TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024010261
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-01-24
出願番号2022111481
出願日2022-07-12
発明の名称ヘッドアップディスプレイ装置
出願人日本精機株式会社
代理人
主分類G01C 21/36 20060101AFI20240117BHJP(測定;試験)
要約【課題】煩わしさを低減しつつ適度な分かりやすさを与えて運転者を適切に誘導できる、ヘッドアップディスプレイ装置を提供する。
【解決手段】自車両1の前方の表示領域内に重畳画像を表示するヘッドアップディスプレイ装置10であって、重畳画像の表示制御を行う制御部31は、自車両1の走行環境に係わる走行環境情報を取得する情報取得処理(S1)と、走行環境情報が所定条件を満たすか否かを判定する判定処理(S2)と、所定条件を満たす場合に複数の静止画像が消灯されることなく順次切り替えられるアニメーションにより重畳画像を表示するアニメーション処理(S3)とを実行し、アニメーション処理では、静的表示状態から動的表示状態を経て静的表示状態に至る表示切替を行い、断続的に変化する動きを表現するものである。
【選択図】図6
特許請求の範囲【請求項1】
自車両の前方の表示領域内において前記自車両の前方風景と重なる虚像として視認者に視認されるように重畳画像を表示するヘッドアップディスプレイ装置であって、
前記重畳画像の表示制御を行う制御部を備え、
前記制御部は、
前記自車両の走行環境に係わる走行環境情報を取得する情報取得処理と、
前記情報取得処理で取得した前記走行環境情報が所定条件を満たすか否かを判定する判定処理と、
前記判定処理により前記所定条件を満たすと判定された場合に、前記重畳画像を、複数の静止画像が消灯されることなく順次切り替えられるアニメーションにより表示するアニメーション処理と、
を実行し、
前記アニメーション処理では、
1つの前記静止画像の静的表示状態から、当該1つの静止画像から次の順番の前記静止画像へ動的に変化して切り替わる動的表示状態を経て、前記次の順番の静止画像の静的表示状態に至る表示切替を行い、断続的に変化する動きを表現する
ことを特徴とするヘッドアップディスプレイ装置。
続きを表示(約 1,300 文字)【請求項2】
前記制御部は、前記アニメーション処理において、
前記表示切替を、少なくとも2回実行することを特徴とする請求項1記載のヘッドアップディスプレイ装置。
【請求項3】
前記重畳画像は、前記虚像が、前記自車両の走行経路を案内するナビゲーション表示となるような画像であり、
前記制御部は、
前記情報取得処理において、前記走行環境情報として前記自車両の走行位置を取得し、
前記判定処理において、前記所定条件として前記自車両が所定のナビゲーション対象地点まで所定の距離以内となったか否かを判定し、
前記アニメーション処理において、前記静的表示状態にて車線境界線を含む前記静止画像を表示するとともに前記動的表示状態にて前記車線境界線の長さ又は形状を動的に変化させる
ことを特徴とする請求項2記載のヘッドアップディスプレイ装置。
【請求項4】
前記制御部は、
前記アニメーション処理において、最後の順番の前記静止画像へ切り替わる直前の前記動的表示状態にて、前記自車両が前記ナビゲーション対象地点に到達することに対応した車両制御を促す制御促進表示を新たに追加して表示する
ことを特徴とする請求項3記載のヘッドアップディスプレイ装置。
【請求項5】
前記制御部は、さらに、
前記アニメーション処理における前記動的表示状態及び前記静的表示状態に係わる表示パラメータを可変に設定する第1設定処理を実行する
ことを特徴とする請求項3又は請求項4記載のヘッドアップディスプレイ装置。
【請求項6】
前記制御部は、前記第1設定処理において、
前記表示パラメータとして、前記アニメーション処理の開始タイミング、前記表示切替の回数、及び、前記動的表示状態の継続時間、のうち、少なくとも1つを、可変に設定する
ことを特徴とする請求項5記載のヘッドアップディスプレイ装置。
【請求項7】
前記制御部は、前記第1設定処理において、
前記表示パラメータを、前記情報取得処理で取得した前記走行環境情報に応じて可変に設定する
ことを特徴とする請求項5記載のヘッドアップディスプレイ装置。
【請求項8】
前記制御部は、さらに、
前記アニメーション処理の前記動的表示状態における動的な切り替わり態様を可変に設定する第2設定処理を実行する
ことを特徴とする請求項3又は請求項4記載のヘッドアップディスプレイ装置。
【請求項9】
前記制御部は、前記第2設定処理において、
前記動的な切り替わり態様として、前記走行経路の表示又は前記車線境界線を強調表示化する
ことを特徴とする請求項8記載のヘッドアップディスプレイ装置。
【請求項10】
前記制御部は、
前記虚像が、前記表示領域内において前記自車両の前方路面に沿って視認される第1画像、若しくは、前記第1画像よりも前記視認者側に立ち上がって視認される第2画像、として表示されるように、前記重畳画像の表示制御を行う
ことを特徴とする請求項1又は請求項2記載のヘッドアップディスプレイ装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、視認者に虚像を視認させるヘッドアップディスプレイ装置に関するものである。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
