TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024013340
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-01
出願番号2022115356
出願日2022-07-20
発明の名称端末装置及びプログラム
出願人沖電気工業株式会社
代理人個人
主分類G06Q 10/20 20230101AFI20240125BHJP(計算;計数)
要約【課題】不具合箇所を適切に撮影する端末装置及びプログラムを提供する。
【解決手段】画像形成装置2と、携帯端末装置3と、サーバ装置4と、を有する不具合報告システム1において、携帯端末装置は、被写体を撮影する撮影部と、情報処理装置から不具合情報を取得する取得部と、前記不具合情報に基づいて、撮影部が撮影する箇所を示すイメージ画像を表示部に表示させる制御部と、取得部が取得した前記不具合情報と、撮影部が撮影した撮影画像の画像データとを外部に送信する送信部と、を備える。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
被写体を撮影する撮影部と、
情報処理装置から不具合情報を取得する取得部と、
前記不具合情報に基づいて、前記撮影部により撮影する箇所を示すイメージ画像を表示部に表示させる制御部と、
前記取得部により取得された前記不具合情報と、前記撮影部により撮影された撮影画像の画像データとを外部に送信する送信部と
を備える端末装置。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
前記制御部は、
前記取得部により取得された前記不具合情報を前記表示部に表示させる
請求項1に記載の端末装置。
【請求項3】
前記制御部は、
前記撮影部により撮影された前記撮影画像を、前記イメージ画像の隣に表示する
請求項1又は2に記載の端末装置。
【請求項4】
前記制御部は、
前記イメージ画像とともに撮影モードに移行する為の撮影ボタンを表示させ、前記撮影ボタンが押下操作されて前記撮影部による撮影が完了すると、自動的に、前記撮影部により撮影された前記撮影画像を、前記イメージ画像の隣に表示する
請求項3に記載の端末装置。
【請求項5】
前記撮影部により撮影する箇所は、前記情報処理装置の不具合箇所である
請求項1又は2に記載の端末装置。
【請求項6】
前記制御部は、
前記不具合情報に基づいて、前記不具合箇所を撮影する為に必要となる前記情報処理装置の操作手順を示す文字情報を、前記表示部に表示させる
請求項5に記載の端末装置。
【請求項7】
前記制御部は、
前記不具合情報に基づいて、前記撮影部により撮影する箇所を示す第1のイメージ画像と第2のイメージ画像を前記表示部に表示させ、前記撮影部により撮影された第1の撮影画像を前記第1のイメージ画像の隣に表示するとともに、前記撮影部により撮影された第2の撮影画像を前記第2のイメージ画像の隣に表示する
請求項3に記載の端末装置。
【請求項8】
外部から前記不具合情報と前記画像データとを受信する受信部を備え、
前記制御部は、
前記受信部により受信された前記不具合情報と前記画像データに基づく不具合箇所の撮影画像とを前記表示部に表示させ、このとき、当該撮影画像の隣に、当該不具合箇所と同一箇所を正常な状態で撮影したイメージ画像を表示させる
請求項5に記載の端末装置。
【請求項9】
コンピュータに、
情報処理装置から不具合情報を取得するステップと、
前記不具合情報に基づいて、撮影部により撮影する箇所を示すイメージ画像を表示部に表示させるステップと、
前記撮影部により撮影するステップと、
前記情報処理装置から取得した前記不具合情報と、前記撮影部により撮影された画像データを外部に送信するステップとを
実行させる為のプログラム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、端末装置及びプログラムに関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
従来、画像形成装置などの情報処理装置に発生した不具合を報告する不具合報告システムがある。この不具合報告システムでは、例えば、情報処理装置に不具合が発生すると、保守員が現場に出向き、撮影機能及び通信機能を備えるスマートフォンなどの端末装置を利用して、当該情報処理装置のシリアル番号、製品番号、不具合状態を入力するとともに不具合箇所を撮影する。その後、保守員により入力された情報(シリアル番号、製品番号、不具合状態)と撮影された不具合箇所の画像とが、当該端末装置からネットワーク上のサーバに転送されるようになっていた(例えば特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2016-095804号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、従来の不具合報告システムでは、保守員が情報処理装置に発生している不具合に応じた不具合箇所を把握していない場合(もしくは間違って把握している場合)に、本来撮影すべき箇所とは別の箇所を不具合箇所として撮影してしまうことがあった。
