TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024008737
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-01-19
出願番号2022110858
出願日2022-07-08
発明の名称物品供給装置
出願人株式会社バンダイ
代理人個人
主分類G07F 11/58 20060101AFI20240112BHJP(チェック装置)
要約【課題】複数種別の物品を供給可能な物品供給装置を提供すること
【解決手段】物品供給装置は、本体部と、本体部内に設けられ、第1種別の物品を収容可能な第1収容部と、本体部内に設けられ、第2種別の物品を収容可能な第2収容部と、第1収容部及び前記第2収容部を制御し、第1種別の物品及び第2種別の物品の供給を制御する供給制御部と、第1種別の物品を供給する第1供給口と、第2種別の物品を供給する第2供給口と、を備える。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
本体部と、
前記本体部内に設けられ、第1種別の物品を収容可能な第1収容部と、
前記本体部内に設けられ、第2種別の物品を収容可能な第2収容部と、
前記第1収容部及び前記第2収容部を制御し、前記第1種別の物品及び前記第2種別の物品の供給を制御する供給制御部と、
前記第1種別の物品を供給する第1供給口と、
前記第2種別の物品を供給する第2供給口と、
を備える物品供給装置。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
前記第1収容部は、収容されている前記第1種別の物品を自重により落下させ、前記第1供給口に供給し、
前記第2収容部は、収容されている前記第2種別の物品を水平方向に移動させ、前記第2供給口に供給する、
請求項1に記載の物品供給装置。
【請求項3】
前記第1収容部は、前記本体部内の高さ方向において、前記第1供給口よりも高い位置に配設され、
前記第2収容部は、水平方向において、前記第2供給口に対向する位置に配設される、
請求項2に記載の物品供給装置。
【請求項4】
前記第1収容部は、前記第1種別の物品として、薄型形状の第1サイズの物品を収容可能であり、
前記第2収容部は、前記第2種別の物品として、前記第1サイズよりも大きい薄型形状の第2サイズの物品を収容可能である、
請求項2に記載の物品供給装置。
【請求項5】
前記第1収容部は、前記第1サイズの物品として、包装付の物品、及び包装無しの物品の少なくとも何れかを収容している、
請求項4に記載の物品供給装置。
【請求項6】
前記第1収容部は、前記本体部内の高さ方向において、前記第2収容部よりも上方に配設されている、
請求項1又は請求項2に記載の物品供給装置。
【請求項7】
前記第1供給口は、前記本体部内の高さ方向において、前記第2供給口よりも上方に形成されている、
請求項6に記載の物品供給装置。
【請求項8】
前記本体部内部には、第1段部と第2段部とが少なくとも設けられ、
前記第1段部は、前記第2段部よりも高い位置に設けられ、
前記第1収容部は、前記第1段部の上面に設けられ、
前記第2収容部は、前記第2段部の上面に配設されている、
請求項1又は請求項2に記載の物品供給装置。
【請求項9】
前記第1段部は複数であり、
前記第2段部は単数であり、
前記第1収容部の数は、前記第2収容部の数よりも多い、
請求項8に記載の物品供給装置。
【請求項10】
前記第1段部の上面に、複数の前記第1収容部が配設され、
前記第2段部の上面に、少なくとも一以上の前記第2収容部が配設される、
請求項8に記載の物品供給装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、物品供給装置に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
従来から、所定のコインをコイン投入口に投入し、操作ハンドルを回転操作(供給操作)することによって、商品供給口にカプセル商品を供給させる物品供給装置がある(例えば、特許文献1)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2008-027230号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、商品となる物品には複数種別の物品があり、ひとつの物品供給装置において、複数種別の物品を供給可能な物品供給装置が望まれていた。
そこで、本発明の目的は、複数種別の物品を供給可能な物品供給装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明の一態様は、本体部と、前記本体部内に設けられ、第1種別の物品を収容可能な第1収容部と、前記本体部内に設けられ、第2種別の物品を収容可能な第2収容部と、前記第1収容部及び前記第2収容部を制御し、前記第1種別の物品及び前記第2種別の物品の供給を制御する供給制御部と、前記第1種別の物品を供給する第1供給口と、前記第2種別の物品を供給する第2供給口と、を備える物品供給装置である。
