TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024006157
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-01-17
出願番号2022106784
出願日2022-07-01
発明の名称情報表示システム
出願人トヨタ自動車株式会社
代理人個人
主分類G06F 16/28 20190101AFI20240110BHJP(計算;計数)
要約【課題】異なる2種類の観点に対して、キーワードの関連度を定量的かつ俯瞰的に表示する情報表示システムを提供する。
【解決手段】実施形態に係る情報表示システムは、異なる2つの第1、第2観点と、該第1、第2観点にそれぞれ対応する複数のキーワードを含む第1、第2キーワード群とを設定し、第1、2観点、第1、第2キーワード群に含まれる各キーワードをそれぞれ異なるノードとして、各ノード間を繋ぐ複数のリンクを演算し、リンクの結合の強さを定量化した指標値をリンク毎に算出し、第2キーワード群に含まれるキーワード毎に、第1観点から、第1、第2キーワード群に含まれるキーワードを経て第2観点に至るリンクの指標値の総和をそれぞれ求め、第2キーワード群に含まれる各キーワードに対する指標値の総和に基づき、第1観点と第2キーワード群に含まれる各キーワードとの関連度の大きさを表示する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
第1観点と、該第1観点に対応する複数のキーワードを含む第1キーワード群と、前記第1観点と異なる第2観点と、該第2観点に対応する複数のキーワードを含む第2キーワード群とを設定し、前記第1観点、前記第1キーワード群及び前記第2キーワード群に含まれる各キーワード、前記第2観点をそれぞれ異なるノードとして、各ノード間を繋ぐ複数のリンクを演算するリンク演算部と、
前記リンクの結合の強さを定量化した指標値を前記リンク毎に算出し、前記第2キーワード群に含まれるキーワード毎に、前記第1観点から、前記第1キーワード群及び前記第2キーワード群に含まれるキーワードを経て前記第2観点に至る前記リンクの前記指標値の総和をそれぞれ求める定量化処理部と、
前記第2キーワード群に含まれる各キーワードに対する前記指標値の総和に基づき、前記第1観点と前記第2キーワード群に含まれる各キーワードとの関連度の大きさを表示する表示部と、
を含む、情報表示システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、情報表示システムに関する。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
自然言語処理技術を用いて、構造化されていない文からなるデータを分析するテキストマイニングが注目されている。テキストマイニングには、ユーザによって入力された検索条件に対して、文に存在するキーワード(特徴語)の出現の頻度や出現傾向、共起関係等を解析し、キーワードとその関係をワードグラフとして示す機能がある。ワードグラフは、出現頻度の高いキーワードをノードで示し、共起関係に基づいてノード間にリンクを結んでグラフ表示される。また、キーワード間の共起強度(リンクの結合の強さ)に応じてリンクの線の太さが変更される。
【0003】
特許文献1には、テキストマイニングにおいて、特徴語とその特徴度とをより精度よく出力する技術が開示されている。特許文献1では、入力されたマイニング対象のテキストデータの言語解析を行い、入力テキストの特徴語毎の計数を行う際に、入力テキストの性質を示す統計情報、及び/又は、入力テキストに付与された信頼度を用いて計数結果を補正している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2008-039983号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
このような従来技術を応用して、異なる2種類の観点(例えば、「課題」とその「対策」)にそれぞれ対応するキーワード間の繋がりをワードグラフにより表示することが考えられる。しかしながら、従来のワードグラフでは、キーワード間の共起強度を可視化することはできるものの、一方の観点から他方の観点に至るまでのキーワードの関連度を定量的、俯瞰的に表示することができなかった。
【0006】
本発明は、このような問題に鑑みてなされたものであり、本発明の目的は、異なる2種類の観点に対して、キーワードの関連度を定量的かつ俯瞰的に表示する情報表示システムを提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明の一態様に係る情報表示システムは、第1観点と、該第1観点に対応する複数のキーワードを含む第1キーワード群と、前記第1観点と異なる第2観点と、該第2観点に対応する複数のキーワードを含む第2キーワード群とを設定し、前記第1観点、前記第1キーワード群及び前記第2キーワード群に含まれる各キーワード、前記第2観点をそれぞれ異なるノードとして、各ノード間を繋ぐ複数のリンクを演算するリンク演算部と、前記リンクの結合の強さを定量化した指標値を前記リンク毎に算出し、前記第2キーワード群に含まれるキーワード毎に、前記第1観点から、前記第1キーワード群及び前記第2キーワード群に含まれるキーワードを経て前記第2観点に至る前記リンクの前記指標値の総和をそれぞれ求める定量化処理部と、前記第2キーワード群に含まれる各キーワードに対する前記指標値の総和に基づき、前記第1観点と前記第2キーワード群に含まれる各キーワードとの関連度の大きさを表示する表示部とを含むものである。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、異なる2種類の観点に対して、キーワードの関連度を定量的かつ俯瞰的に表示する情報表示システムを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
実施の形態に係る情報表示システムの構成を示すブロック図である。
実施の形態に係る情報表示方法を示すフロー図である。
実施の形態に係る情報表示システムにおいて生成されるワードグラフの一例を示す図である。
実施の形態において用いられる関連定量化処理を説明するための図である。
実施の形態に係る情報表示システムにおいて生成されるヒートマップの一例を示す図である。
実施の形態に係る情報表示システムにおいて生成されるヒートマップの一例を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、図面を参照して本発明の実施形態について説明する。各図における同等の構成要素には同一の符号を付し、重複する説明を省略する
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
乗降調査装置
2日前
個人
自動販売機
9日前
日本精機株式会社
投影装置
2日前
個人
リユース統合システム
22日前
個人
コメント配信システム
1か月前
日本精機株式会社
投影システム
3日前
個人
広告提供方法
1か月前
個人
コンピュータシステム
1か月前
個人
モノづくり知識情報システム
28日前
小林クリエイト株式会社
RFタグ
9日前
株式会社SUBARU
車両
10日前
個人
情報処理装置及びプログラム
27日前
個人
釣PAID降水確率ポイント
1か月前
個人
チラシ掲載位置表示システム
20日前
株式会社SUBARU
車両
1か月前
17LIVE株式会社
サーバ
2日前
株式会社協同印刷
防災・災害マウス
15日前
太陽誘電株式会社
触覚生成装置
13日前
ユニパルス株式会社
プログラム、方法
1か月前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
1日前
株式会社カネカ
異常推定システム
21日前
株式会社フォーバル
仕訳システム
21日前
株式会社イトーキ
分析装置
13日前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
今日
株式会社カクシン
管理装置
1か月前
中国電力株式会社
ゲームシステム
28日前
株式会社mov
情報処理装置
1か月前
個人
オーダーメイド品販売システム
1か月前
個人
ディスプレイ・セットシステム
1か月前
個人
デジタルコンテンツ提供システム
1か月前
トヨタ自動車株式会社
ワーク保持装置
1か月前
小林クリエイト株式会社
あて先表示システム
9日前
個人
ブロックチェーンと既存網との接続方法
22日前
日本電気株式会社
勤務管理装置
8日前
TDK株式会社
検出装置
1か月前
日本信号株式会社
自転車貸出システム
3日前
続きを見る