TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024019813
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-14
出願番号2022122512
出願日2022-08-01
発明の名称酸化チタン中空粒子及びその製造方法、並びにその用途
出願人日本化薬株式会社
代理人
主分類C01G 23/053 20060101AFI20240206BHJP(無機化学)
要約【課題】
本発明は、従来製造が困難とされていた小粒径のルチル型中空酸化チタン粒子およびその効率的な製造方法を提供することを課題とする。
【解決手段】
1次粒子径が50nm~150nmであるルチル型酸化チタン中空粒子であって、好ましくは中空構造の内径Aと1次粒子径Bとの比A/Bが0.3~0.95であり、さらには粒子中に0.5質量%以上14.0質量%以下のシリカを含有するルチル型酸化チタン中空粒子とそれを用いた分散液。
【選択図】なし

特許請求の範囲【請求項1】
1次粒子径が50nm~150nmであるルチル型酸化チタン中空粒子。
続きを表示(約 560 文字)【請求項2】
中空構造の内径Aと1次粒子径Bとの比A/Bが0.3~0.95である、請求項1に記載のルチル型酸化チタン中空粒子。
【請求項3】
粒子中にシリカを含有する請求項1又は2に記載のルチル型酸化チタン中空粒子。
【請求項4】
前記シリカの含有率が0.5質量%以上14.0質量%以下である請求項3に記載のルチル型酸化チタン中空粒子。
【請求項5】
請求項1又は2に記載のルチル型酸化チタン中空粒子とルチル型酸化チタン中実粒子を含有する粒子組成物。
【請求項6】
(I)請求項1又は2に記載のルチル型酸化チタン中空粒子、及び(II)溶剤を含有する分散液。
【請求項7】
更に(III)分散剤を含有する請求項6に記載の分散液。
【請求項8】
以下工程1~工程3を有する請求項5に記載の粒子組成物の製造方法。
(工程1)コアとなるテンプレート粒子の表面に酸化チタン前駆体を含有するシェルを形成し、コア/シェル粒子を得る工程
(工程2)前記コア/シェル粒子に対して(B)ルチル型酸化チタン中実粒子を添加する工程
(工程3)前記コアシェル粒子とルチル型酸化チタン中実粒子の混合物を焼成する工程

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、中空粒子及びその製造方法、並びにその用途に関する。
続きを表示(約 2,900 文字)【背景技術】
【0002】
中空粒子は、その粒子内部に種々の機能物質を包含したマイクロカプセルとして広く利用されており、また内部空孔による特異な光散乱特性を利用して、紙、繊維、皮革、ガラス、金属等へのコーティング、インク及び塗料や化粧品等の分野において、光輝、光沢、不透明度、白色度などの性能を付与する為の光散乱剤、光散乱助剤としても有用であることが知られている。さらに、内部が空孔である為、屈折率調整剤、誘電率調整剤、軽量剤、遮音材、断熱材としての効果も期待できる。
中空粒子の中でも、シリカ、酸化チタン、酸化ジルコニウム等の金属酸化物の中空粒子は、構造安定性、化学的安定性にすぐれていることから、工業的に有用である。特に、酸化チタンを含有する中空粒子は、高屈折率であること、触媒活性を有すること等の理由から、光散乱材料や触媒材料として有用とされている。中空酸化チタン粒子の製造方法は、例えば、特許文献1及び2に開示されている。
【0003】
上述の通り、中空酸化チタン粒子は内部の空隙を調節することにより、屈折率を大きく変化させることが可能である。また、小粒径化することにより高い透明性を付与できるため、透明樹脂の屈折率調整剤として有用である。従って、特に透明性の必要な分野においては、より小粒径の中空酸化チタン粒子が望まれている。
【0004】