【0005】
本発明は以上の点を考慮してなされたもので、不具合箇所を適切に撮影し得る端末装置及びプログラムを提案しようとするものである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の端末装置は、被写体を撮影する撮影部と、情報処理装置から不具合情報を取得する取得部と、前記不具合情報に基づいて、前記撮影部により撮影する箇所を示すイメージ画像を表示部に表示させる制御部と、前記取得部により取得された前記不具合情報と、前記撮影部により撮影された撮影画像の画像データとを外部に送信する送信部とを備える。
【0007】
本発明のプログラムは、コンピュータに、情報処理装置から不具合情報を取得するステップと、前記不具合情報に基づいて、撮影部により撮影する箇所を示すイメージ画像を表示部に表示させるステップと、前記撮影部により撮影するステップと、前記情報処理装置から取得した前記不具合情報と、前記撮影部により撮影された画像データを外部に送信するステップとを実行させる。
【0008】
表示部に表示されたイメージ画像通りに撮影することにより、情報処理装置に発生している不具合に応じた不具合箇所を適切に撮影することができる。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、不具合箇所を適切に撮影し得る端末装置及びプログラムを実現できる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
不具合報告システムの構成例を示す図である。
画像形成装置の印刷機構の構成を示す図である。
携帯端末装置の構成を示す図である。
不具合情報報告閲覧機能における画面遷移(初期画面)を示す図である。
不具合情報報告閲覧機能における画面遷移(新規レポート入力画面)を示す図である。
新規レポート入力画面におけるエラーコードの表示例を示す図である。
不具合情報報告閲覧機能における画面遷移(不具合箇所撮影手順画面)を示す図である。
不具合情報報告閲覧機能における画面遷移(不具合箇所撮影手順画面及び不具合箇所撮影不要画面)を示す図である。
不具合情報報告閲覧機能における画面遷移(レポート閲覧画面)を示す図である。
不具合情報報告閲覧機能における画面遷移(不具合箇所画像閲覧画面及び不具合箇所画像なし画面)を示す図である。
不具合情報報告閲覧機能におけるデータの構成と流れを示す図である。
不具合情報報告閲覧機能の動作手順を示すフローチャートである。
不具合箇所撮影手順画面の表示例を示す図である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
乗降調査装置
2日前
個人
自動販売機
9日前
個人
リユース統合システム
22日前
日本精機株式会社
投影装置
2日前
個人
コメント配信システム
1か月前
日本精機株式会社
投影システム
3日前
個人
広告提供方法
1か月前
株式会社SUBARU
車両
10日前
個人
釣PAID降水確率ポイント
1か月前
個人
情報処理装置及びプログラム
27日前
小林クリエイト株式会社
RFタグ
9日前
個人
モノづくり知識情報システム
28日前
個人
チラシ掲載位置表示システム
20日前
17LIVE株式会社
サーバ
2日前
株式会社協同印刷
防災・災害マウス
15日前
太陽誘電株式会社
触覚生成装置
13日前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
1日前
株式会社カネカ
異常推定システム
21日前
株式会社フォーバル
仕訳システム
21日前
中国電力株式会社
ゲームシステム
28日前
株式会社イトーキ
分析装置
13日前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
今日
小林クリエイト株式会社
あて先表示システム
9日前
個人
ブロックチェーンと既存網との接続方法
22日前
日本信号株式会社
自転車貸出システム
3日前
日本電気株式会社
勤務管理装置
8日前
トヨタ自動車株式会社
サーバ装置
9日前
個人
防災訓練オフ会
10日前
NISSHA株式会社
指装着型コントローラー
8日前
日本信号株式会社
所持物検査装置
7日前
合同会社エリサ
発送システム
1か月前
NVデバイス株式会社
視線検出システム
21日前
個人
集配システムと保管システム
3日前
トヨタ自動車株式会社
燃料購入システム
今日
日本電気株式会社
端末及び認証システム
3日前
株式会社日立製作所
演算装置
22日前
続きを見る