TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024002643
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-01-11
出願番号2022101970
出願日2022-06-24
発明の名称画像形成装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人
主分類G03G 15/00 20060101AFI20231228BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】画像形成装置で形成される画像における周期的な濃度ムラを抑制する。
【解決手段】画像形成装置は、感光体、感光体を一様に帯電させる帯電器、帯電された感光体に静電潜像を形成する露光器、及び静電潜像を現像して感光体に画像を形成する現像器を含み、形成された画像の画像濃度を検知するためのテスト画像を読み取る。画像形成装置は、テスト画像を形成し、その検知結果に基づいて画像濃度の周期的な変動を検知し、検知した周期的な変動が低下するように画像形成条件を補正する。補正された画像形成条件によって前記画像形成手段に画像を形成させ(S103)、形成された画像を読み取り、その読取結果から前記画像濃度の周期的な変動を抑制するための候補信号を生成する(S109)。
【選択図】 図12
特許請求の範囲【請求項1】
感光体、前記感光体を一様に帯電させる帯電器、帯電された前記感光体に静電潜像を形成する露光器、及び前記静電潜像を現像して前記感光体に画像を形成する現像器を含む画像形成手段と、
前記画像形成手段により形成された前記画像の画像濃度を検知するためのテスト画像を読み取る画像濃度検知手段と、
前記画像形成手段に前記テスト画像を形成させ、前記画像濃度検知手段に前記テスト画像を読み取らせることで取得する前記テスト画像の検知結果に基づいて画像濃度の周期的な変動を検知し、検知した周期的な変動が低下するように画像形成条件を補正する制御手段と、を備え、
前記制御手段は、前記画像濃度の周期的な変動を反映した補正信号により前記画像形成条件を補正する第1補正処理を実行し、補正された前記画像形成条件によって前記画像形成手段に画像を形成させ、前記形成された画像を前記画像濃度検知手段で読み取り、その読取結果から前記画像濃度の周期的な変動を抑制するための候補信号を生成することを特徴とする、
画像形成装置。
続きを表示(約 1,300 文字)【請求項2】
前記制御手段は、前記候補信号により前記画像形成条件を補正する第2補正処理を実行し、前記第2補正処理により補正された前記画像形成条件によって前記画像形成手段に画像を形成させ、前記形成された前記画像を前記画像濃度検知手段で読み取り、前記画像濃度の周期的な変動が所定のしきい値よりも小さいか否かを判定することを特徴とする、請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記制御手段は、前記画像濃度の周期的な変動を表すためのパラメータと前記画像濃度の濃度変動の分布との関係をモデル化し、前記生成された候補信号によってモデルの更新を行い、前記更新されたモデルから、前記画像濃度の周期的な変動を抑制するための候補信号を更に生成することを特徴とする、請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記制御手段は、前記検知された前記画像濃度の変動に基づいて前記パラメータに対する前記濃度変動の不確実性を予測し、その予測結果に基づいて前記候補信号を生成することを特徴とする、請求項3に記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記周期的な変動の周期は、前記画像形成装置を構成する回転体の回転における周期であることを特徴とする、請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項6】
前記周期的な変動の周期には、前記画像形成装置を構成する複数の回転体のそれぞれについての回転における周期が含まれ、少なくとも1つの回転体の周期は、他の回転体の周期とは異なることを特徴とする、請求項5に記載の画像形成装置。
【請求項7】
前記画像濃度の周期的な変動が所定のしきい値よりも小さくなるまで、前記第2補正処理及び前記候補信号の生成を繰り返すことを特徴とする、請求項2に記載の画像形成装置。
【請求項8】
前記画像形成条件には、前記現像器の現像バイアス、前記現像器の帯電バイアス、及び前記露光器のレーザパワーのうち少なくとも1つが含まれることを特徴とする、請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項9】
前記画像濃度検知手段は、前記現像器により前記感光体に形成された前記画像の画像濃度を検知する、請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項10】
前記画像形成手段は、前記現像器により前記感光体に形成された前記画像を記録紙上に定着させる定着器を有し、
前記記録紙上に形成された前記テスト画像を読み取って画像濃度を検知する、記録紙上画像濃度検知手段を有し、
前記制御手段は、
前記画像形成手段に、前記感光体に形成された前記テスト画像を前記定着器により記録紙に定着させ、
前記感光体に形成された前記テスト画像の画像濃度の周期的な変動を検知し、検知した周期的な変動が低下するように、前記画像形成条件を補正し、
前記記録紙上に形成された前記テスト画像の画像濃度の周期的な変動を検知し、検知した周期的な変動が低下するように、前記画像形成条件を更に補正する、請求項1~9のいずれかに記載の画像形成装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、複写機、複合機、プリンタ、ファクシミリ等の画像形成装置に関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
