TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023181952
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-12-25
出願番号2022106643
出願日2022-06-13
発明の名称郵便料金早見表
出願人個人
代理人
主分類G06C 3/00 20060101AFI20231218BHJP(計算;計数)
要約【課題】簡単な作業で郵便物の料金を調べるための雛型シートを提供する。
【解決手段】封筒を本発明のシートに当てることによって封筒名とサイズを全く意識することなく簡単に定形郵便・定形外(規格内)郵便・定形外(規格外)郵便を判断することが出来、どの重量課金基本料金換算規定に該当するかを一見して判断することが出来る。
本発明のシートにはいろいろな種類の封筒サイズの枠1、2、3、7が現わされているため封筒名8も同時に確認できる。封筒の残量が少なかった場合などは、この段階でどの規格の封筒を発注すればよいか判断でき在庫切れに付いての懸念がなくなる。また厚みを計るための矩形の開口部5があり指定の厚さ内に収まっているかを判断できる仕様になっている事により計測不良による追い金も無くすことが出来る。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
一枚の矩形シートの表面に、
左下を基準とする1(第1の枠)である定形内郵便物における最大辺と、
左下を基準とする2(第2の枠)である定形外(規格内)郵便物における最大辺とを強調した太線で現わしているものであって、
左下を基準とする3(第三の枠)である定形外(規格外)郵便物における短編の2倍が長辺を超えない規格様式の最大辺が、前記矩形シートの2辺と一致するよう構成した郵便料金早見表。
続きを表示(約 390 文字)【請求項2】
前記第1の枠と前記第2の枠と前記第3の枠に、重さに対応する郵便料金が現わされていることを特徴とする請求項1記載の郵便料金早見表。
【請求項3】
前記第1の枠内に定形郵便で(取り扱える厚さ1cm)×14.2cmの矩形の開口領域と、
前記第2の枠内に定形外(規格内)郵便で(取り扱える厚さ3cm)×24cmの矩形の開口領域とが設けられていることを特徴とする請求項1記載の郵便料金早見表。
【請求項4】
前記第1の枠と前記第2の枠と前記第3の枠には、それぞれの枠内に収まる封筒サイズの外形と封筒名が現わされている事を特徴とする請求項1記載の郵便料金早見表。
【請求項5】
前記矩形シートの裏面には、封筒の名称とサイズと主要用途と規格名の表が記載されていることを特徴とする請求項1記載の郵便料金早見表。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、郵便料金を簡単に即座に把握できるように工夫されたシートに関するものである。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
実情では郵便物の料金を一瞬で判断することは非常に難しく、殆どの人が料金不足を指定されて不足分を追金するか、若しくは先様への失礼にならないように多めに切手を貼ると言うような配慮をした経験がある。これは郵便物のサイズ・重さ・厚さを正確に計測する必要があるにも関わらず、計測に関するガイドシステムが料金表しかないと言う所に問題がある。個人任せの独自換算になっている現行を鑑みれば、一般のご家庭におられる小さな子供達や年老いた祖父母、体に不自由を抱えられている障害者の方々などは、特に郵便料金の換算を他者に依存しておられるのではないかと推察する。郵便物はその都度大きさが違うことも多いために非常に気を使う。よって郵便局員の方や他者の力を借りながら、いくつかの選択枠の中から間違えない方法見つけて選択している。このような配慮をしているにもかかわらず過不足額が発生すると言う実情を鑑みると、郵便料金換算のための一連のガイドシステムが無いと言う不具合が浮き彫りとなってくる。
【0003】
また、多くの切手を貼っているにもかかわらず返金されない現状は不可解であり、金銭にまつわる社会的行為が曖昧になっていることは、より良い社会を作るうえでの怠惰としか言いようがない様に思われる。社会的弱者は守られず、また現行の手続きを変えることが出来ないのであれば、間違わないで取り組める仕組みを考え、提供し、より良い社会を作っていく必要がある。
【0004】
郵便物の料金を簡単な作業で相違なく調べると言う課題の解決に向けた技術は、例えば実用新案文献1(以下文献1)に開示されている。