しかし、従来の技術では、150nm以下の小粒径の中空酸化チタン粒子は、アナターゼ型のみ調製可能であった。アナターゼ型の酸化チタンは高い触媒活性を示し、混合した部材の損傷を引き起こすため、触媒活性の低いルチル型とすることが望ましい。しかし、アナターゼ型の酸化チタンをルチル型に結晶転換させるためには、1000℃を超える高温での焼成が必要である。その際、粒子に高いエネルギーが加わるため、外殻の薄い小粒径粒子は中空構造が崩壊する。従って、150nm以下のルチル型中空酸化チタン粒子の調製は困難である。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2013-43788号公報
国際公開2019/117075
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
本発明は上記実情を鑑みて発明したものであり、小粒径のルチル型中空酸化チタン粒子およびその製造方法を提供することを課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明者らは鋭意検討の結果、中空酸化チタンの焼成時にルチル型の酸化チタン粒子を少量添加すると、150nm以下のルチル型の中空粒子が調製可能なことを見出し、本発明に至った。
すなわち、本発明は以下の1)~8)に関する。
1)
1次粒子径が50nm~150nmであるルチル型酸化チタン中空粒子。
2)
中空構造の内径Aと1次粒子径Bとの比A/Bが0.3~0.95である、上記1)に記載のルチル型酸化チタン中空粒子。
3)
粒子中にシリカを含有する上記1)又は2)に記載のルチル型酸化チタン中空粒子。
4)
前記シリカの含有率が0.5質量%以上14.0質量%以下である上記3)に記載のルチル型酸化チタン中空粒子。
5)
上記1)乃至4)のいずれか一項に記載のルチル型酸化チタン中空粒子とルチル型酸化チタン中実粒子を含有する粒子組成物。
6)
(I)上記1)乃至5)のいずれか一項に記載のルチル型酸化チタン中空粒子、及び(II)溶剤を含有する分散液。
7)
更に(III)分散剤を含有する上記6)に記載の分散液。
8)
以下工程1~工程3を有する上記5)に記載の粒子組成物の製造方法。
(工程1)コアとなるテンプレート粒子の表面に酸化チタン前駆体を含有するシェルを形成し、コア/シェル粒子を得る工程
(工程2)前記コア/シェル粒子に対して(B)ルチル型酸化チタン中実粒子を添加する工程
(工程3)前記コアシェル粒子とルチル型酸化チタン中実粒子の混合物を焼成する工程
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、小粒径のルチル型の中空酸化チタンおよびそれを用いた分散液を容易に調製することができる。当該粒子は、例えば、透明樹脂に添加する屈折率調整剤として用いることができる。
【発明を実施するための形態】
【0009】
[(A)ルチル型酸化チタン中空粒子]
本発明の(A)ルチル型酸化チタン中空粒子は内部に空孔が形成され、殻がルチル型酸化チタンで形成されている球状、略球状、凹凸状、異形状等の粒子であり、球状又は略球状である場合が好ましく、球状である場合が更に好ましい。また中空粒子内部の空孔は、空孔を球と見なしたときに真円度が高いものが好ましい。なお、ルチル型酸化チタン中空粒子は以下単に、中空酸化チタンとして表現される場合もある。
ルチル型酸化チタンは、光触媒機能が低い、屈折率が高いので波長に対する反射率を制御できる点において優れる。なお本明細書中においてルチル型酸化チタンとは、ルチル化率が51質量%以上である場合と定義するが、好ましくは60質量%以上、さらに好ましくは70質量%以上、特に好ましくは80質量%以上、最も好ましくは90質量%以上であり、上限は100質量%でよい。なお当該割合はX線回折ピークから算出される値であり、詳細は実施例において記載する。
また本実施形態に用いるルチル型酸化チタン中空粒子は、単結晶である場合が好ましい。酸化チタンが単結晶であることは、公知の方法で確認することができる。公知の方法としては、例えば、透過型電子顕微鏡(TEM)を使用して、単粒子の電子回折像を測定する方法が挙げられる。本明細書において「単結晶」とは、単粒子の電子回折像がスポット像であることを意味する。
【0010】
