TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024013795
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-01
出願番号2022116164
出願日2022-07-21
発明の名称広告方法
出願人セントラルクリエーション株式会社
代理人個人
主分類G06Q 30/0241 20230101AFI20240125BHJP(計算;計数)
要約【課題】車両に広告が表示されていることを確認できる広告方法を提供する。
【解決手段】広告2を出すことを希望する広告主の情報である広告主情報を蓄積する広告主情報蓄積ステップと、前記広告を表示する広告スペース61a,61b,61cを備える車両60の情報である車両情報を蓄積する車両情報蓄積ステップと、前記広告主情報と前記車両情報とを照らし合わせて前記広告スペースを前記広告主に販売又は賃貸する販売ステップと、前記広告スペースに前記広告を表示させる広告表示ステップと、前記広告表示ステップから所定期間経過後に、前記車両と前記広告を同時に撮影して画像データを作成する撮影ステップと、前記画像データ及び前記所定期間にもとづき、広告料を計算する計算ステップと、前記広告料が前記広告主から間接的又は直接的に、前記車両を保有する媒体主に支払われる決済ステップと、を含む。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
広告を出すことを希望する広告主の情報である広告主情報を蓄積する広告主情報蓄積ステップと、
前記広告を表示する広告スペースを備える車両の情報である車両情報を蓄積する車両情報蓄積ステップと、
前記広告主情報と前記車両情報とを照らし合わせて前記広告スペースを前記広告主に販売又は賃貸する販売ステップと、
前記広告スペースに前記広告を表示させる広告表示ステップと、
前記広告表示ステップから所定期間経過後に、前記車両と前記広告を同時に撮影して画像データを作成する撮影ステップと、
前記画像データ及び前記所定期間にもとづき、広告料を計算する計算ステップと、
前記広告料が前記広告主から間接的又は直接的に、前記車両を保有する媒体主に支払われる決済ステップと、を含み、
前記広告主が前記広告の表示を継続希望して前記媒体主が応じたとき、前記撮影ステップ、前記計算ステップ、及び前記決済ステップを所定期間毎に繰り返すことを特徴とする広告方法。
続きを表示(約 670 文字)【請求項2】
前記撮影ステップで前記車両の車番も同時に撮影して、前記画像データで前記車両を識別可能とする請求項1に記載の広告方法。
【請求項3】
前記撮影ステップにおいて、撮影の日付を特定するために前記販売ステップをする側から発行される日付特定情報を、前記画像データに付与する請求項2に記載の広告方法。
【請求項4】
前記撮影ステップにおいて、前記車両、前記広告、及び前記車番を同時に撮影するために、撮影機器の画面に前記車両の輪郭を合わせるための案内枠を表示する請求項2に記載の広告方法。
【請求項5】
前記車両毎に車両特定情報を発行して、
前記撮影ステップにおいて、撮影機器の画面に前記車両特定情報を表示させつつ、前記車両特定情報に紐付く車両を撮影し、前記車両特定情報を前記画像データに付与する請求項2に記載の広告方法。
【請求項6】
不特定多数の携帯端末機の画面に前記広告主を表わす広告主特定情報が表示される広告主特定情報表示ステップと、
前記広告主特定情報を操作すると前記広告主が前記携帯端末機のユーザーに知らせたい告知情報を前記携帯端末機の画面に表示させる告知ステップと、をさらに含む請求項1ないし5のいずれか1項に記載の広告方法。
【請求項7】
不特定多数の前記携帯端末機の位置情報を検出して、前記携帯端末機と地理的に近い前記広告主の前記広告主特定情報を優先的に前記携帯端末機の画面に表示させる請求項6に記載の広告方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、広告主と媒体主の情報を照らし合わせて、媒体主が所有する車両の広告スペースに広告を表示させる広告方法に関する。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
