TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024015721
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-06
出願番号2022117982
出願日2022-07-25
発明の名称画像形成装置
出願人株式会社リコー
代理人個人
主分類G03G 15/16 20060101AFI20240130BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】画像の画質の向上に寄与できる画像形成装置を提供する。
【解決手段】
感光体と、前記感光体に接するとともに、電流抵抗特性の傾きが大きい領域と、小さい領域とを有する中間転写体と、電圧が印加されるとともに、前記電圧によって前記感光体に形成された画像を前記中間転写体へ転写させる一次転写部材と、前記一次転写部材に電圧を印加する電圧印加部と、前記一次転写部材に流れる電流を検出する電流検出部と、前記電圧印加部が印加する電圧値および前記電流検出部で検出された電流値に基づいて、前記中間転写体の抵抗値を計算する抵抗値計算部と、前記抵抗値計算部によって計算された前記抵抗値に基づいて、前記電圧印加部が前記一次転写部材に印加する電圧を、予め定めた電流値になるように補正する転写電圧補正部とを、備え、前記転写電圧補正部は、前記電流抵抗特性の傾きが小さい領域で電圧の補正を行う。
【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
感光体と、
前記感光体に接するとともに、電流抵抗特性の傾きが大きい領域と、小さい領域とを有する中間転写体と、
電圧が印加されるとともに、前記電圧によって前記感光体に形成された画像を前記中間転写体へ転写させる一次転写部材と、
前記一次転写部材に電圧を印加する電圧印加部と、
前記一次転写部材に流れる電流を検出する電流検出部と、
前記電圧印加部が印加する電圧値および前記電流検出部で検出された電流値に基づいて、前記中間転写体の抵抗値を計算する抵抗値計算部と、
前記抵抗値計算部によって計算された前記抵抗値に基づいて、前記電圧印加部が前記一次転写部材に印加する電圧を、予め定めた電流値になるように補正する転写電圧補正部とを、
備え、
前記転写電圧補正部は、前記電流抵抗特性の傾きが小さい領域で電圧の補正を行うことを特徴とする画像形成装置。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記感光体と、前記一次転写部材と、前記中間転写体とを備える装置の内部の温度を検知する温度検知部を備えることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記温度検知部によって検知された前記装置内の温度に基づいて、抵抗値の計算をするか否かを判定する判定部を備えることを特徴とする請求項2に記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記温度検知部は、温度センサを含むことを特徴とする請求項2または3に記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記電流検出部によって前記一次転写部材に流れる電流を帰還信号としたとき、前記帰還信号をデジタル信号に変換するA/D変換部を有する制御部とを備えることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項6】
前記制御部は、前記A/D変換部によって変換された前記帰還信号を記憶するための記憶部を有することを特徴とする請求項5に記載の画像形成装置。
【請求項7】
前記画像形成装置は、記録媒体に熱と圧力を付与する定着部を備え、
前記電流検出部は、前記定着部での温度が予め定めた温度になったときに、前記一次転写部材に流れる電流を検出することを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項8】
前記電流検出部が、前記一次転写部材に流れる電流を検出するときに、前記電圧印加部が印加する電圧値は、出力可能電圧の上限100%であることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項9】
感光体と、前記感光体に接するとともに、電流抵抗特性の傾きが大きい領域と、小さい領域とを有する中間転写体と、電圧が印加されるとともに、前記電圧によって前記感光体に形成された画像を前記中間転写体へ転写させる一次転写部材と、を備える画像形成装置が実行する画像形成方法であって、
前記一次転写部材に電圧を印加する電圧印加ステップと、
前記一次転写部材に流れる電流を検出する電流検出ステップと、
前記電圧印加ステップによって印加する電圧値および前記電流検出ステップによって検出された電流値に基づいて、前記中間転写体の抵抗値を計算する抵抗値計算ステップと、
前記抵抗値計算ステップによって計算された前記抵抗値に基づいて、前記一次転写部材に印加する電圧を、予め定めた電流値になるように補正する転写電圧補正ステップとを、実行し、
前記転写電圧補正ステップは、前記電流抵抗特性の傾きが小さい領域で電圧の補正を行うものであることを特徴とする画像形成方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、画像形成装置に関するものである。
続きを表示(約 2,100 文字)【背景技術】
【0002】
電子写真方式の画像形成装置では、複数の感光体ドラムを備え、複数の感光体ドラムは転写ベルトに沿って並んで配置されており、また、複数の感光体ドラムのそれぞれに対して複数の一次転写部を備えたものが知られている。そして、各感光体ドラムの表面を帯電装置によって帯電させて、画像データに応じて露光装置によって露光することにより静電潜像を形成する。更に、その形成した静電潜像を、現像装置によってトナーを付着させて現像することで各色のトナー像を形成する。また、各感光体ドラムに形成された各色のトナー像は、トナーとは逆極性の電圧が印加された各一次転写部によって転写ベルト(中間転写体)に一次転写されることで、カラーのトナー像が形成される。
【0003】
ここで、各一次転写部を構成する一次転写ローラや中間転写ベルト等の転写部材は、温度変化や経時変化によって抵抗値が変化することがある。そのため、各一次転写部の抵抗値の変化に合わせて転写電圧を補正する必要がある。的確に転写電圧を補正することで、適正にトナー像を転写でき、画像の画質の向上に寄与することになる。そして、一次転写部を構成する中間転写ベルトの抵抗値の検知精度を向上させることは、的確に転写電圧を補正することができ、適正にトナー像を転写できるため、画像の画質の向上に寄与することになる。