電子写真方式の画像形成装置は印刷業界にも普及し始めており、高速出力及び高画質への要求が急速に高まっている。高画質化に関する要求項目の中ではページ内の画像濃度の均一性への要望が高い。そのため、ページ内の画像濃度ムラを極力抑制することが重要になっている。画像濃度ムラの要因は様々であるが、現像スリーブや感光体ドラムなどの回転体で生じる周期濃度ムラは、特に視認されやすいことが知られている。このような画像濃度ムラは、感光体ドラムや現像スリーブの回転の振れによって生じる現像電界強度の周期的な変動によって生じるものと考えられている。
【0003】
特許文献1には、感光ドラムの回転周期に合わせて現像バイアスを変調することで、感光ドラムや現像スリーブの回転の振れにより生じる画像濃度ムラを補正する画像形成装置が開示される。具体的にはこの画像形成装置は、感光ドラムの回転位置を検知する回転位置検知センサと、画像濃度を検知する濃度検知センサとを用いる。画像形成装置は、濃度検知センサの検知結果に基づいて画像濃度ムラを検知する。画像濃度ムラは、感光ドラムの回転周期で切り分けられ、回転位置検知センサの信号をトリガとして現像バイアスを周期的に変化させることで抑制される。
【0004】
現像バイアスは、回転振れ等による電界変動を打ち消して電界を一定にすることで、画像濃度ムラを抑制する。また、例えば、現像バイアスのみならず、感光ドラムを帯電する際の帯電バイアスを変調させても同様の効果が得られる。以下、このように感光ドラムや現像スリーブの回転の振れにより生じる画像濃度ムラを補正する技術を「副走査濃度ムラ補正」という。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2000-98675号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、実際には、回転体で生じる周期画像濃度ムラを改善するために帯電バイアスや現像バイアスを変調させるための補正量の同定の際には、感光体と現像ロールなどの回転体に起因する各々の周期濃度ムラが干渉することがある。
【0007】
また、このような干渉の他にも、突発的な濃度変動の影響により周期変動の検知が十分でない場合もある。補正対象の回転体が1つの場合においても、濃度変動のパラメータの同定でばらつきが生じる場合があり、パラメータ同定の精度によって濃度変動補正量の精度も左右される。そのような補正の結果として、ページ間で周期的な濃度ムラの補正効果がばらつく場合も生じている。
【0008】
本発明は、上記課題に鑑みてなされたものであり、画像形成装置で形成される画像における周期的な濃度ムラを抑制することを主たる目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明の画像形成装置は、感光体、前記感光体を一様に帯電させる帯電器、帯電された前記感光体に静電潜像を形成する露光器、及び前記静電潜像を現像して前記感光体に画像を形成する現像器を含む画像形成手段と、前記画像形成手段により形成された前記画像の画像濃度を検知するためのテスト画像を読み取る画像濃度検知手段と、前記画像形成手段に前記テスト画像を形成させ、前記画像濃度検知手段に前記テスト画像を読み取らせることで取得する前記テスト画像の検知結果に基づいて画像濃度の周期的な変動を検知し、検知した周期的な変動が低下するように画像形成条件を補正する制御手段と、を備え、前記制御手段は、前記画像濃度の周期的な変動を反映した補正信号により前記画像形成条件を補正する第1補正処理を実行し、補正された前記画像形成条件によって前記画像形成手段に画像を形成させ、前記形成された画像を前記画像濃度検知手段で読み取り、その読取結果から前記画像濃度の周期的な変動を抑制するための候補信号を生成することを特徴とする。
【発明の効果】
【0010】
本発明によれば、画像形成装置で形成される画像における周期的な濃度ムラを抑制することができる。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
撮像装置
27日前
株式会社リコー
画像形成装置
27日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
9日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
3日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
三菱製紙株式会社
感光性樹脂組成物
18日前
株式会社リコー
画像形成装置
18日前
株式会社リコー
画像形成装置
18日前
キヤノン株式会社
トナー
11日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
23日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
23日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
23日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
26日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
23日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
23日前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
5日前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
撮像装置
19日前
キヤノン株式会社
撮像装置
27日前
キヤノン株式会社
カメラ旋回装置
19日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
11日前
続きを見る