TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2023181571
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-12-25
出願番号2022094778
出願日2022-06-13
発明の名称荷物台
出願人株式会社リアル
代理人個人
主分類B60P 1/00 20060101AFI20231218BHJP(車両一般)
要約【課題】 簡単に、荷物を載置し、取り出すことができ、簡単に設置できる荷物台の提供。
【解決手段】 荷物台100は、下板部110、上板部130、及び、固定部150を有している。上板部130は、3つの単位上板部131を有している。上板部130の各単位上板部131は、下板部110に対して移動できる。単位上板部131の上には、荷物が配置される。使用者は、荷物を載置し、取り出しやすい位置に単位上板部131を移動させることによって、容易に荷物を載置し、取り出しできる。
【選択図】 図1
特許請求の範囲【請求項1】
上板部、及び、下板部を有する荷物台であって、
前記下板部は、
前記上板部の移動方向に沿って配置される下板係合部、
を有し、
前記上板部は、
前記下板係合部に係合する上板係合部、
を有する荷物台。
続きを表示(約 510 文字)【請求項2】
請求項1に係る荷物台において、
前記下板部は、
板形状を有する単位下板部を、複数、有し、
前記上板部は、
前記単位下板部に対応し、板形状を有する単位上板部を、複数、有すること、
を特徴とする荷物台。
【請求項3】
請求項2に係る荷物台において、
前記下板係合部は、
前記単位上板部が所定の第1方向に移動できる第1の下板係合部、及び、前記第1方向に交差する第2方向に移動できる第2の下板係合部を有し、
前記単位下板部は、
前記第1の下板係合部、及び、前記第2の下板係合部を有する第1の単位下板部、
前記第1の下板係合部のみを有する第2の単位下板部、
を有すること、
を特徴とする荷物台。
【請求項4】
請求項2に係る荷物台において、
前記下板係合部は、
溝形状を有すること、
を特徴とする荷物台。
【請求項5】
請求項4に係る荷物台において、
前記上板係合部は、
球状のローラ部を有すること、
を特徴とする荷物台。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、荷物台に関し、特に、簡単に、荷物を載置し、取り出すことができ、簡単に設置できるものに関する。
続きを表示(約 1,300 文字)【0002】
従来の荷物台について、図19、図20に示す貨物車両(単に、車両という)1の箱型の荷室本体2に設置される荷物移動装置5を用いて説明する。図19示すように、荷室本体2のフロア2fには、荷室の奥部(前半部が相当する)に収容した荷物を後方の荷物出し入れ口2bへ移動させるための4台の荷物移動装置5が左右方向に並設されている。図20Aに示すように、荷物移動装置5は、レール6とスライダ7とリンク10と荷物載置台13とケーブル17(図20B参照)とを備えている。レール6は、荷室本体の奥側から荷物出し入れ口に向かって延びる。スライダ7は、レール6内にスライド可能に配置される。図20Bに示すように、リンク10は、スライダ7に対し傾斜姿勢と起立姿勢との間で回動可能に設けられる。荷物載置台13は、リンク10が傾斜姿勢のときは下動し、リンク10が起立姿勢のときは上動する。引張り手段17は、スライダ7を荷物出し入れ口側に引張る。当接部14は、荷物載置台13と荷物との相対移動を規制する。これにより、荷室本体内に収容された荷物の移動に要する労力を軽減するとともに作業工数を削減することのできる(以上、特許文献1参照)。
【0003】
特開2002-154367号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
前述の荷物台には、以下に示すような改善すべき点がある。従来の荷物台では、荷室本体2にレール6を設置する必要があり、手間とコストがかかり、簡単に設置できない、という改善すべき点がある。また、レール6の荷室本体2のフロア2fに設置するため、設置した場所でしか使用できない、とうい改善すべき点がある。
【0005】
さらに、荷室本体2にレール6を設置する必要があり、フロア2fが平坦でなくなるため、荷物を自由に配置しにくい、という改善すべき点がある。さらに、レール6、スライダ7、リンク10、荷物載置台13、ケーブル17からなる荷物移動装置5を車両に設置するため、車両が重くなり、燃費が悪くなる、という改善すべき点がある。
【0006】
そこで、本発明では、簡単に、荷物を載置し、取り出すことができ、簡単に設置できる荷物台の提供を目的とする。
【発明の効果】
【0007】
本発明における課題を解決するための手段、及び、発明の効果を以下に示す。
【0008】
本発明に係る荷物台は、上板部、及び、下板部を有する荷物台であって、前記下板部は、前記上板部の移動方向に沿って配置される下板係合部、を有し、前記上板部は、前記下板係合部に係合する上板係合部、を有する。
【0009】
これにより、使用者の近くに上板部を移動させることによって、容易に、荷物を載置し、取り出すことができる。つまり、効率よく荷物を載置し、取り出すことができる。また、荷物の載置、取り出しに要する労力を低減できる。
【0010】
本発明に係る荷物台では、前記下板部は、板形状を有する単位下板部を、複数、有し、前記上板部は、前記下板部に対応し、板形状を有する単位上板部を、複数、有すること、を特徴とする。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
スーパーEV
1か月前
個人
揺動照射照明装置
3か月前
個人
自動車暴走抑制装置
5日前
個人
脱輪防止装置
4か月前
株式会社コーワ
清掃装置
2か月前
日本精機株式会社
表示装置
3か月前
日本精機株式会社
表示装置
3か月前
日本精機株式会社
表示装置
2か月前
日本精機株式会社
表示装置
4か月前
株式会社リアル
荷物台
4か月前
東レ株式会社
フロントグリル
5日前
個人
ワイパーアームリフト装置
3か月前
個人
断熱構造体とその製造方法
2か月前
日本精機株式会社
表示システム
3か月前
株式会社SUBARU
車両
2か月前
井関農機株式会社
作業車両
4か月前
井関農機株式会社
作業車両
2か月前
井関農機株式会社
作業車両
2か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
1か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
2か月前
井関農機株式会社
作業車両
21日前
オクト産業株式会社
自動車
28日前
日本精機株式会社
車両用表示装置
4か月前
井関農機株式会社
作業車両
21日前
日本精機株式会社
車両用表示装置
1か月前
株式会社SUBARU
車両
2か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
株式会社SUBARU
車両
3か月前
株式会社SUBARU
車両
15日前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
株式会社SUBARU
車両
15日前
井関農機株式会社
作業車両
3か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
25日前
株式会社SUBARU
車両
15日前
続きを見る