【0004】
例えば、特許文献1には、複数の感光体ドラム上の画像を中間転写ベルトに転写する複数の一次転写部と、各一次転写部に電圧を印加する電圧印加部と、各一次転写部に流れる電流の合計電流値を検出する電流検出部と、各一次転写部の対象抵抗値を測定する抵抗値測定部と、各画像の印字率と印字率閾値とを比較する印字率比較部と、合計電流値と目標電流値との電流値差分と電流閾値とを比較する電流値比較部とを備えるカラープリンタが開示されている。そして、印字率が印字率閾値以下の場合に、電圧印加部が測定対象の一次転写部に転写電圧を印加すると共に電流検出部が合計電流値を検出し、この合計電流値の電流値差分が電流閾値以上の場合に、抵抗値測定部が、この合計電流値に基づいて測定対象の一次転写部の対象抵抗値を測定している。
【0005】
また、特許文献2には、中間転写方式の画像形成装置において、一次転写部にトナー像がない期間において一次転写電源から一次転写ローラに印加した電圧と電流との関係に基づいて放電開始電圧に関連する値を求める抵抗検知モードを実行し、求められた値に基づいて、中間転写ベルトの寿命に関する情報を報知する制御部を備える構成が開示されている。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
本発明は、画像の画質の向上に寄与することを課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明は、上記課題を解決するために、請求項1に係る発明は、感光体と、前記感光体に接するとともに、電流抵抗特性の傾きが大きい領域と、小さい領域とを有する中間転写体と、電圧が印加されるとともに、前記電圧によって前記感光体に形成された画像を前記中間転写体へ転写させる一次転写部材と、前記一次転写部材に電圧を印加する電圧印加部と、前記一次転写部材に流れる電流を検出する電流検出部と、前記電圧印加部が印加する電圧値および前記電流検出部で検出された電流値に基づいて、前記中間転写体の抵抗値を計算する抵抗値計算部と、前記抵抗値計算部によって計算された前記抵抗値に基づいて、前記電圧印加部が前記一次転写部材に印加する電圧を、予め定めた電流値になるように補正する転写電圧補正部とを、備え、前記転写電圧補正部は、前記電流抵抗特性の傾きが小さい領域で電圧の補正を行うことを特徴とする画像形成装置。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、画像の画質の向上に寄与することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本発明に係る実施形態における画像形成装置の構成図。
本発明に係る実施形態における電気的構成を示す概要図。
本発明に係る実施形態における負荷電流検知回路の構成図。
中間転写ベルトの抵抗値と出力電流の特性を示した図。
本発明に係る実施例1における一次転写部の抵抗値測定および転写電圧補正の動作フローを示した図。
本発明に係る実施例2における一次転写部の抵抗値測定および転写電圧補正の動作フローを示した図。
使用電圧の変化による中間転写ベルトの抵抗値と出力電流の特性を示した図。
本発明に係る実施例3における一次転写部の抵抗値測定および転写電圧補正の動作フローを示した図。
【発明を実施するための形態】
【0010】
本発明に係る実施形態を、図面を用いて、以下に説明をする。
<本実施形態における画像形成装置について>
図1に、本発明に係る実施形態における画像形成装置の作像部を示す。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
撮像装置
27日前
三菱製紙株式会社
感光性樹脂組成物
18日前
株式会社リコー
画像形成装置
18日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
27日前
株式会社リコー
画像形成装置
18日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
3日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
9日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
23日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
26日前
キヤノン株式会社
トナー
11日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
23日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
23日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
23日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
23日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
撮像装置
27日前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
5日前
キヤノン株式会社
撮像装置
19日前
キヤノン株式会社
カメラ旋回装置
19日前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
6日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
3日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
11日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
10日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
17日前
シャープ株式会社
画像形成装置
5日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
10日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
10日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
27日前
続きを見る