従来、例えば特開2014-63112号公報に、車両に広告主の宣伝シートを貼り、車両所有者が広告料を得る広告宣伝システムが開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2014-63112号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、特許文献1に開示されているシステムでは、本当に車両に宣伝シートが貼られているのかを確認する手段がない。
本発明は、上記の点に鑑みなされたもので、車両に広告が表示されていることを確認できる広告方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明の広告方法は、
広告を出すことを希望する広告主の情報である広告主情報を蓄積する広告主情報蓄積ステップと、
前記広告を表示する広告スペースを備える車両の情報である車両情報を蓄積する車両情報蓄積ステップと、
前記広告主情報と前記車両情報とを照らし合わせて前記広告スペースを前記広告主に販売又は賃貸する販売ステップと、
前記広告スペースに前記広告を表示させる広告表示ステップと、
前記広告表示ステップから所定期間経過後に、前記車両と前記広告を同時に撮影して画像データを作成する撮影ステップと、
前記画像データ及び前記所定期間にもとづき、広告料を計算する計算ステップと、
前記広告料が前記広告主から間接的又は直接的に、前記車両を保有する媒体主に支払われる決済ステップと、を含み、
前記広告主が前記広告の表示を継続希望して前記媒体主が応じたとき、前記撮影ステップ、前記計算ステップ、及び前記決済ステップを所定期間毎に繰り返すことを特徴とする。
【0006】
本発明の広告方法によれば、画像データに車両と広告が一緒に写されている。これにより、簡易な方法ながら広告が車両に表示されていることを確認することができる。
【0007】
本発明の広告方法の好ましい例は、
前記撮影ステップで前記車両の車番も同時に撮影して、前記画像データで前記車両を識別可能とする。
【0008】
本発明の広告方法の好ましい例によれば、画像データに車両の車番(ナンバープレート)も写されているため、同じ媒体主において複数台の車両に広告を表示させているときにも、広告が正しく表示されていることを車両毎に確認することができる。
【0009】
本発明の広告方法の好ましい例は、
前記撮影ステップにおいて、撮影の日付を特定するために前記販売ステップをする側から発行される日付特定情報を、前記画像データに付与する。
【0010】
本発明の広告方法の好ましい例によれば、撮影ステップにおいて、日付特定情報が販売ステップをする側から発行されるため、例えば、古い画像データを使用して広告料を請求するような不正を防止することができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
乗降調査装置
2日前
個人
自動販売機
9日前
個人
コメント配信システム
1か月前
個人
リユース統合システム
22日前
日本精機株式会社
投影装置
2日前
日本精機株式会社
投影システム
3日前
個人
広告提供方法
1か月前
株式会社SUBARU
車両
10日前
小林クリエイト株式会社
RFタグ
9日前
個人
情報処理装置及びプログラム
27日前
個人
モノづくり知識情報システム
28日前
個人
チラシ掲載位置表示システム
20日前
個人
釣PAID降水確率ポイント
1か月前
個人
コンピュータシステム
1か月前
株式会社SUBARU
車両
1か月前
株式会社協同印刷
防災・災害マウス
15日前
17LIVE株式会社
サーバ
2日前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
1日前
ユニパルス株式会社
プログラム、方法
1か月前
太陽誘電株式会社
触覚生成装置
13日前
株式会社フォーバル
仕訳システム
21日前
株式会社カネカ
異常推定システム
21日前
中国電力株式会社
ゲームシステム
28日前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
今日
株式会社カクシン
管理装置
1か月前
株式会社イトーキ
分析装置
13日前
株式会社mov
情報処理装置
1か月前
ユビ電株式会社
情報処理装置
1か月前
個人
オーダーメイド品販売システム
1か月前
個人
ディスプレイ・セットシステム
1か月前
オムロン株式会社
操作制御システム
1か月前
TDK株式会社
検出装置
1か月前
個人
デジタルコンテンツ提供システム
1か月前
小林クリエイト株式会社
あて先表示システム
9日前
日本信号株式会社
自転車貸出システム
3日前
TDK株式会社
検出装置
1か月前
続きを見る