TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024020856
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-15
出願番号2022123356
出願日2022-08-02
発明の名称表示装置及び建設機械
出願人ヤンマーホールディングス株式会社
代理人個人,個人
主分類E02F 9/26 20060101AFI20240207BHJP(水工;基礎;土砂の移送)
要約【課題】安全操作部材の操作に拘わらず、操作性を向上することができる表示装置及びこの表示装置を備える建設機械を提供する。
【解決手段】
建設機械1の表示装置7は、制御部11と、表示部13とを備える。表示部13は、当該表示装置7に対する操作内容を案内するための案内表示領域である第2表示領域31を有する表示画面を表示する。制御部11は、建設機械1に備わる安全操作部材であるカットオフレバー9の操作状態に応じて、第2表示領域31の表示態様を変更するように表示部13を制御する表示制御部2として機能する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
建設機械に備えられる表示装置であって、
当該表示装置に対する操作内容を案内するための案内表示領域を有する表示画面を表示する表示部と、
前記建設機械に備わる安全操作部材の操作状態に応じて、前記案内表示領域の表示態様を変更するように前記表示部を制御する表示制御部と、
を備えることを特徴とする表示装置。
続きを表示(約 750 文字)【請求項2】
前記表示部は、前記操作内容を示す機能標識を前記案内表示領域に配置した前記表示画面を表示し、
前記表示制御部は、前記安全操作部材の操作状態に応じて、前記機能標識の表示態様を変更することを特徴とする請求項1に記載の表示装置。
【請求項3】
前記表示部は、複数の前記操作内容をそれぞれ示す複数の前記機能標識を前記案内表示領域に配置した前記表示画面を表示し、
前記表示制御部は、前記安全操作部材の操作状態に応じて、少なくとも1つの前記機能標識を非表示にすることを特徴とする請求項2に記載の表示装置。
【請求項4】
前記表示制御部は、前記安全操作部材の操作状態に応じて、前記案内表示領域における前記機能標識の配置を変更することを特徴とする請求項2又は3に記載の表示装置。
【請求項5】
前記表示部は、前記案内表示領域において複数の前記機能標識を所定の配列順に配列した前記表示画面を表示し、
前記表示制御部は、前記安全操作部材の操作状態に応じて、前記案内表示領域における複数の前記機能標識の配列順を変更することを特徴とする請求項2に記載の表示装置。
【請求項6】
前記表示制御部は、前記安全操作部材の操作状態に応じて、前記表示画面における前記案内表示領域の割付を変更することを特徴とする請求項1又は2に記載の表示装置。
【請求項7】
前記表示制御部は、前記安全操作部材の操作状態に応じて、前記表示画面における前記案内表示領域の背景を変更することを特徴とする請求項1又は2に記載の表示装置。
【請求項8】
請求項1に記載の表示装置を備えることを特徴とする建設機械。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、建設機械に備わる表示装置及びこの表示装置を備える建設機械に関する。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
建設機械は、様々な情報を表示部の表示画面に表示可能な表示装置を備えていて、表示装置は、当該表示装置に備わる操作子や当該表示装置と別体の操作装置による様々な操作を受け付けている。なお、表示装置は、その操作内容を表示画面に表示することがある。
【0003】
例えば、特許文献1に開示される小型建設機械では、ゲートロックレバーが下げられたときには、ゲートロックスイッチがオンとなって油圧シリンダ等への圧油の供給が許容される。小型建設機械は、エンジンの駆動状態にあって、ゲートロックレバーが下げられた状態にあるとき、モニタに設けられたモニタスイッチの操作を無効として、モニタには正常画面における一部の特定の表示を停止させる制御装置を備える
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特許第6577436号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