【0006】
本発明の一態様は、本体部と、前記本体部内に設けられ、第1種別の物品を収容し、第1種別の物品を供給可能な第1収容部と、前記本体部内に設けられ、第2種別の物品を収容し、第2種別の物品を供給可能な第2収容部と、前記第1収容部及び前記第2収容部を制御し、前記第1種別の物品及び第2種別の物品の供給を制御する供給制御部と、前記本体部内の高さ方向において、前記第1収容部よりも下方の位置に設けられ、前記第1種別の物品を供給する第1供給口と、前記第2収容部と対向する位置に設けられ、前記第2種別の物品を供給する第2供給口と、前記第1収容部から供給され、自重により落下した前記第1種別の物品を、前記第1供給口に誘導する第1ガイド部と、前記第2収容部から水平方向に供給された前記第2種別の物品を、記第2供給口に誘導する第2ガイド部と、を備える物品供給装置である。
【発明の効果】
【0007】
本発明の物品供給装置は、複数種別の物品を供給することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1は本発明の実施の形態における物品供給装置1の斜視図である。
図2は物品供給装置1の本体部2の内部構成を模式的に示した図である。
図3は物品供給装置1から供給される物品を説明するための図である。
図4は例示的なカードディスペンサの斜視図である。
図5は開閉扉3の背面の模式的に示した図である。
図6はガイド部14,15の断面を模式的に示した図である。
図7は物品供給装置1の制御の構成を示すブロック図である。
図8は物品供給装置1の動作のフローチャートである。
図9は操作表示部4に表示される操作画面の一例を示す図である。
図10は、シールCが第2供給口6に供給された様子を、本体上部から見た図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
<本発明の実施の形態>
本発明の実施の形態を説明する。
【0010】
図1は本発明の実施の形態における物品供給装置1の斜視図である。物品供給装置1は、本体部2と、開閉扉3と、操作表示部4と、第1供給口5と、第2供給口6と、硬貨投入口、返却レバー、及び硬貨返却口を含むパネル部7と、を備える。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社バンダイ
玩具
1か月前
株式会社バンダイ
玩具
27日前
株式会社バンダイ
玩具セット
29日前
株式会社バンダイ
ゲーム装置及びプログラム
7日前
株式会社バンダイ
発光玩具
5日前
株式会社バンダイ
コンピュータプログラム、情報処理端末、及びその制御方法
5日前
株式会社バンダイ
コンピュータプログラム、情報処理端末、及びその制御方法
1日前
株式会社バンダイ
演出出力玩具
5日前
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
ゲームシステム、サーバ装置、プログラム及びゲーム提供方法
1か月前
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
ゲームシステム、サーバ装置、プログラム及びゲーム提供方法
1か月前
株式会社バンダイナムコアミューズメント
景品獲得ゲーム装置
28日前
株式会社バンダイ
ゲーム装置及びプログラム
7日前
株式会社バンダイ
模型玩具用部品及び模型玩具
21日前
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
システム、プログラム及び処理方法
8日前
株式会社バンダイ
プログラム、記録媒体及びゲーム装置
21日前
株式会社バンダイ
翻訳システム、翻訳装置及びプログラム
19日前
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
コンピュータシステム及びゲームシステム
8日前
株式会社バンダイ
連結パーツ、インジェクションキットおよび人型玩具
5日前
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
プログラム、ゲームシステム及びゲームサービス提供方法
28日前
株式会社バンダイ
コンピュータプログラム、情報処理端末、及びその制御方法
5日前
株式会社バンダイ
コンピュータプログラム、情報処理端末、及びその制御方法
1日前
株式会社寺岡精工
会計装置
13日前
株式会社寺岡精工
システム
2か月前
沖電気工業株式会社
紙幣処理装置
1か月前
株式会社寺岡精工
システム
1か月前
株式会社寺岡精工
情報端末
1か月前
富士電機株式会社
自動販売機
22日前
株式会社ブイシンク
商品提供処理装置
15日前
日本金銭機械株式会社
硬貨処理装置
12日前
富士電機株式会社
硬貨外観検査装置
2か月前
日本金銭機械株式会社
硬貨処理装置
12日前
沖電気工業株式会社
媒体処理装置
20日前
株式会社寺岡精工
登録装置
2か月前
パイオニア株式会社
情報処理装置
2か月前
沖電気工業株式会社
硬貨取扱装置
2か月前
沖電気工業株式会社
棒金収納装置
2か月前
続きを見る