TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024006840
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-01-17
出願番号2022116761
出願日2022-07-04
発明の名称商品販売管理システム
出願人株式会社ユウヤ
代理人
主分類G06Q 30/06 20230101AFI20240110BHJP(計算;計数)
要約【課題】トレーディングカードや古本等の商品の販売価格や買取価格の均一化や算出作業の容易化を図る商品販売管理システムを提供する。
【解決手段】商品販売管理システムは、顧客5が、店舗内に設置されたパッド4で買取を前提に特定のトレーディングカードKを1又は複数調査依頼して、店舗に申し込むと、ネットワーク網3を介して、店舗側情報端末1に送信され、また店舗のバックヤード12でそのデータを確認し、バックヤード12で店舗に存在するトレーディングカードKを販売する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
トレーディングカードや書籍などの商品などを管理するために、少なくとも当該商品の識別情報と現在の価格を登録・管理するするデータベースと、
当該データベースの前記商品などの情報を閲覧可能な、各店舗に配置された店側の店舗側情報端末と、
前記データベースの前記商品などの情報を、直接又は、店舗に設置された前記店舗側情報端末を介して前記商品の識別情報に基づいて現在の価格が検索可能であって、店舗に顧客が買取を前提に特定の前記商品を1又は複数調査依頼する調査依頼情報端末とを設け、
店舗側は、前記調査依頼情報端末を介して顧客から1又は複数の前記商品の調査依頼を受付けたデータに基づき、前記店舗側情報端末で、店舗に存在する前記商品を販売するとともに、販売した前記商品の販売記録情報と、店舗に存在しない商品の非販売記録情報より需要情報として、当該商品の識別情報とともに、前記データベースに登録することを特徴とするトレーディングカードや古本などの商品販売管理システム。
続きを表示(約 480 文字)【請求項2】
前記データベースは、1又は複数の店舗に配置された前記店舗側情報端末から、販売記録情報と、店舗に存在しなかった商品の非販売記録情報より需要情報として、当該商品の識別情報とともに集計し、店舗で買取を必要とする商品毎に現在の買取価格に対して、所定の係数を付加して、所定の買取価格を算出することを特徴とする前記請求項1記載の商品販売管理システム。
【請求項3】
前記データベースは、あらかじめ前記に登録されている顧客向けに、買取情報として前記商品の買取リストを更新した各商品の買取価格とともに、顧客が所有する情報端末に配信することを特徴とする前記請求項1記載の商品販売管理システム。
【請求項4】
前記店舗側情報端末は、顧客が店舗に持ち込んだ前記商品を顧客から買い取る際に、あらかじめ前記データベースが顧客の情報端末向けに送信した前記商品の識別情報に基づいて、顧客の情報端末から、買取情報におけるデータを、適宜な通信手段によって取り込めるようにしたことを特徴とする前記請求項3記載の商品販売管理システム。

発明の詳細な説明【発明の詳細な説明】
【】
【技術分野】
【0001】
本発明は、多種多様で大量の種類が存在するトレーディングカードや書籍(特に古本)などの商品販売、買取システムに係り、特にこれらを扱う店舗において、新品及び中古品からなるこれら商品の販売、買取価格の算出を容易にした商品販売管理システムに関する。
続きを表示(約 2,300 文字)【背景技術】
【0002】
従来、トレーディングカード店や古本屋等の店舗にあっては、トレーディングカード、書籍やCD等、新品及び中古品などの商品の買い取りとこれら商品の販売とが行われている。一般に、トレーディングカードをはじめ古本等の商品の買取価格を算出する作業は、商品の新品時の定価等に所定の係数を乗じたり、中古品でも人気のあるものや、品薄のものなど需要と供給のバランスから価格が特定され、それらは、トレーディングカード店や古本屋の店員による人手を介して行われている。
【0003】
また、これら店舗においては、商品となるトレーディングカードや古本などの商品を会計処理するために商品を販売する電子商取引サイトの端末やこれに接続されるPOS端末装置が利用される場合があり、かかるPOS端末装置を用いた商品の買取システムとして特許文献1に開示されるタイプのものが知られている。同文献では、POS端末装置がデータベースとの間で商品の価格データを授受し、店舗において顧客から商品を買い取る際の買取価格も得られるようになっている。
特開2007-304671号公報
特開2019-82870号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、特許文献1にあっては、商品の買取価格の均一化や算出作業の容易化を図ることができるようにするために、商品買取システム10は、インターネット網11を介して各情報60~66の送受信を行うサーバ20、POS端末装置30を備えて構成されている。
【0005】