建設機械に搭載される表示装置は、構造やサイズの都合上、操作子を設けるスペースが制限されるので、様々な機能の操作に必要な操作子を十分な数だけ割り当てることができないおそれがある。また、建設機械は、カットオフレバー等の安全操作部材を備えて、安全操作部材の操作に応じて作業機の動作を停止させるものがあるところ、安全操作部材の操作に応じて作業機の動作を許容する場合と停止する場合とで、表示装置では、必要とされる操作や可能となる操作が異なることがある。しかしながら、従来の表示装置では、操作子の数が限られているので、安全操作部材の操作に応じた様々な機能の全てに操作子を割り当てることが困難である。また、従来の表示装置では、安全操作部材が操作された際に、必要な操作や可能な操作を作業者が判別することが困難であり、操作性が低下してしまう。
【0006】
本発明は、安全操作部材の操作に拘わらず、操作性を向上することができる表示装置及びこの表示装置を備える建設機械を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記課題を解決するために、本発明の表示装置は、建設機械に備えられる表示装置であって、当該表示装置に対する操作内容を案内するための案内表示領域を有する表示画面を表示する表示部と、前記建設機械に備わる安全操作部材の操作状態に応じて、前記案内表示領域の表示態様を変更するように前記表示部を制御する表示制御部と、を備えることを特徴とする。
【0008】
上記課題を解決するために、本発明の建設機械は、上記した表示装置を備えることを特徴とする。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、安全操作部材の操作に拘わらず、操作性を向上することができる表示装置及びこの表示装置を備える建設機械を提供する。
【図面の簡単な説明】
【0010】
本発明の実施形態に係る建設機械のブロック図である。
本発明の実施形態に係る建設機械の表示装置の例を示す正面図である。
本発明の実施形態に係る建設機械の表示装置の例を示す正面図である。
本発明の実施形態に係る建設機械の表示装置の例を示す正面図である。
本発明の実施形態に係る建設機械の表示装置の例を示す正面図である。
本発明の実施形態に係る建設機械の表示装置の第1変形例の一例を示す正面図である。
本発明の実施形態に係る建設機械の表示装置の第1変形例の他の例を示す正面図である。
本発明の実施形態に係る建設機械の表示装置の第2変形例を示す正面図である。
本発明の実施形態に係る建設機械の表示装置の第3変形例を示す正面図である。
本発明の実施形態に係る建設機械の表示装置の第4変形例を示す正面図である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
杭頭接合部用部材
3日前
株式会社SKT
掘削ロッド
5日前
前澤工業株式会社
除塵機
4日前
個人
洪水防止堤防 又は 津波防止堤防
2日前
住友建機株式会社
ショベル
2日前
株式会社エスイー
対土石流構造物
2日前
有限会社サンワテック
管内底蓋構造
18日前
日立建機株式会社
作業機械
9日前
日立建機株式会社
作業機械
2日前
日立建機株式会社
作業機械
2日前
日立建機株式会社
作業機械
3日前
日立建機株式会社
建設機械
2日前
住友重機械工業株式会社
ショベル
22日前
東栄商興株式会社
護岸構造
15日前
株式会社丸順
土工機械のアタッチメント
9日前
日立建機株式会社
電動式建設機械
10日前
日立建機株式会社
建設機械用部品
2日前
日立建機株式会社
電動式建設機械
11日前
株式会社丸島アクアシステム
除塵装置
12日前
株式会社ジオック技研
既設杭の引き抜き方法
11日前
日立建機株式会社
作業機
10日前
株式会社日立建機ティエラ
建設機械
9日前
日本車輌製造株式会社
チュービング装置
9日前
株式会社日立建機ティエラ
建設機械
9日前
日本車輌製造株式会社
杭打機の制御装置
5日前
株式会社日立建機ティエラ
建設機械
9日前
日本車輌製造株式会社
杭打機の制御装置
5日前
日立建機株式会社
建設機械
9日前
株式会社タイセン工業
支柱支持構造及び支持部材
2日前
ヤンマーホールディングス株式会社
建設機械
11日前
株式会社小松製作所
作業機械
3日前
日立建機株式会社
深礎掘削機
10日前
日立建機株式会社
作業機械
9日前
日立建機株式会社
作業機械
10日前
日立建機株式会社
作業機械
9日前
日立建機株式会社
建設機械
10日前
続きを見る