優れ、スマートフォンの保護の面からも優れたものに関する。外観的にも四角型・丸型・ユニフォーム型・衣類型・キャラクター型など様々な形状の物も作成でき、グッズ・お土産・イベント商品などに使用できる。
続きを表示(約 2,700 文字)【背景技術】
【0002】
スマートフォンカバーとしては、様々な物が市販されている。代表的なものには「ソフトタイプ」「ハードタイプ」「手帳型」、「バンパーフレーム」、「ポーチタなどがある。しかし装着に手間取ったり、操作の邪魔になったり、機種専用の物を選んで購入したりしなければならなかった。また破損・汚損の心配があった。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2001-346620号公報
特開平11-9323号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
スマートフォンケースを首からストラップで掛けた際にスマートフォン本体をケースに収める必要があり落下などによる破損の可能性があり、ストラップに装着した状態での使用が素早く、スムーズに通話等の操作がしにくかった。
また、今までのカバーは装飾が少なく、身飾品としての機能が低かった。
また、今までのスマートフォンケースでは一部がカバーより露出し、プライバシーを守る事が出来なかった。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明は上記の課題を解決するため、以下のような発明を行った。
1、
上部にストラップが通る口を、下部にスマートフォンを取り出せる口を設けたスマートフォンカバーであって、内部背面の上部中央に、スマートフォンの幅より短い間隔で2ヶ所の取り付け部を設けたスマートフォン安定紐によりスマートフォンを配置し、スマートフォン下部(充電側)にストラップを有するスマートフォンの為のスマートフォンカバー。
2、
スマートフォンカバーが四角型・丸型・ユニフォーム型・衣類型・キャラクター型のいずれか1つから選択された形状を有する1に記載のスマートフォンカバー。
3、
スマートフォン安定紐の取付け間隔が3cm~8cmでスマートフォン安定紐の長さが、取付け間隔と同じ長さ以上であって、取付け間隔よりプラス1cm以下であることを特徴とする1乃至2のいずれかに記載のスマートフォンカバー。
4、
スマートフォン安定紐の取付け間隔が3cm~6cmでスマートフォン安定紐の長さが、取付け間隔と同じ長さ以上であって、取付け間隔よりプラス0.5cm以下であることを特徴とする1乃至2のいずれかに記載のスマートフォンカバー。
【0006】
上記の内容を詳細に説明しますと、上部のストラップが通る口ですが大きさは最低ストラップが通ればよいが、好ましくは直径1~6cm、さらに好ましくは直径2~5cmである。小さいとストラップを通しにくいし、スマートフォンの幅より大きいとスマートフォンカバーが脱落してカバーの役割を果たさない。
下部にスマートフォンを取り出せる口についてはスムーズにスマートフォンを取り出せるように、スマートフォンの幅より大きい開口部が必要である。
その他、ユニフォーム型・衣類型の場合は全面にファスナー、ボタン等を設けることはデザイン上必要に応じて設けることができる。
また、全体のカバーの形はスマートフォンを覆い隠す大きさがあればよい。
四角型・丸型でも問題ないがデザイン的に、ユニフォーム型・衣類型・キャラクター型も選択でき、嗜好性を高める。ユニフォーム型・衣類型は袖の部分に開口部があってもよい。
【0007】
カバーの内部背面の上部中央に、スマートフォンの幅より短い間隔で2ヶ所の取り付け部を設けたスマートフォン安定紐を付ける。
具体的には、スマートフォン安定紐の取付け間隔が2cm~8cm、さらに好ましくは3cm~6cmで、スマートフォン安定紐の長さが、取付け間隔と同じ長さ以上であって、取付け間隔よりプラス1cm以下、さらに好ましくは取付け間隔と同じ長さ以上であって、取付け間隔よりプラス0.5cm以下がよい。
紐の材質は布、ゴム等ある程度の耐久性があるものであれば問題ない。紐の幅は強度が保たれれば細くてもよい。概ね、0.1~2.0cmが好ましく、0.2~1.0cmがさらに好ましい。
【0008】
また、スマートフォン安定紐の取り付け位置はカバーの上端から0.2~5cm、好ましくは0.5~3cmであり、あまり上端に近いてスマートフォンやスマートフォン安定紐が外部から見えて好ましくない。またあまり下だとスマートフォンが下部から露出したり、カバーの長さを不用に長くしないといけなくなる。
なお、ストラップをスマートフォン下部の中心に取り付けるのは市販のものを使用すればよい。また、ストラップも付いた、「スマートフォン落下防止ストラップ」という商品もあるので利用できる。
ストラップも勿論市販のものが利用できる。首から掛けるなら全周が140~180cm程度が好ましい。
また、ベルトに通したりして腰に掛けることも考えられるが通話等を考えるとストラップが伸縮するものがよい。
【発明の効果】
【0009】
本発明によりスマートフォン本体の使用がスムーズになり、且つカバーされる事で、破損・汚損の可能性が低くなった。さらに、形状が四角型・丸型・ユニフォーム型・衣類型・キャラクター型など様々な形状での作成が可能なのでグッズやお土産・イベント商品などで購買意欲が上がる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
本発明品を表す図でAの円内はカバー内部を表している。
本発明品にスマートフォンをセットした状況を表している。
実施例1の内部がわかるように前面を開けた状態を示す写真
実施例1の内部がわかるように前面を開けた状態でスパートフォンをセットした状態を示す写真
実施例1を首に掛けた状態を示す図
実施例1を首に掛けた状態でスマートフォンを取り出したときの写真
実施例2の外観の写真
実施例2の内部がわかるように前面を開けた状態を示す写真
実施例2の内部がわかるように前面を開けた状態でストラップ取り付けた状態を示す写真
実施例2の内部がわかるように前面を開けた状態でスパートフォンを取り付けた状態を示す写真
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
挿耳装置
3日前
個人
通話装置
3日前
個人
開閉式取手
1か月前
個人
暗号化記憶媒体
20日前
個人
イラストの著作権保護方法
11日前
個人
非常時の情報伝達システム
19日前
キヤノン株式会社
表示装置
4日前
富士通株式会社
光受信装置
4日前
富士通株式会社
光送信装置
4日前
日本電気株式会社
光供給装置
1か月前
リオン株式会社
補聴器
11日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
16日前
株式会社パロマ
リモコン
16日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
太陽誘電株式会社
振動発生装置
18日前
個人
ブロックチェーンにおける認証方法
1か月前
キヤノン電子株式会社
照明付スピーカー
4日前
トヨタ自動車株式会社
車両
12日前
株式会社日立国際電気
通信システム
11日前
株式会社JVCケンウッド
端末装置
23日前
個人
翻訳字幕付きビデオチャットシステム
17日前
日本放送協会
送信装置及び受信装置
1か月前
マスプロ電工株式会社
光信号計測装置
9日前
株式会社ブイキューブ
表示装置
1か月前
株式会社リンテック21
対面通話装置
1か月前
三菱電機株式会社
送信機
4日前
アルプスアルパイン株式会社
音響装置
1か月前
株式会社日立国際電気
無線通信システム
1か月前
株式会社日立国際電気
無線通信システム
17日前
株式会社日立国際電気
無線通信システム
20日前
株式会社デンソー
通信装置
19日前
株式会社ネットアプリ
飲料用演出グラス
5日前
株式会社ネットアプリ
飲料用演出グラス
1か月前
株式会社村田製作所
スイッチ回路
16日前
京セラ株式会社
通信機器、方法、及びプログラム
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像記録装置
1か月前
続きを見る