この考案は、図1図2に挙げるように台紙にターンテーブルを組付け重量の表示の所までターンテーブルを回して、応じた料金が開口領域から確認できるというものである。その他、郵便普通小包、保冷小包、速達郵便など、多岐にわたり計測できるよう考案がなされている。
TIFF
2023181952000002.tif
79
158
【0005】
文献1は完成度が高いため業務用としての産業上利用可能性が大きい。個人用として広く一般家庭に使用されていない実情を考察するに当たり「一見すると難しそうに見える」と言う外形にあり、本来は簡単である操作を難解だと誤解させている不具合がある。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
【実用新案文献1】
【】
実用新案登録番号 第3050544号公報
(段落番号0001~0003)
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
本発明が解決しようとする課題を説明する。
封筒のサイズがわからない場合、まずはサイズを測り定型郵便物か定形外(規格内)郵便物か定形外(規格外)郵便物かを見分け、次にサイズに基づいた重量課金の項目を参照しながら重さを計り、厚さについては多分大丈夫だろうと言う目分量に基づいて、先様に失礼のないようにと多めの切手を貼り付けて差し出す。このような郵便料金に関する不確実な一連の不具合は誰の人生にも一度や二度あったのではないかと考察する。
【0008】
また、金銭にまつわる社会的行為が曖昧で相違が出るということや、返金がなく自己責任と扱われることについては不備が出ない方向に改善したいと考える。よって郵便物の適正料金を、万が一社会的弱者である一般家庭における子供達等が取り組んだ場合においても簡単な作業で調べることが出来て、金額の差異が出ない画期的なアイデアと仕組みを提供する。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明は前記課題を解決するために構成されたもので、封筒を本発明のシートに当てることによって封筒名とサイズを全く意識することなく簡単に定形郵便・定形外(規格内)郵便・定形外(規格外)郵便を判断することが出来る郵便料金早見表であって、どの重量課金基本料金換算規定に該当するかを一見して理解することが出来る画期的な発明である。
【0010】
重量課金の基本料金換算規定範囲は現在3種類しかなく定形内郵便・定形外(規格内)郵便・定形外(規格外)郵便である。本発明のシートには封筒サイズの枠が現わされているため目的の封筒がどの規格に当てはまるかを合わせることによって識別でき、どちらの重量課金基本料金規定に当てはまるかを瞬時に判断できる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
乗降調査装置
6日前
個人
自動販売機
13日前
個人
リユース統合システム
26日前
日本精機株式会社
投影装置
6日前
日本精機株式会社
投影システム
7日前
個人
チラシ掲載位置表示システム
24日前
株式会社SUBARU
車両
14日前
小林クリエイト株式会社
RFタグ
13日前
株式会社協同印刷
防災・災害マウス
19日前
17LIVE株式会社
サーバ
6日前
太陽誘電株式会社
触覚生成装置
17日前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
5日前
株式会社カネカ
異常推定システム
25日前
株式会社フォーバル
仕訳システム
25日前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
4日前
株式会社イトーキ
分析装置
17日前
日本信号株式会社
自転車貸出システム
7日前
小林クリエイト株式会社
あて先表示システム
13日前
日本電気株式会社
勤務管理装置
12日前
個人
ブロックチェーンと既存網との接続方法
26日前
個人
集配システムと保管システム
7日前
日本電気株式会社
端末及び認証システム
7日前
トヨタ自動車株式会社
燃料購入システム
4日前
個人
防災訓練オフ会
14日前
NISSHA株式会社
指装着型コントローラー
12日前
株式会社日立製作所
演算装置
26日前
トヨタ自動車株式会社
サーバ装置
13日前
日本信号株式会社
駐車場システム
20日前
トヨタ自動車株式会社
燃料購入システム
4日前
日本信号株式会社
所持物検査装置
11日前
NVデバイス株式会社
視線検出システム
25日前
三浦工業株式会社
部品管理システム
20日前
大王製紙株式会社
情報読取システム
14日前
個人
インターネットとセキュリティに関する発明
24日前
大王製紙株式会社
情報読取システム
14日前
日本放送協会
表示端末、プログラム
26日前
続きを見る