TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024001816
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-01-10
出願番号2022100717
出願日2022-06-22
発明の名称複合装置
出願人コニカミノルタ株式会社
代理人個人
主分類G03G 21/00 20060101AFI20231227BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】 単一のファンを用いて画像生成装置およびサーバーそれぞれの温度を適切な状態に維持すること。
【解決手段】 複合装置は、第1空間SP1と第2空間SP2とに区画された筐体51と、第1空間SP1に配置されたファンユニットFUと、第1空間SP1に収容され、記録媒体に画像を形成する画像生成部4と、第2空間SP2に収納されたサーバー200と、第1空間SP1に配置された第1熱交換器111と第1熱交換器111に接続されかつ第2の空間SP2に配置された第2熱交換器113とを有する温度調整部110と、画像形成部4およびサーバー200の稼働状況に基づいて、画像形成部4およびサーバー200のいずれか一方からファンユニットFUに電力を供給する切換手段と、を備える。
【選択図】 図4
特許請求の範囲【請求項1】
第1空間と第2空間とに区画された筐体と、
前記第1空間に配置されたファンと、
前記第1空間に収容され、記録媒体に画像を形成する画像形成部と、
前記第2空間に収納されたサーバーと、
前記第1空間に配置された第1熱交換器と前記第1熱交換器に接続されかつ前記第2の空間に配置された第2熱交換器とを有する温度調整部と、
前記画像形成部および前記サーバーの稼働状況に基づいて、前記画像形成部および前記サーバーのいずれか一方から前記ファンに電力を供給する切換手段と、を備えた複合装置。
続きを表示(約 140 文字)【請求項2】
前記ファンは、前記画像形成部および前記サーバーのうち前記ファンに電力を供給する一方により制御される、請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記第1空間を外部に開放する取入口および排出口を、さらに備えた請求項1または2に記載の複合装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
この発明は、複合装置に関し、特に、シートに画像を形成する画像形成部とコンピューターとを備えた複合装置に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
近年、画像形成装置とサーバーとを備えた複合装置が知られている。この複合装置において、画像形成装置とサーバーとは別々の筐体に収納される。画像形成装置は、シートにトナーを定着させるためにトナーを加熱する定着装置等の複数の発熱源を有する。このため、画像形成装置は、発熱源を冷却するためのファンを備える。画像形成装置は、ユーザーにより使用されない場合は、画像を形成可能な通常状態における消費電力よりも少ない電力となる省電力状態に移行する。このため、画像形成装置は、省電力状態の場合にファンを回転させない。サーバーは、中央演算装置(CPU)等の発熱源を有する。このため、サーバーは、内部の空間の空気を外部に排出するためのファンを備える。サーバーは、処理を実行する必要がない場合は、処理を実行する通常状態における消費電力よりも少ない電力となる省電力状態に移行する。サーバーは、省電力状態においてはファンを回転させない。
【0003】
ここで、画像形成装置とサーバーとでファンを共有することが考えられる。例えば、特許4802004号公報には、画像形成装置内の複数の温度上昇箇所に設置され、温度上昇箇所を冷却する複数の冷却部を有する画像形成装置において、各冷却部の冷却状態又は非冷却状態を選択的に切り替え、各温度上昇箇所を選択的に冷却する画像形成装置が記載されている。
【0004】
しかしながら、特許4802004号公報に記載の画像形成装置は、省電力状態の場合に複数の冷却部を冷却することができないので、サーバーが備える発熱源を冷却することができない。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特許4802004号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
この発明は上述した問題点を解決するためになされたもので、この発明の目的の一つは、単一のファンを用いて画像形成装置およびサーバーそれぞれの温度を適切な状態に維持することが可能な複合装置を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
この発明のある局面によれば、複合装置は、第1空間と第2空間とに区画された筐体と、第1空間に配置されたファンと、第1空間に収容され、記録媒体に画像を形成する画像形成部と、第2空間に収納されたサーバーと、第1空間に配置された第1熱交換器と第1熱交換器に接続されかつ第2空間に配置された第2熱交換器とを有する温度調整部と、画像形成部およびサーバーの稼働状況に基づいて、画像形成部およびサーバーのいずれか一方からファンに電力を供給する切換手段と、を備える。
【図面の簡単な説明】
【0008】
本実施の形態における複合装置の外観を示す斜視図である。
複合装置の内部構成の一例を示す第1の模式的断面図である。
サーバーのハードウェア構成の一例を示す図である。
複合装置の内部構成の一例を示す第2の模式的断面図である。
図4のA-A線断面図である。
温度調整装置の制御回路の一例を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、本発明の実施の形態における複合装置について、図面を参照して説明する。以下の説明では同一の部品には同一の符号を付してある。それらの名称および機能も同じである。したがってそれらについての詳細な説明は繰返さない。
【0010】
図1は、本実施の形態における複合装置の外観を示す斜視図である。図1を参照して、複合装置1は、画像形成装置100とサーバー200とを備える。画像形成装置100は、用紙等の記録媒体に画像を形成する機能を有する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

シャープ株式会社
電気機器
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
27日前
シャープ株式会社
電気機器
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
9日前
三菱製紙株式会社
感光性樹脂組成物
18日前
株式会社リコー
画像形成装置
18日前
株式会社リコー
画像形成装置
18日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
3日前
株式会社リコー
画像形成装置
27日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
23日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
11日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
23日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
23日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
23日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
23日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
26日前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
27日前
キヤノン株式会社
撮像装置
19日前
続きを見る