従来、例えば特許文献1に記載のヘッドアップディスプレイ装置が知られている。このヘッドアップディスプレイ装置では、車両がナビゲーションの対象交差点に接近したとき、その交差点までの残距離の数値が当該交差点を通過するまで継続して表示される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2015-4612号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、上記従来のヘッドアップディスプレイ装置では、対象交差点までの残距離の数値が常に変化し続けながら継続して長時間表示されるため、視認者であるドライバーは強い煩わしさを感じるという問題点があった。
【0005】
一方、上記を回避するために、表示の点灯状態・消灯状態を交互に繰り返し、その点滅のたびに表示内容を変化させる手法も考えられる。しかしながら、このような点滅表示は、過度な誘目性を与えドライバーが表示に見入ってしまう可能性がある。また、ドライバーが表示内容の変化を見逃してしまった場合、その変化を含む大きな一連の表示動作の一部であることが直感的に分かりにくいといった問題点があった。
【0006】
そこで、本発明は、上記問題点に鑑みてなされたものであり、煩わしさを低減しつつ適度な分かりやすさを与えて運転者を適切に誘導できる、ヘッドアップディスプレイ装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明は、自車両1の前方の表示領域3内において前記自車両1の前方風景と重なる虚像Vとして視認者5に視認されるように重畳画像Vを表示するヘッドアップディスプレイ装置10であって、前記重畳画像Vの表示制御を行う制御部31を備え、前記制御部31は、前記自車両1の走行環境に係わる走行環境情報を取得する情報取得処理S1と、前記情報取得処理S1で取得した前記走行環境情報が所定条件を満たすか否かを判定する判定処理S2と、前記判定処理S2により前記所定条件を満たすと判定された場合に、前記重畳画像Vを、複数の静止画像が消灯されることなく順次切り替えられるアニメーションにより表示するアニメーション処理S3と、を実行し、前記アニメーション処理S3では、1つの前記静止画像の静的表示状態から、当該1つの静止画像から次の順番の前記静止画像へ動的に変化して切り替わる動的表示状態を経て、前記次の順番の静止画像の静的表示状態に至る表示切替を行い、断続的に変化する動きを表現することを特徴とする。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、静的表示状態と動的表示状態とを切り替えて画像の変化を断続的に表現するため、運転者に過度な誘目性を与えることなく適度な誘目性を与えつつ、表示に対する煩わしさを低減して運転に集中することができる。また、画像の断続的な変化の中に静止画像の表示状態が随時介在することで動きの変化が大きくなり、運転者はその変化により表現される動きを認識しやすくなる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本発明の一実施形態に係るヘッドアップディスプレイ装置の車両への搭載態様を表す説明図。
ヘッドアップディスプレイ装置を用いた車両用表示システムのブロック図。
ヘッドアップディスプレイ装置における制御部の処理を示すフローチャート。
最初の静止画像から最終の静止画像まで1回の表示切替しか行わない場合と、複数回の表示切替を行った場合との表示内容の変化量を示す図。
ナビゲーションの具体例において静的表示状態及び動的表示状態の開始地点、並びに表示切替地点を示す図。
高速道路の降り口を案内する場合のナビゲーション表示の一例を示す図。
図5の具体例において表示パラメータの1つである表示切替地点を変更した場合の静的表示状態及び動的表示状態の開始地点、並びに表示切替地点を示す図。
図5の具体例において表示パラメータの1つである表示切替地点の個数を減らした場合の静的表示状態及び動的表示状態の開始地点、並びに表示切替地点を示す図。
進路変更後の走行経路内を強調表示した場合の一例を示す図。
自車両の速度に対する動的表示状態の時間を示す図。
【発明を実施するための形態】
【0010】
本発明の一実施形態に係るヘッドアップディスプレイ(Head-Up Display)装置(以下、HUD装置という)について図面を参照して説明する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日本精機株式会社
車両用表示装置
4日前
日本精機株式会社
ヘッドアップディスプレイ装置
2日前
ユニパルス株式会社
ロードセル
23日前
株式会社トプコン
測定装置
4日前
株式会社トプコン
測量装置
3日前
ニデック株式会社
検出装置
4日前
日本精機株式会社
車両用表示装置
4日前
株式会社トプコン
測量装置
3日前
株式会社SUBARU
車両
5日前
株式会社SUBARU
車両
5日前
株式会社トプコン
植物センサ
11日前
株式会社トプコン
植物センサ
11日前
本多電子株式会社
超音波流量計
15日前
株式会社XMAT
点検システム
5日前
株式会社島津製作所
圧力センサ
17日前
株式会社ヨコオ
プローブ
25日前
本多電子株式会社
水中探知装置
4日前
相模石油株式会社
駐車場案内装置
22日前
大和製衡株式会社
計量装置
15日前
エスペック株式会社
環境形成装置
22日前
個人
地震予測方法及び火山活動予測方法
18日前
株式会社JVCケンウッド
端末装置
11日前
個人
光ファイバー型センサー
17日前
中部電力株式会社
スミヤ濾紙
3日前
古野電気株式会社
魚種識別システム及び方法
10日前
日立建機株式会社
作業機械
2日前
株式会社ナリス化粧品
肌状態特徴量推定方法
22日前
日立建機株式会社
作業機械
19日前
東レ株式会社
センサー素子及びガスセンサー
2日前
ウシオ電機株式会社
光測定装置
11日前
国立大学法人 長崎大学
構造物の劣化検知方法
25日前
タカハタプレシジョン株式会社
測定装置
15日前
エスペック株式会社
バーンイン試験装置
5日前
株式会社トプコン
測定装置
11日前
株式会社アイシン
回転角検出装置
11日前
多摩川精機株式会社
軸方向対向レゾルバ
11日前
続きを見る