TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024013547
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-01
出願番号2022115707
出願日2022-07-20
発明の名称養殖場の遠隔監視システム
出願人CKD株式会社
代理人個人,個人
主分類A01K 63/04 20060101AFI20240125BHJP(農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業)
要約【課題】電動弁の開閉動作を遠隔監視できる養殖場の遠隔監視システムを提供する。
【解決手段】養殖場の遠隔監視システム10は、養殖場に設けられ、養殖槽100を管理する管理装置11と、管理装置11と通信可能であり、養殖場情報を記憶する外部サーバ12とを有している。管理装置11は、溶存酸素センサ22を含む測定装置20と、酸素濃度調整装置31を含む調整装置30と、測定装置20の測定結果に基づいて調整装置30を制御するとともに養殖場情報を外部サーバ12に送信する制御装置40とを有している。酸素濃度調整装置31は、養殖槽100内に酸素が供給される開状態と養殖槽100内に酸素が供給されない閉状態とに開閉動作可能な電動弁34を有している。制御装置40は、溶存酸素センサ22の測定結果に基づいて電動弁34の開閉を制御する。制御装置40は、養殖場情報として電動弁34の開閉状態を外部サーバ12に送信する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
養殖場に設けられ、養殖槽を管理する管理装置と、
前記管理装置と通信可能であり、前記養殖場に関する情報である養殖場情報を記憶する外部サーバと、
を備え、
前記管理装置は、
前記養殖槽内の水温を測定する水温センサ及び前記養殖槽内の酸素濃度を測定する溶存酸素センサを含む測定装置と、
前記養殖槽内の酸素濃度を調整する酸素濃度調整装置を含む調整装置と、
前記測定装置の測定結果に基づいて前記調整装置を制御するとともに前記養殖場情報を前記外部サーバに送信する制御装置と、
を有し、
前記酸素濃度調整装置は、前記養殖槽内に酸素が供給される開状態と前記養殖槽内に酸素が供給されない閉状態とに開閉動作可能な電動弁を有し、
前記制御装置は、前記溶存酸素センサの測定結果に基づいて前記電動弁の開閉を制御するとともに前記養殖場情報として前記電動弁の開閉状態を前記外部サーバに送信することを特徴とする養殖場の遠隔監視システム。
続きを表示(約 1,400 文字)【請求項2】
前記制御装置は、前記電動弁の累積の開閉回数を記憶しており、前記養殖場情報として前記電動弁の累積の開閉回数を前記外部サーバに送信する請求項1に記載の養殖場の遠隔監視システム。
【請求項3】
前記外部サーバと通信可能な1つ以上の情報端末を備え、
前記外部サーバは、1つ以上の前記情報端末に前記養殖場情報を送信可能である請求項1又は請求項2に記載の養殖場の遠隔監視システム。
【請求項4】
前記情報端末は、モバイル端末である請求項3に記載の養殖場の遠隔監視システム。
【請求項5】
前記情報端末は、任意の時間における前記養殖場情報を前記外部サーバに要求可能であり、
前記外部サーバは、前記情報端末から要求された時間における前記養殖場情報を前記情報端末に送信する請求項3に記載の養殖場の遠隔監視システム。
【請求項6】
前記制御装置は、前記調整装置の制御に用いられる制御用閾値を記憶しており、前記測定装置の測定結果と前記制御用閾値とに基づいて前記調整装置を制御し、
前記情報端末は、前記制御用閾値を設定可能であり、設定した前記制御用閾値を前記外部サーバに送信し、
前記外部サーバは、前記情報端末から受信した前記制御用閾値を前記制御装置に送信し、
前記制御装置は、前記外部サーバから前記制御用閾値を受信すると、記憶している前記制御用閾値を前記外部サーバから受信した前記制御用閾値に更新する請求項3に記載の養殖場の遠隔監視システム。
【請求項7】
前記制御装置は、前記養殖槽内の異常を検知可能であり、前記養殖槽内に異常を検知した場合、前記外部サーバに異常発生信号を送信し、
前記外部サーバは、前記制御装置から前記異常発生信号を受信すると、前記情報端末に対して異常発生通知を行う請求項3に記載の養殖場の遠隔監視システム。
【請求項8】
前記制御装置は、前記養殖槽内の異常の検知に用いられる異常検知用閾値を記憶しており、前記測定装置の測定結果と前記異常検知用閾値とに基づいて前記養殖槽内の異常を検知し、
前記情報端末は、前記異常検知用閾値を設定可能であり、設定した前記異常検知用閾値を前記外部サーバに送信し、
前記外部サーバは、前記情報端末から受信した前記異常検知用閾値を前記制御装置に送信し、
前記制御装置は、前記外部サーバから前記異常検知用閾値を受信すると、記憶している前記異常検知用閾値を前記外部サーバから受信した前記異常検知用閾値に更新する請求項7に記載の養殖場の遠隔監視システム。
【請求項9】
前記制御装置は、前記管理装置の電気的な接続不良を検知可能であり、前記管理装置の電気的な接続不良を検知した場合、前記外部サーバに接続不良信号を送信し、
前記外部サーバは、前記制御装置から前記接続不良信号を受信すると、前記情報端末に対して接続不良通知を行う請求項3に記載の養殖場の遠隔監視システム。
【請求項10】
前記制御装置は、前記測定装置の故障を検知可能であり、前記測定装置の故障を検知した場合、前記外部サーバに故障信号を送信し、