[1次粒子径]
本発明のルチル型酸化チタン中空粒子は、1次粒子径が50nm~150nmである。
1次粒子径とは、過型電子顕微鏡(TEM)で無作為に撮影した中空構造粒子10個の外径をImageJ等の画像解析ソフトウェアを用いて測長したものの算術平均値である。なお本明細書において、「~」は前後の数値を含むものとする。
1次粒子径の上限としてより好ましくは、順に145nm、140nm、135nmであり、特に好ましくは130nmである。また下限として好ましくは、順に60nm、70nm、75nm、80nm、90nmであり、特に好ましくは95nmである。すなわち1次粒子径として最も好ましくは、95nm以上130nm以下である。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

川崎重工業株式会社
合成ガスの製造方法
18日前
株式会社トクヤマ
改質六方晶窒化ホウ素粉末の製造方法
17日前
東ソー株式会社
耐水熱性亜鉛含有MFI型ゼオライト成形体
18日前
個人
硫化リチウムの製造方法および製造装置
8日前
太平洋セメント株式会社
無機酸化物中空粒子
18日前
高純度シリコン株式会社
多結晶シリコンの製造方法
2日前
国立研究開発法人産業技術総合研究所
オキソ酸金属塩の製造方法
16日前
株式会社エスイー
無水金属塩化物の製造方法
23日前
国立大学法人東海国立大学機構
水素の製造装置および水素の製造方法
2日前
住友大阪セメント株式会社
分散液、化粧料、分散液の製造方法
2日前
DIC株式会社
モリブデン被覆アルミナ粒子およびその製造方法
18日前
東洋化学工業株式会社
塩化銀粒子および塩化銀含有ペースト
11日前
三菱重工業株式会社
水素製造装置、及び水素製造システム
3日前
国立大学法人長岡技術科学大学
ヨウ素の取得方法
16日前
国立大学法人北海道大学
複合材料及びその製造方法
17日前
崑山科技大学
土粘土及び酸化グラフェンで成長させた三次元カーボンナノチューブの作製と応用
10日前
富士フイルムビジネスイノベーション株式会社
シリカ粒子の製造方法
11日前
太平洋セメント株式会社
酸化ホウ素含有無機酸化物中空粒子の製造方法
4日前
月島機械株式会社
金属化合物の微粒子の製造方法、金属化合物の微粒子
8日前
アンリツ株式会社
グラフェンシート及びグラフェンナノリボン製造方法
16日前
日揮触媒化成株式会社
アルカリ土類金属リン酸塩化合物およびその製造方法
16日前
日揮触媒化成株式会社
溶媒リサイクル法を用いた酸化チタンゾルの製造方法および酸化チタンゾル
3日前
株式会社東芝
ニオブチタン酸化物、活物質、電極、二次電池、電池パック、及び車両
23日前
国立大学法人東北大学
有機修飾酸化物微粒子の製造方法及び有機修飾酸化物微粒子
15日前
住友大阪セメント株式会社
二酸化炭素利用システム、炭酸カルシウムの製造装置及び製造方法
22日前
三菱ケミカル株式会社
シリカ粒子、シリカ粒子の製造方法、シリカゾル及びシリカゾルの製造方法
11日前
株式会社レゾナック
フラーレンの製造装置及びフラーレンの製造方法
1日前
アンリツ株式会社
グラフェン薄膜製造方法及びグラフェン薄膜基板
16日前
住友大阪セメント株式会社
炭酸カルシウムの製造方法及び製造システム
22日前
南亞塑膠工業股分有限公司
粉末組成物およびその製造方法
10日前
TOYO TIRE株式会社
酸化亜鉛、ゴム-スチールコード複合体用ゴム組成物および空気入りタイヤ
11日前
日揮触媒化成株式会社
光触媒活性が低い粒子およびその製造方法、並びに粒子の分散液、塗布液、膜付基材の製造方法
2日前
artience株式会社
カーボンナノチューブ分散液およびその利用
11日前
国立大学法人東京工業大学
ホウ化水素シート及び担体を含む組成物及びそれを用いる水素放出方法
16日前
住友化学株式会社
アルカリ金属含有ハロゲン化物、電解質、電池及びハロゲン化物固体電解質の製造方法
19日前
日揮触媒化成株式会社
ルチル型の結晶構造を有する粒子およびその製造方法、並びに粒子の分散液、塗布液、膜付基材の製造方法
2日前
続きを見る