TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023184373
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-12-28
出願番号2022098497
出願日2022-06-18
発明の名称セールス(有料)ポイント
出願人個人
代理人
主分類G06Q 30/0207 20230101AFI20231221BHJP(計算;計数)
要約【課題】セールス(有料)ポイントを提供する。
【解決手段】コストの一部を削ってポイントを生産するよりも、1p=1円でユーザーに販売し、使用させるのが得策である。それには、商品に付いて来るオマケのような感覚の、ユーザー通念を払拭させることが先決で、二通りの手段が効果的である。一つは、電子マネーをチャージさせる機会を測って、1円に1pの割でセットする。更に、二つ目はポイント宝くじを実施、100円(宝くじ)=100pで販売し、懸賞額もポイントで支給する。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
預金金利のポイント払い
続きを表示(約 130 文字)【請求項2】
交換レート調整機能付きポイントの自動販売システム
【請求項3】
1円に1pの割で、電子マネーにセット可能なチャージ方法
【請求項4】
「ポイントX倍ブランド」並びに「ポイント残高X倍ブランド」の販売

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
ポイントの常識は、購入した商品に当たり前のように付いて来るものである。黙っていても貯まるもの。必要に応じて使えるものの二面性を有し、この二つの行為を繋ぐものが、IT分野の演算システムとICカードを媒体とする記憶システムである。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
マニアの出現で一気にバブル化したポイントであるが、どうやらカード系列のサプライヤーに集約される勢いである。系列別に色付けされたポイントの供給において、その垣根が取り払われ、相互乗り入れが進めば、終着駅にはグローバル化が待っている。即ち、インターネット通信網を生かした世界制覇に、必要欠くべからざるものは、アルゴリズムによって導かれる、ポイント交換術なのである。
これらを支える技術は蜘蛛の巣のように張り巡らされる、サーチエンジンに拠ってのみ辿り着くことが可能な、ユーザー本位の記憶・演算・配当システムと言える。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特許出願番号2020-170259
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
従来のポイントシステムは、メーカー及び量販店の自腹で賄われてきたものである。
即ち、製造コスト乃至販売コストの一部を削って生産されたポイントは、販売に拠って解消されるコストと違い、アフターケア(=割引き交換)主体の、ユーザー側に差し出す債券とも捉えられる。たとえ、1円未満の交換レートであっても、チリが積もれば山となり、いずれコストを圧迫する存在になりかねない。
【発明の概要】
課題を解決する為の手段
【0005】
コストの一部を削ってポイントを生産するよりも、1p=1円でユーザーに販売し、使用させるのが得策である。それには、商品に付いて来るオマケのような感覚の、ユーザー通念を払拭させることが先決で、二通りの手段が効果的である。一つは、電子マネーにパラサイト(寄生)させる。電子マネーをチャージさせる機会を測って、1円に1pの割でセットする。更に、二つ目はポイント宝くじを実施、100円(宝くじ)=100pで販売し、懸賞額もポイントで支給すれば、マーケット全体を、固定(1円=1p)レートを持つポイントで満たすことが可能だ。しかも、総務省認可の宝くじではなく、消費者庁所管の景品表示法に従った「宝くじ」の実施では、懸賞を相当額に抑え込めるメリットが発生する。
【発明の効果】
【0006】
ポイントX倍EVERY DAYの実施が可能。1円=1pの交換レートに従えば、ポイントを10倍にした際の交換レートは、1円=10pと導かれ、ポイント単価が1円の1/10である10銭に目減りする。この10銭を販売価格に反映させれば、1割引きセールと同様の展開で運べる。ポイントX倍デーにおけるポイント単価は、1/X円となり、20倍デーでのポイント単価は0.05=5厘、100倍デーでは0.01の1厘となり、ポイントの倍率に反比例する値引率の関係が見て取れる。当然、値引率は減少しても、ポイント数は増量の一途を辿るために、ポイントの交換頻度は留まるところを知らない。
【図面の簡単な説明】
【0007】
ポイント10倍デーの実態
【発明を実施する為の形態】
【0008】
ポイントX倍EVERY DAYを可能にさせるのが、指定商品の存在。即ち、この商品を買えば、その料金に応じたポイントをX倍に引き上げる「X倍ブランド」のことである。
一方で、「残高X倍ブランド」、即ち、「X倍ブランド」の購入でX倍されたポイントに、カード残高を加えたすべてが、X倍されると言う商品を、指定することも可能なのである。「残高X倍ブランド」をマスキング(覆面)状態にして、サプライズを引き起こす奥の手も色々あるが、極めつけは、精算時のレジでファンファーレ効果を巻き起こすことだ。マスキング状態の「残高X倍ブランド」の購入を、劇的に効果音を使って周囲に知らしめれば、パチンコ店の軍艦マーチ以上の効果が期待できる。勿論、ダサい軍艦マーチの使用を強制するものではない。これで市場に出回るポイント数が急増する。
しかし、増えれば増えるほど、1円当たりのポイント単価は目減りし、ポイント総額が購入総額を上回る逆転現象は決して起こらない。如何なる場合でも、支給されるポイント総額は、ポイント単価1/X円の規制を受けるからだ。

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
乗降調査装置
6日前
個人
自動販売機
13日前
個人
コメント配信システム
1か月前
日本精機株式会社
投影装置
6日前
個人
リユース統合システム
26日前
日本精機株式会社
投影システム
7日前
個人
広告提供方法
1か月前
個人
コンピュータシステム
1か月前
個人
モノづくり知識情報システム
1か月前
個人
釣PAID降水確率ポイント
1か月前
個人
チラシ掲載位置表示システム
24日前
小林クリエイト株式会社
RFタグ
13日前
株式会社SUBARU
車両
1か月前
個人
情報処理装置及びプログラム
1か月前
株式会社SUBARU
車両
14日前
株式会社協同印刷
防災・災害マウス
19日前
17LIVE株式会社
サーバ
6日前
ユニパルス株式会社
プログラム、方法
1か月前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
5日前
太陽誘電株式会社
触覚生成装置
17日前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
4日前
株式会社カネカ
異常推定システム
25日前
株式会社イトーキ
分析装置
17日前
中国電力株式会社
ゲームシステム
1か月前
株式会社フォーバル
仕訳システム
25日前
株式会社カクシン
管理装置
1か月前
オムロン株式会社
操作制御システム
1か月前
株式会社mov
情報処理装置
1か月前
個人
ディスプレイ・セットシステム
1か月前
ユビ電株式会社
情報処理装置
1か月前
個人
オーダーメイド品販売システム
1か月前
個人
デジタルコンテンツ提供システム
1か月前
TDK株式会社
検出装置
1か月前
トヨタ自動車株式会社
ワーク保持装置
1か月前
日本信号株式会社
自転車貸出システム
7日前
日本電気株式会社
勤務管理装置
12日前
続きを見る