TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024019745
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-13
出願番号2022122401
出願日2022-07-31
発明の名称未来の決算書作成システム
出願人株式会社知財事業研究所
代理人個人
主分類G06Q 10/10 20230101AFI20240205BHJP(計算;計数)
要約【課題】精度の高く、活用が容易な未来の決算書作成システムを提供する。
【解決手段】複数の過去の決算書から未来の決算書を作成する未来の決算書作成システムは、過去の決算書の複数の項目に基づいて、未来の決算書の各項目を生成し、当該各項目を集約することで前記未来の決算書を作成する。未来の決算書作成システムでは、過去の決算書の複数の項目に基づいて、未来の決算書の各項目を生成し、当該各項目を集約するため、精度の高い未来の決算書が作成できる。未来の決算書は、項目が財務諸表等に定められる提携のフォーマットであるため、誰にでもなじみの深い普遍的な方法で利用することができる。また、過去の決算書から未来の決算書が作成されるため、過去の決算書のデータの収集が容易となる。
【選択図】図4
特許請求の範囲【請求項1】
複数の過去の決算書から未来の決算書を作成する未来の決算書作成システムであって、
過去の決算書の複数の項目に基づいて、未来の決算書の各項目を生成し、
当該各項目を集約することで前記未来の決算書を作成する、未来の決算書作成システム。
続きを表示(約 210 文字)【請求項2】
前記未来の決算書に基づいて、他の未来の決算書の少なくとも1つの項目を生成することにより、
前記他の未来の決算書の各項目を集約することで他の未来の決算書を生成する、請求項1に記載の未来の決算書作成システム。
【請求項3】
前記過去の決算書の複数の項目に基づいて、前記未来の決算書の資産の少なくとも1つの項目を生成する、請求項1または2に記載の未来の決算書作成システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、事業の未来の財務状況を示す未来の決算書を作成するシステムや方法に関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
従来より、会計年度における会社の利益と損失や、会社が今どのような財政状態にあるのかといった、会社の状況を報告するための決算書類がある。決算書は、確定申告の際に必要となるため、仕訳帳と総勘定元帳といった帳簿を基に会計年度ごとに作成されます。
【0003】
決算書は、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書、株主資本等変動計算書、付属明細表、個別注記表等を含み、利用する場面に応じて、財務諸表、計算書類等と称される。
【0004】
決算書は、会計年度などのように所定期間に応じて作成され、所定期間の事業に関する経営数字をまとめた書類となる。したがって、決算書は過去の事業に関する数字をまとめた書類として作成される。従来の決算書は、過去の事業に関する経営数字から事業の現在の成績をつけるような意味合いが強かった。
【0005】
一方で、決算書の数字から未来の事業を予想しようとする試みは多数ある。例えば、特許文献1に記載の判定装置、判定方法及び判定プログラムにおいては、事業者に対する信用度(未来の資産状況)を多様な観点から判定することを目的としている。
【0006】
また、特許文献2に記載の融資支援システムでは、各金融機関等に対して、担保資産の内容に関する情報を一元的に管理し、所望する条件で加工したうえで提示することを可能とする融資支援システムを提供する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0007】
特開2019-91355号公報
特開2011-44070号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
しかし、特許文献1や特許文献2に記載の思想は、過去のデータに基づいて個別の判断基準を作成することを目的とするものであった。すなわち、特許文献1の判定装置、判定方法及び判定プログラムにおいて判定される基準と、特許文献2の融資支援システムにおいて提示される情報(基準)とは、当然に異なるもので、一律に利用方法が定まるものではないといった課題があった。
【0009】
上述のような課題に対して、本発明の発明者は、事業の将来を判断する基準として決算書という共通のフォーマットにすることで、利用方法等が一律に定まるものとの知見を得た。
【0010】
(1)この知見に基づき、本発明に係る未来の決算書作成システムは、複数の過去の決算書から未来の決算書を作成する。そのような決算書作成システムは、過去の決算書の複数の項目に基づいて、未来の決算書の各項目を生成し、当該各項目を集約することで前記未来の決算書を作成する。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
GPSロガー
26日前
個人
管理システム
1か月前
個人
記録管理システム
1か月前
個人
X氏の永久化方式と方法
1か月前
個人
自国主食備蓄目的飛行機
21日前
学校法人東京農業大学
評価方法
18日前
個人
7の倍数の判別用具
26日前
花王株式会社
肌状態推定方法
18日前
個人
収納管理システム
18日前
個人
イチゴ狩り管理システム
1か月前
株式会社ゼロボード
情報処理システム
1か月前
アズビル株式会社
管理システム
1か月前
株式会社ゼロボード
情報処理システム
1か月前
株式会社ユウヤ
商品販売管理システム
1か月前
株式会社ワコム
電子ペン
13日前
個人
災害復旧対応管理システム
1か月前
株式会社竹中工務店
空調システム
1か月前
沖電気工業株式会社
情報処理装置
1か月前
株式会社サタケ
穀物乾燥機の選定システム
1か月前
オムロン株式会社
操作制御システム
26日前
キヤノン株式会社
設定情報送信装置
1か月前
ユビ電株式会社
情報処理装置
4日前
オムロン株式会社
操作制御システム
26日前
株式会社mov
情報処理装置
18日前
17LIVE株式会社
サーバ及び方法
1か月前
個人
契約支援システム及びプログラム
8日前
大王製紙株式会社
RFIDタグ
1か月前
株式会社コルク
工程管理システム
1か月前
株式会社TRN
営業支援システム
1か月前
サクサ株式会社
仮想画面表示プログラム
1か月前
株式会社九門
避難安全性能評価システム
4日前
コクヨ株式会社
レイアウト図の作成方法
1か月前
株式会社ダイヘン
移動体割当装置
1か月前
ノヅック株式会社
調達代行依頼システム
5日前
トヨタ自動車株式会社
光源推定システム
1か月前
Aspace株式会社
並列処理システム
1か月前
続きを見る