前記外部サーバは、前記制御装置から前記故障信号を受信すると、前記情報端末に対して故障通知を行う請求項3に記載の養殖場の遠隔監視システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、養殖場の遠隔監視システムに関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1には、養殖槽内の酸素濃度をコントロールする酸素コントロールシステムが開示されている。酸素コントロールシステムは、溶存酸素センサと、電動弁と、制御装置とを有している。溶存酸素センサは、養殖槽内の酸素濃度を測定する。電動弁は、養殖槽内に酸素が供給される開状態と養殖槽内に酸素が供給されない閉状態とに開閉動作可能である。制御装置は、溶存酸素センサが測定した養殖槽内の酸素濃度に基づいて電動弁の開閉を制御する。
【0003】
特許文献2には、生産物の生育を管理する生産物の管理システムが開示されている。生産物の管理システムは、生産拠点側装置と管理拠点側装置とを有している。生産拠点側装置は、生産拠点において生産物を生育する過程で生成又は入力される管理データを管理拠点側装置に出力する。この場合、管理拠点側装置は、生産拠点側装置から入力された管理データによって、生産拠点を遠隔で管理できる。このような生産物の管理システムは、養殖場を遠隔監視するための養殖場の遠隔監視システムにも適用可能である。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特許第6798736号公報
特開2021-013361号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
養殖場の遠隔監視システムでは、電動弁の開閉動作の遠隔監視が望まれている。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を解決するための養殖場の遠隔監視システムの各態様を記載する。
[態様1]養殖場に設けられ、養殖槽を管理する管理装置と、前記管理装置と通信可能であり、前記養殖場に関する情報である養殖場情報を記憶する外部サーバと、を備え、前記管理装置は、前記養殖槽内の水温を測定する水温センサ及び前記養殖槽内の酸素濃度を測定する溶存酸素センサを含む測定装置と、前記養殖槽内の酸素濃度を調整する酸素濃度調整装置を含む調整装置と、前記測定装置の測定結果に基づいて前記調整装置を制御するとともに前記養殖場情報を前記外部サーバに送信する制御装置と、を有し、前記酸素濃度調整装置は、前記養殖槽内に酸素が供給される開状態と前記養殖槽内に酸素が供給されない閉状態とに開閉動作可能な電動弁を有し、前記制御装置は、前記溶存酸素センサの測定結果に基づいて前記電動弁の開閉を制御するとともに前記養殖場情報として前記電動弁の開閉状態を前記外部サーバに送信することを特徴とする養殖場の遠隔監視システム。
【0007】
[態様2]前記制御装置は、前記電動弁の累積の開閉回数を記憶しており、前記養殖場情報として前記電動弁の累積の開閉回数を前記外部サーバに送信する[態様1]に記載の養殖場の遠隔監視システム。
【0008】
[態様3]前記外部サーバと通信可能な1つ以上の情報端末を備え、前記外部サーバは、1つ以上の前記情報端末に前記養殖場情報を送信可能である[態様1]又は[態様2]に記載の養殖場の遠隔監視システム。
【0009】
[態様4]前記情報端末は、モバイル端末である[態様3]に記載の養殖場の遠隔監視システム。
[態様5]前記情報端末は、任意の時間における前記養殖場情報を前記外部サーバに要求可能であり、前記外部サーバは、前記情報端末から要求された時間における前記養殖場情報を前記情報端末に送信する[態様3]又は[態様4]に記載の養殖場の遠隔監視システム。
【0010】
[態様6]前記制御装置は、前記調整装置の制御に用いられる制御用閾値を記憶しており、前記測定装置の測定結果と前記制御用閾値とに基づいて前記調整装置を制御し、前記情報端末は、前記制御用閾値を設定可能であり、設定した前記制御用閾値を前記外部サーバに送信し、前記外部サーバは、前記情報端末から受信した前記制御用閾値を前記制御装置に送信し、前記制御装置は、前記外部サーバから前記制御用閾値を受信すると、記憶している前記制御用閾値を前記外部サーバから受信した前記制御用閾値に更新する[態様3]~[態様5]の何れか1つに記載の養殖場の遠隔監視システム。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

CKD株式会社
減圧弁
13日前
CKD株式会社
電磁弁駆動制御装置
20日前
CKD株式会社
異種錠流出リスク管理システム、異種錠流出リスク管理方法及び収容体生産システム
13日前
個人
魚釣用ルアー
19日前
個人
動物飼育用ケージ
4日前
個人
猫用のトイレ
4日前
個人
計量カップ付き肥料袋
17日前
井関農機株式会社
作業車両
13日前
井関農機株式会社
作業車両
13日前
個人
木造人工島の海産物農業
13日前
井関農機株式会社
収穫機
14日前
井関農機株式会社
作業車両
12日前
井関農機株式会社
苗移植機
4日前
井関農機株式会社
作業車両
14日前
株式会社大垣化工
糸収容具
5日前
井関農機株式会社
作業車両
4日前
井関農機株式会社
作業車両
17日前
みのる産業株式会社
作業台車
6日前
日東電工株式会社
水槽
20日前
井関農機株式会社
防除システム
11日前
井関農機株式会社
乗用型苗植機
7日前
カゴメ株式会社
トマト種子の製造方法
20日前
ロンタイ株式会社
植生体
4日前
井関農機株式会社
台木切断装置
17日前
個人
水田用除草機器および水田用除草体
5日前
井関農機株式会社
農作業機用台車
20日前
株式会社クボタ
田植機
4日前
グローブライド株式会社
ルアー
14日前
株式会社 ジークラック
ルアー
5日前
株式会社クボタ
降雨制御システム
5日前
有限会社シーム
横紐支持具
13日前
トヨタ自動車株式会社
資源化支援システム
19日前
アース製薬株式会社
線香
11日前
個人
豚舎、およびそれを利用した養豚方法
5日前
住友化学株式会社
有害生物防除方法
20日前
井関農機株式会社
乗用苗移植機の安全装置
17日前
続きを見る