TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2023184357
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-12-28
出願番号2022098478
出願日2022-06-17
発明の名称アームレスト
出願人個人
代理人個人,個人
主分類G06F 3/02 20060101AFI20231221BHJP(計算;計数)
要約【課題】 本発明は、マウスの移動操作や、マウス・キーボード間での手の位置替え動作のような前腕の移動を伴う動作をスムースに行えるアームレストの提供を目的とする。また、本発明は、使用時のストレスを軽減し、使い心地の良いアームレストの提供を目的とする。
【解決手段】 前腕を載せ置くことができる凹部が設けられた本体部と、前記本体部の下方に配設されるベース部と、前記本体部に対して摺動する第1摺動部と前記ベース部に対して摺動する第2摺動部とを有するスライダと、を備え、前記本体部は、当該第1摺動面が前記前腕の動きに応じて、傾動し、移動し、回転するアームレストに関する。
【選択図】 図2
特許請求の範囲【請求項1】
前腕を載せ置くことができる凹部が、前記前腕の長さ方向に沿うように、前後方向に設けられた本体部と、
前記本体部の下方に配設されるベース部と、
前記本体部に対して摺動する第1摺動部と前記ベース部に対して摺動する第2摺動部とを有するスライダと、を備え、
前記スライダの前記第1摺動部は、曲面を有し、
前記本体部は、前記曲面上を摺動可能な第1摺動面を有し、当該第1摺動面が前記前腕の動きに応じて前記曲面上を摺動することによって傾動し、
前記ベース部は、第2摺動面を有し、
前記スライダの前記第2摺動部は、前記ベース部の前記第2摺動面上において一軸方向に摺動でき、かつ自転軸回りで回転摺動でき、
前記本体部は、前記前腕の動きに応じて、前記第2摺動面上での前記第2摺動部の摺動を伴って前記一軸方向に移動し、前記第2摺動面上での前記第2摺動部の回転摺動を伴って回転する
ことを特徴とするアームレスト。
続きを表示(約 830 文字)【請求項2】
前記本体部は、前記第1摺動面を有する収容部を備え、
前記収容部に配設される第1摺動部は、前記前後方向の軸線と前記自転軸の傾斜角が変動するように前記本体部が傾動でき、前記前後方向の軸線回りでの前記本体部の傾動が規制される形状を有する
ことを特徴とする請求項1に記載のアームレスト。
【請求項3】
前記ベース部は、前記第2摺動部が前記第2摺動面上において前記一軸方向にのみに摺動するように、前記第2摺動部をガイドするガイド手段を備える
ことを特徴とする請求項1に記載のアームレスト。
【請求項4】
前記ベース部は、当該ベース部の底面から一部が突設された回動可能な回動部材を備え、
前記本体部は、前記回動部材が前記前腕の動きに応じて回動することによって、前記ガイド手段のガイド方向に対し直交する方向に移動できる
ことを特徴とする請求項3に記載のアームレスト。
【請求項5】
前記本体部は、前記第1摺動面を有し、前記第1摺動部が配設される収容部を備え、
前記本体部は、前記第1摺動部の上面をなす前記曲面に前記第1摺動面が当接することによって、前記スライダにより支持される
ことを特徴とする請求項1に記載のアームレスト。
【請求項6】
前記収容部及び前記第1摺動面は、前記本体部の前記前後方向に延在し、
前記第1摺動部は、前記第1摺動面上を前記前後方向に摺動でき、
前記本体部は、前記前腕の動きに応じて、前記第1摺動部が前記第1摺動面上を前記前後方向に相対的に摺動することによって、前記前後方向に移動する
ことを特徴とする請求項5に記載のアームレスト。
【請求項7】
前記スライダは、樹脂製であって、一体的に成形されている
ことを特徴とする請求項1~5のいずれか1項に記載のアームレスト。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、アームレストに関する。
続きを表示(約 2,400 文字)【背景技術】
【0002】
パーソナルコンピュータ(パソコン)のキーボードやマウス操作に伴う疲労を軽減するため、リストレストやアームレスト等の補助具が提供されている。リストレストやアームレストは、使用時、キーボードやマウスよりも操作者に近い側(例えば、テーブルの手前側)に配され、操作者の手首や腕(前腕)を支持する。ここで、従来のリストレストやアームレストとして、下記文献に開示の技術が提案されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2002-341996号公報
特開平9-73350号公報
実用新案登録第3038425号公報
登録実用新案第3094830号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1から3には、リストレストが開示されている。このようなリストレストは、操作者の手首を支持する一方、前腕を支持しない。そのため、リストレストの使用時、操作者の前腕とテーブルとが接触する。このことから、例えば、マウスの移動操作や、マウス・キーボード間での手の位置替え動作、前腕の移動を伴う動作に際し、前腕とテーブルとの接触に起因する種々の不具合が生じ得る。
【0005】
特に夏季などの高温多湿期では、汗や水分で湿った前腕が半袖から露出することが想定される。そのため、リストレストを用いる場合、テーブルからの大きな摩擦抵抗が前腕に加わる結果、スムースなマウス操作が妨げられる。また、このような操作性の低下に伴い、前腕が疲労すると共に、操作者に不快感を起こさせる。一方、前腕をテーブルから離してマウスを操作する場合、テーブルに対して前腕を都度昇降させなければならず、動作のたびに前腕や肩が疲労する。また、テーブル上に置かれた紙などが前腕に張り付くことから、紙に触れないように腕を上げた状態でキーボードを操作する必要が生じる場合があるが、このような状態でのキーボードの操作は非常に窮屈で疲れ易い。