インターネット網11には、商品を販売する電子商取引サイトを運営する運営サーバ40が接続されている。POS端末装置30は、商品の識別情報60を入力する入力手段31と、識別情報60を運営サーバ40のサイト用データベース41から検索してサイト販売価格情報61を取得する検索手段32と、この検索手段32が取得した情報を運営サーバ40から受信する受信手段33と、サイト販売価格情報61に設定係数C2を用いた演算を行って店舗における買取価格を算出する演算手段34とを備えているが、単にサイト販売価格情報61に設定係数C2を参考にしているだけで、市場における需要とする情報が取得できない。
【0006】
さらにまた、特許文献2にあっては、大量の種類が存在するトレーディングカードの画像データと照合する処理能力を向上させ、買取査定にかかる時間短縮及び人件費等のコストを低減させるために、店舗装置及び管理装置を含み、店舗装置は、持ち込まれた買取査定対象カードを撮影した買取対象画像データを半導体記憶部にキャッシュ済みの照合用画像データと照合する買取査定処理を行うにしている。
【0007】
一方、管理装置は、買取査定に関する履歴、トレーディングカードに関するイベント情報の履歴、トレーディングカードをテーマとして取り上げたWebサイトの掲載履歴、トレーディングカードの話題を含むコミュニティサイトの掲載履歴などから、店舗に持ち込まれるトレーディングカードの買取ニーズ動向情報を把握し、買取ニーズ動向情報に応じて、半導体記憶部に一括して展開可能な予め設定された所定数の照合用画像データ群を店舗装置に配信するようにしているものが開示されている。
【0008】
このように、特許文献1乃至特許文献2のPOS端末装置などは、在庫なしの場合は、最初から顧客からの注文を受け付けないので、顧客が「買いたいという」需要情報が排除されてしまっている。これは、トレーディングカードや古本等の商品は種類が膨大となるばかりでなく新しく発行される本も日々増加するので、これに対応するデータベース作成等を自社で行うと、その準備作業の負担が多大になるばかりか、店舗の熟練した従業員であってもなかなか販売価格や買取価格の算定が難しい。
【0009】
本発明は、このような不都合な点に着目して案出されたものであり、その目的は、商品を特定する識別情報と、その商品の価格などを管理するデータベース作成等の準備作業の労力を軽減でき、トレーディングカードや古本等の商品の販売価格や買取価格の均一化や算出作業の容易化を図ることができる商品販売管理システムを提供することを目的としたものである。
【課題を解決するための手段】
【0010】
前記目的を達成するため、本発明の商品販売管理システムは、トレーディングカードや書籍などの商品などを管理するために、少なくとも当該商品の識別情報と現在の価格を登録・管理するするデータベースと、当該データベースの前記商品などの情報を閲覧可能な、各店舗に配置された店側の店舗側情報端末と、前記データベースの前記商品などの情報を、直接又は、店舗に設置された前記店舗側情報端末を介して前記商品の識別情報に基づいて現在の価格が検索可能であって、店舗に顧客が買取を前提に特定の前記商品を1又は複数調査依頼する調査依頼情報端末とを設け、
店舗側は、前記調査依頼情報端末を介して顧客から1又は複数の前記商品の調査依頼を受付けたデータに基づき、前記店舗側情報端末で、店舗に配置した店舗に存在する前記商品を販売するとともに、販売した前記商品の販売記録情報と、店舗に存在しない商品の非販売記録情報より需要情報として、当該商品の識別情報とともに、前記データベースに登録することを特徴としている。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
乗降調査装置
2日前
個人
自動販売機
9日前
個人
リユース統合システム
22日前
日本精機株式会社
投影装置
2日前
個人
コメント配信システム
1か月前
個人
広告提供方法
1か月前
日本精機株式会社
投影システム
3日前
個人
釣PAID降水確率ポイント
1か月前
個人
情報処理装置及びプログラム
27日前
株式会社SUBARU
車両
10日前
個人
チラシ掲載位置表示システム
20日前
個人
モノづくり知識情報システム
28日前
小林クリエイト株式会社
RFタグ
9日前
株式会社協同印刷
防災・災害マウス
15日前
17LIVE株式会社
サーバ
2日前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
1日前
太陽誘電株式会社
触覚生成装置
13日前
株式会社カネカ
異常推定システム
21日前
株式会社イトーキ
分析装置
13日前
株式会社フォーバル
仕訳システム
21日前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
今日
中国電力株式会社
ゲームシステム
28日前
日本電気株式会社
勤務管理装置
8日前
小林クリエイト株式会社
あて先表示システム
9日前
日本信号株式会社
自転車貸出システム
3日前
個人
ブロックチェーンと既存網との接続方法
22日前
NISSHA株式会社
指装着型コントローラー
8日前
トヨタ自動車株式会社
サーバ装置
9日前
個人
防災訓練オフ会
10日前
トヨタ自動車株式会社
燃料購入システム
今日
トヨタ自動車株式会社
燃料購入システム
今日
NVデバイス株式会社
視線検出システム
21日前
株式会社日立製作所
演算装置
22日前
個人
集配システムと保管システム
3日前
日本信号株式会社
所持物検査装置
7日前
合同会社エリサ
発送システム
1か月前
続きを見る