TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024003651
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-01-15
出願番号2022102939
出願日2022-06-27
発明の名称乗員保護装置
出願人豊田合成株式会社
代理人個人
主分類B60R 22/00 20060101AFI20240105BHJP(車両一般)
要約【課題】着座した乗員のシートから離れる移動を好適に規制して、乗員を保護することができる乗員保護装置を提供すること。
【解決手段】長尺状の拘束材20と拘束材を巻取り可能な巻取り装置と、を備えて、シート1に着座した乗員MPを保護する乗員保護装置50。拘束材は、背もたれ部2の上端部3側に両端部20d,20eを配置させて、シートを囲むように、上方から見て略U字状に、シートに収納される。巻取り装置は、収納状態の拘束材を背もたれ部の上端部3側に引き上げるように巻き取り可能に、背もたれ部の上端部側に配設される。拘束材は、巻取り装置の作動時に、乗員の左右の大腿部MF(L,R)の裏面MFb側を支持する乗員支持部25と、乗員支持部の左右両端から背もたれ部の上端部側に延びる左右の牽引部26(L,R)と、を形成して、乗員を背もたれ部側に拘束する。
【選択図】図6
特許請求の範囲【請求項1】
座部と背もたれ部とを有したシートに着座した乗員を保護する乗員保護装置であって、
可撓性を有した長尺状の拘束材と、該拘束材を巻取り可能な巻取り装置と、を備えて構成され、
前記拘束材が、
前記背もたれ部の上端側に両端部を配置させて、前記背もたれ部の左右の両縁側から前記座部の左右の両縁側を経て、前記座部の前縁側で連結させるように、上方から見て略U字状に前記シートに収納され、
前記巻取り装置が、
前記拘束材の端部側と連結されて、作動時、収納状態の前記拘束材を前記背もたれ部の上端側に引き上げるように巻き取り可能に、前記背もたれ部の上端側に配設され、
前記拘束材が、前記巻取り装置の作動時に、乗員の左右の大腿部の裏面側を支持する乗員支持部と、該乗員支持部の左右両端から前記背もたれ部の上端側に延びる左右の牽引部と、を形成して、乗員を前記背もたれ部側に拘束するように、配設されていることを特徴とする乗員保護装置。
続きを表示(約 280 文字)【請求項2】
前記拘束材が、前記巻取り装置に巻き取られる可撓性を有した芯材と、該芯材を覆う可撓性を有したチューブ材と、から構成されていることを特徴とする請求項1に記載の乗員保護装置。
【請求項3】
前記巻取り装置が、前記拘束材の両端部側を共に巻き取り可能に配設されていることを特徴とする請求項1若しくは請求項2に記載の乗員保護装置。
【請求項4】
前記拘束材が、前記巻取り装置の作動時、乗員の左右の肩部の前面側を拘束可能に、両端部を前記背もたれ部の中央付近の左右に並設させていることを特徴とする請求項3に記載の乗員保護装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、シートに着座した乗員を保護するための乗員保護装置に関する。
続きを表示(約 2,100 文字)【背景技術】
【0002】
従来、乗員保護装置としては、座部と背もたれ部とを有したシートに着座した乗員を保護できるように、乗員の左右両肩を背もたれ部側に拘束できる拘束材を配設させたものがあった(例えば、特許文献1参照)。拘束材は、着座した乗員の上半身の左右両側にそれぞれ配設され、それぞれ、下端側を背もたれ部の下端側に固定させておき、そして、背もたれ部の上端側で、回動アームに保持されるとともに、巻取り装置に連結されていた。この乗員保護装置では、着座した乗員の左右の両側における背もたれ部の前面側に、左右の拘束材を待機させておき、作動時、左右の回動アームを、乗員の外方側から乗員の前方側に回動させ、各回動アームで支持した左右の拘束材の上端側を、乗員の左右の肩部の前方側に配置させ、ついで、巻取り装置を作動させて、左右の拘束材を、回動アームから離脱させつつ、乗員の左右の肩部の前面側に当てて、左右の肩部を拘束するように、構成されていた。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2007-15541号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、従来の乗員保護装置では、作動時、乗員の左右の肩部を背もたれ部から離れないように、左右の拘束材を乗員の左右の肩部の前面側に当接させるものの、拘束材の下端側では、乗員の腰部から左右に離れるように、背もたれ部の下端に固定されている。そのため、左右の拘束材が、乗員の腰部自体の前方移動を的確に拘束し難く、乗員保護装置としては、腰部を含めた乗員の移動を好適に規制することが望まれる。
【0005】