【0006】
これに対して、特許文献4に開示されるようなアームレストは、操作者の前腕を支持する。そのため、リストレストで生じ得た、前腕とテーブルとの接触に起因する操作性の低下や不快感の発生を防ぐことができる。
【0007】
また、特許文献4に開示のアームレストは、作業者の身体的状態や作業内容によってアームレストの最適な高さが異なるので、手首から肘までの腕の一部または全体を載せる高摩擦面の高さ調節機構を備えるようにしたものである。しかしながら、特許文献4に開示のアームレストの高さ調整機構は、操作中の作業者の手や腕の動きに連動するものではない。すなわち、作業者が操作しているキーボードのキーの位置や、マウスの移動量に係わらず、アームレストの高さは作業前に設定したものとなる。したがって、操作中の作業者の手や腕の動きによっては、作業者が窮屈に感じたり、アームレストから腕が離れた状態を取ったりせざるを得ず、ストレスを操作者に与え得ることがある。
【0008】
上記の課題に鑑み、本発明は、マウスの移動操作や、マウス・キーボード間での手の位置替え動作のような前腕の移動を伴う動作をスムースに行えるアームレストの提供を目的とする。また、本発明は、使用時のストレスを軽減し、使い心地の良いアームレストの提供を目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明に係るアームレストは、前腕(W1)を載せ置くことができる凹部(11,61)が、前記前腕(W1)の長さ方向に沿うように、前後方向に設けられた本体部(10,60)と、前記本体部(10,60)の下方に配設されるベース部(30,80)と、前記本体部に対して摺動する第1摺動部(51)と前記ベース部(30,80)に対して摺動する第2摺動部(55)とを有するスライダ(50)と、を備え、前記スライダ(50)の前記第1摺動部(51)は、曲面(52)を有し、前記本体部(10,60)は、前記曲面(52)上を摺動可能な第1摺動面(16,66)を有し、当該第1摺動面(16,66)が前記前腕(W1)の動きに応じて前記曲面(52)上を摺動することによって傾動し、前記ベース部(30,80)は、第2摺動面(37,87)を有し、前記スライダ(50)の前記第2摺動部(55)は、前記ベース部(30,80)の第2摺動面(37,87)上において一軸方向に摺動でき、かつ自転軸回りで回転摺動でき、前記本体部(10,60)は、前記前腕(W1)の動きに応じて、前記第2摺動面(37,87)上での前記第2摺動部(55)の摺動を伴って前記一軸方向に移動し、前記第2摺動面(37,87)上での前記第2摺動部(55)の回転摺動を伴って回転することを特徴とする。
【0010】
本発明のこの態様によれば、1つのスライダが本体部とベース部で相対的に摺動又は回転摺動するというシンプルな動作機構でありながら、操作者の前腕が載せ置かれた本体部は、前腕の動きに応じて、傾動し、回転し、少なくとも一方向に移動する。そのため、製造コストの過度な高騰を招かない。また、本体部は、アームレストの動作スペース(例えば、テーブル)に接触しない状態で前腕を支えるため、動作スペースからの摩擦抵抗を受けずに前腕を移動することができる。その結果、操作者の前腕や肩を疲労させず、且つ、動作の際の不快感を生じさせない。その結果、前腕を載せ置く部分の傾動、回転、及び移動のいずれかを行えないアームレストに比べて、使用時のストレスを軽減し、使い心地を向上させることができる。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
乗降調査装置
6日前
個人
自動販売機
13日前
個人
リユース統合システム
26日前
個人
コメント配信システム
1か月前
日本精機株式会社
投影装置
6日前
日本精機株式会社
投影システム
7日前
個人
広告提供方法
1か月前
個人
情報処理装置及びプログラム
1か月前
小林クリエイト株式会社
RFタグ
13日前
株式会社SUBARU
車両
1か月前
株式会社SUBARU
車両
14日前
個人
モノづくり知識情報システム
1か月前
個人
チラシ掲載位置表示システム
24日前
個人
釣PAID降水確率ポイント
1か月前
株式会社協同印刷
防災・災害マウス
19日前
17LIVE株式会社
サーバ
6日前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
5日前
太陽誘電株式会社
触覚生成装置
17日前
株式会社フォーバル
仕訳システム
25日前
株式会社イトーキ
分析装置
17日前
株式会社カネカ
異常推定システム
25日前
中国電力株式会社
ゲームシステム
1か月前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
4日前
株式会社カクシン
管理装置
1か月前
日本電気株式会社
勤務管理装置
12日前
日本信号株式会社
自転車貸出システム
7日前
小林クリエイト株式会社
あて先表示システム
13日前
個人
ブロックチェーンと既存網との接続方法
26日前
日本信号株式会社
駐車場システム
20日前
合同会社エリサ
発送システム
1か月前
個人
集配システムと保管システム
7日前
個人
防災訓練オフ会
14日前
トヨタ自動車株式会社
サーバ装置
13日前
NVデバイス株式会社
視線検出システム
25日前
日本電気株式会社
端末及び認証システム
7日前
NISSHA株式会社
指装着型コントローラー
12日前
続きを見る