TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024008281
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-01-19
出願番号2022110018
出願日2022-07-07
発明の名称整髪剤組成物
出願人株式会社マンダム
代理人
主分類A61K 8/81 20060101AFI20240112BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】整髪時には、毛髪のくせ付けのしやすさ(アレンジ力)に優れ、さらに、整髪後には、髪型の持続性(整髪保持力)にも優れた整髪剤組成物を提供する。また、容器から指ですくい取り易い整髪剤組成物を提供する。
【解決手段】本発明の整髪剤組成物は、成分A:カルボマー及び/又は(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーであり、1%水溶液粘度が60000mPa・s以上300000mPa・s以下であるポリマー;成分B:(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーであり、1%水溶液粘度が40000mPa・s以上60000mPa・s未満であるポリマー;成分C:アニオン性皮膜形成ポリマー;及び成分D:水を含有する。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
下記成分A、下記成分B、下記成分C、及び下記成分Dを含有する整髪剤組成物。
成分A:カルボマー及び/又は(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーであり、1%水溶液粘度が60000mPa・s以上300000mPa・s以下であるポリマー
成分B:(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーであり、1%水溶液粘度が40000mPa・s以上60000mPa・s未満であるポリマー
成分C:アニオン性皮膜形成ポリマー
成分D:水
続きを表示(約 310 文字)【請求項2】
成分Bの含有量に対する成分Aの含有量の質量比が0.4~10.0である請求項1に記載の整髪剤組成物。
【請求項3】
成分Cが下記成分C1を含む、請求項1又は2に記載の整髪剤組成物。
成分C1:アクリル樹脂アルカノールアミン、及び/又は、アルキルアクリルアミド及び/又はジアセトンアクリルアミドを必須のモノマー成分として用いて得られるアクリルポリマー
【請求項4】
さらに、下記成分Eを含む、請求項1又は2に記載の整髪剤組成物。
成分E:多価アルコール
【請求項5】
ジェル状の整髪剤組成物である、請求項1又は2に記載の整髪剤組成物。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、整髪剤組成物に関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
毛髪を整えるために、液状、ジェル状、クリーム状などの種々の性状の整髪剤組成物が用いられている。整髪剤組成物の中には、増粘の目的で、カルボマー等の増粘剤が配合されたものが広く知られている。また、整髪後の髪型の持続力を向上する目的で、ポリビニルピロリドンなどの皮膜形成ポリマーが配合されたものが広く知られている(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開平4-283507号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、増粘剤と皮膜形成ポリマーが配合された、従来の液状やジェル状等の整髪剤組成物は、塗布時ののびは優れるものの、毛髪のくせ付け(アレンジ)ができず、乾燥後には固まり可塑性がなくなることが特徴であった。これに対して、このような整髪剤組成物であっても、整髪時の毛髪のくせ付けのしやすさ(アレンジ力)に優れた整髪剤組成物が求められているのが現状である。
【0005】
本発明の目的は、整髪時には、毛髪のくせ付けのしやすさ(アレンジ力)に優れ、さらに、整髪後には、髪型の持続性(整髪保持力)にも優れた整髪剤組成物を提供することである。また、容器から指ですくい取り易い整髪剤組成物を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明は、下記成分(A)、下記成分(B)、下記成分(C)、及び下記成分(D)を含有する整髪剤組成物を提供する。
成分(A):カルボマー及び/又は(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーであり、1%水溶液粘度が60000mPa・s以上300000mPa・s以下であるポリマー
成分(B):(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーであり、1%水溶液粘度が40000mPa・s以上60000mPa・s未満であるポリマー
成分(C):アニオン性皮膜形成ポリマー
成分(D):水
【0007】
成分(B)の含有量に対する成分(A)の含有量の質量比は0.4~10.0が好ましい。
【0008】
成分(C)は下記成分(C1)を含むことが好ましい。
成分(C1):アクリル樹脂アルカノールアミン、及び/又は、アルキルアクリルアミド及び/又はジアセトンアクリルアミドを必須のモノマー成分として用いて得られるアクリルポリマー
【0009】
上記整髪剤組成物は、さらに、下記成分(E)を含むことが好ましい。
成分(E):多価アルコール
【0010】
上記整髪剤組成物は、ジェル状の整髪剤組成物であることが好ましい。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社マンダム
油性化粧料
12日前
株式会社マンダム
油性整髪剤組成物
3日前
個人
握り棒
6か月前
個人
除菌器
7か月前
個人
体組成計
6か月前
個人
帽子
4か月前
個人
X線用貼付剤
3か月前
個人
ケース
5か月前
個人
エアリフター
1か月前
個人
押圧具
6か月前
個人
介助用車椅子
6か月前
個人
段差昇降装置
1か月前
個人
逆流防止用具
1か月前
個人
肩甲骨下制器具
3か月前
個人
抜歯器具
6か月前
個人
注射器用カバー
5か月前
個人
足指活性パッド
4か月前
個人
シミ皮膚改善剤
2か月前
個人
鼻腔拡張具
1か月前
個人
薬剤塗布式孫の手
6か月前
個人
透析装置の洗浄方法
3か月前
個人
透析装置の洗浄方法
1か月前
株式会社コーセー
組成物
1か月前
東レ株式会社
浄化カラム
6か月前
個人
歯科補綴装置
5か月前
個人
アーシング青竹踏台
3か月前
個人
透析装置の洗浄方法
4か月前
個人
電動式孫の手
1か月前
株式会社東亜産業
温熱具
1か月前
個人
歯科用ハンドピース
5か月前
個人
湯たんぽ保温カバー
5か月前
個人
全身麻酔用枕
4か月前
個人
除菌・消臭液
5か月前
個人
歯科用ハンドピース
5か月前
個人
膝関節用装着具
6か月前
個人
座椅子型排泄介護装置
3か月前
続きを見る