本発明は、上述の課題を解決するものであり、着座した乗員のシートから離れる移動を好適に規制して、乗員を保護することができる乗員保護装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明に係る乗員保護装置では、座部と背もたれ部とを有したシートに着座した乗員を保護する乗員保護装置であって、
可撓性を有した長尺状の拘束材と、該拘束材を巻取り可能な巻取り装置と、を備えて構成され、
前記拘束材が、
前記背もたれ部の上端側に両端部を配置させて、前記背もたれ部の左右の両縁側から前記座部の左右の両縁側を経て、前記座部の前縁側で連結させるように、上方から見て略U字状に前記シートに収納され、
前記巻取り装置が、
前記拘束材の端部側と連結されて、作動時、収納状態の前記拘束材を前記背もたれ部の上端側に引き上げるように巻き取り可能に、前記背もたれ部の上端側に配設され、
前記拘束材が、前記巻取り装置の作動時に、乗員の左右の大腿部の裏面側を支持する乗員支持部と、該乗員支持部の左右両端から前記背もたれ部の上端側に延びる左右の牽引部と、を形成して、乗員を前記背もたれ部側に拘束するように、配設されていることを特徴とする。
【0007】
本発明に係る乗員保護装置では、乗員がシートに着座した状態で、乗員の拘束が必要な場合(例えば、車両の衝突の予知、あるいは、実際の衝突時)があれば作動され、その際、拘束材が、座部の前縁側の左右から後方側に延びて、座部と背もたれ部との左右の縁側に収納されていた状態から、背もたれ部の上端側に配設された巻取り装置により、端部側を背もたれ部の上端側に巻き取られて、引き上げられる。そして、拘束材は、前端側の乗員支持部を乗員の左右の大腿部の裏面側に当接させ、さらに、左右両端を牽引部により牽引される状態の乗員支持部により、左右の大腿部が持ち上げられ、乗員の上半身が背もたれ部の前面側に押し付けられる状態となる。すなわち、着座した乗員は、拘束材の乗員支持部により、左右の大腿部を抱えられて、背もたれ部の前面側に密着される状態となる。この姿勢の乗員は、腰部を含めた上半身が、シートの背もたれ部の前面側に押さえられた状態となることから、シートから離れるような前方移動や左右へのずれ移動が抑制され、乗員は、シートに着座した状態を維持されて、的確に保護される。
【0008】
したがって、本発明に係る乗員保護装置では、着座した乗員のシートから離れる移動を好適に規制して、乗員を保護することができる。
【0009】
そして、本発明に係る乗員保護装置では、前記拘束材が、前記巻取り装置に巻き取られる可撓性を有した芯材と、該芯材を覆う可撓性を有したチューブ材と、から構成されていることが望ましい。
【0010】
このような構成では、巻取り装置が拘束材を巻き取る際、芯材を巻き取ることから、チューブ材が、乗員やシートの座部や背もたれ部に接触して、摩擦抵抗により移動し難くなっても、チューブ材の内部を通過する芯材自体は、乗員やシートの座部や背もたれ部に対する摺動を抑制されて、牽引されることから、円滑に、乗員支持部を上方へ引き上げて、大腿部の背もたれ部側への抱え込みを行える。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

豊田合成株式会社
照明装置
8日前
豊田合成株式会社
送電装置
10日前
豊田合成株式会社
照明装置
1日前
豊田合成株式会社
照明装置
7日前
豊田合成株式会社
照明装置
10日前
豊田合成株式会社
重量測定装置
今日
豊田合成株式会社
車両の外部構造
今日
豊田合成株式会社
車両の内装構造
1か月前
豊田合成株式会社
車両の外部構造
9日前
豊田合成株式会社
リッド組付構造
9日前
豊田合成株式会社
車載ホルダ装置
今日
豊田合成株式会社
検出装置及び履物
15日前
豊田合成株式会社
車両用リッド装置
9日前
豊田合成株式会社
車両の音出力装置
8日前
豊田合成株式会社
車両用リッド装置
9日前
豊田合成株式会社
コンソールボックス
1か月前
豊田合成株式会社
コンソールボックス
1か月前
豊田合成株式会社
車両用空調ダクト装置
8日前
豊田合成株式会社
ドアウェザストリップ
15日前
豊田合成株式会社
車両の温度調節システム
8日前
豊田合成株式会社
エアバッグカバー及びエアバッグ装置
8日前
豊田合成株式会社
車両の外部構造及び車両の融氷システム
9日前
豊田合成株式会社
LEDディスプレイ素子およびその製造方法
1か月前
豊田合成株式会社
シリコーンエラストマー及びシリコーンポリマー
15日前
豊田合成株式会社
車両のステアリング装置に設置された映像表示装置
13日前
豊田合成株式会社
映像表示システム、および映像表示システムを備える車両
今日
トヨタ自動車株式会社
水分解光触媒に用いられる半導体粒子とそれを用いた光触媒並びにそれらの合成方法
21日前
個人
スーパーEV
1か月前
個人
揺動照射照明装置
3か月前
株式会社コーワ
清掃装置
2か月前
個人
自動車暴走抑制装置
今日
日本精機株式会社
表示装置
3か月前
日本精機株式会社
表示装置
2か月前
日本精機株式会社
表示装置
3か月前
株式会社リアル
荷物台
3か月前
東レ株式会社
フロントグリル
今日
続きを見る