TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2023179275
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-12-19
出願番号2022092514
出願日2022-06-07
発明の名称撮像装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人,個人
主分類G03B 17/02 20210101AFI20231212BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】 ケーブルの抜け防止や配線方向の選択が可能なケーブルクランプを有する撮像装置を提供する。
【解決手段】 外部機器との接続端子と、着脱可能なケーブルクランプと、装置本体を把持するためのグリップベルトと、外部アクセサリを取り付けるためのアクセサリシューとを備える撮像装置であって、前記ケーブルクランプは、ケーブルを保持するためのケーブル保持部と、前記ケーブルクランプを前記グリップベルトに取り付けるための第一の装着部と、前記ケーブルクランプを前記アクセサリシューに取り付けるための第二の装着部とを有する。
【選択図】 図1
特許請求の範囲【請求項1】
外部機器との接続端子と、着脱可能なケーブルクランプと、装置本体を把持するためのグリップベルトと、外部アクセサリを取り付けるためのアクセサリシューとを備える撮像装置であって、
前記ケーブルクランプは、ケーブルを保持するためのケーブル保持部と、前記ケーブルクランプを前記グリップベルトに取り付けるための第一の装着部と、前記ケーブルクランプを前記アクセサリシューに取り付けるための第二の装着部とを有することを特徴とする撮像装置。
続きを表示(約 220 文字)【請求項2】
前記撮像装置に対して前記ケーブルクランプを着脱する方向と、前記ケーブル保持部において前記ケーブルを着脱する方向とは略同じ方向であることを特徴とする請求項1に記載の撮像装置。
【請求項3】
前記撮像装置は、さらに外部アクセサリを取り付けるためのビス締結部を備え、
前記ケーブルクランプは、前記ケーブルクランプを前記ビス締結部に取り付けるための第三の装着部を有することを特徴とする請求項1に記載の撮像装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、撮像装置に関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
従来、様々な目的で電子機器同士を電気的に接続して機能拡張することは一般的である。
【0003】
電子機器間の接続としてケーブルを用いる場合、ケーブルが機器操作の妨げになる場合や、不意な引っ張りによる抜け防止を行うために、ケーブルを保持する構造部品としてケーブルクランプが広く知られている。
【0004】
電子機器と電子機器を様々な組み合わせで接続するため、その組み合わせに合わせて着脱が可能なケーブルクランプが必要となってくる。特許文献1に記載されているように、従来のケーブルクランプには、複数の装着部を有する構成を施したものがある。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2017-117856号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、上記従来例では装着部は複数あるものの、取り付け形状は一種類のみであり、ケーブルの抜け防止や配線の方向が制限されるといった問題点があった。
【0007】
本発明は、複数の取り付け形状を設けることで、電子機器と電子機器の組み合わせに効果的に対応した、ケーブルの抜け防止や配線方向の選択が可能なケーブルクランプを有する撮像装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明の撮像装置は、外部機器との接続端子と、着脱可能なケーブルクランプと、装置本体を把持するためのグリップベルトと、外部アクセサリを取り付けるためのアクセサリシューとを備える撮像装置であって、前記ケーブルクランプは、ケーブルを保持するためのケーブル保持部と、前記ケーブルクランプを前記グリップベルトに取り付けるための第一の装着部と、前記ケーブルクランプを前記アクセサリシューに取り付けるための第二の装着部とを有することを特徴とする。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、ケーブルの抜け防止や配線方向の選択が可能なケーブルクランプを有する撮像装置を提供することが出来る。
【図面の簡単な説明】
【0010】
ケーブルクランプ500の外観斜視図。
ケーブルクランプ500の側面図。
ケーブルクランプ500の側面図。
撮像装置本体100の外観斜視図。
撮像装置本体100の外観斜視図。
撮像装置本体100の側面図。
第1の実施形態を表す図。
第1の実施形態を表す図。
第2の実施形態を表す図。
第2の実施形態を表す図。
第3の実施形態を表す図。
第3の実施形態を表す図。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

シャープ株式会社
電気機器
1か月前
シャープ株式会社
電気機器
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
11日前
株式会社リコー
画像形成装置
4日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
17日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
26日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
26日前
三菱製紙株式会社
感光性樹脂組成物
26日前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
6日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
19日前
キヤノン株式会社
トナー
6日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
20日前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
20日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
20日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
20日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
20日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
続きを見る