TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023176271
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-12-13
出願番号2022088458
出願日2022-05-31
発明の名称表示装置
出願人日本精機株式会社
代理人
主分類B60R 11/02 20060101AFI20231206BHJP(車両一般)
要約【課題】 車両の状況を車外の人物に容易に報知することができる表示装置を提供する。
【解決手段】 画像を表示する表示部2と、車両Cの外部の人物を撮影し前記画像を取得する撮像部52と、を備え、前記表示部2が前記車両Cの外装面C2aに配置され、前記撮像部52は前記表示部2の上方に位置し、前記表示部2は表示パネル2を有し、前記表示部2はモノクロ仕様TFTであり、前記表示部2の前面側に前記外装面C2aとなる保護パネル12を有し、前記表示部2と前記保護パネル12との間に緩衝部材により隙間が設けられる。
【選択図】 図3
特許請求の範囲【請求項1】
画像を表示する表示部と、
車両の外部の人物を撮影し前記画像を取得する撮像部と、を備え、
前記表示部が前記車両の外装面に配置され、
前記撮像部は前記表示部の上方に位置することを特徴とする表示装置。
続きを表示(約 650 文字)【請求項2】
前記表示部はモノクロ仕様TFTであることを特徴とする請求項1に記載の表示装置。
【請求項3】
前記表示部の前面側に前記外装面となる保護パネルを有し、
前記表示部と前記保護パネルとの間に緩衝部材により隙間が設けられることを特徴とする請求項1に記載の表示装置。
【請求項4】
前記外装面は前記車両の運転席と前記運転席の後ろの後部座席との間であることを特徴とする請求項1に記載の表示装置。
【請求項5】
前記外装面は前記車両の左右のBピラー部に設けられることを特徴とする請求項4に記載の表示装置。
【請求項6】
前記表示部は画像表示部と、インジケータ表示部と、を有し、
前記画像表示部は前記インジケータ表示部より前記撮像部側に位置することを特徴とする請求項1に記載の表示装置。
【請求項7】
前記画像表示部は前記画像を表示し、
前記インジケータ表示部は前記車両はドアの施錠・開錠状況を報知することを特徴とする請求項6に記載の表示装置。
【請求項8】
前記車両の運転を許可した運転手登録画像と、前記車両の運転を許可しない乗員登録画像と、を有し、
前記運転手登録画像と同じ画像が前記撮像部で撮影されると、全てのドアが開錠され、
前記乗員登録画像と同じ画像が前記撮像部で撮影されると、運転席のドア以外のドアが開錠されることを特徴とする請求項7に記載の表示装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、表示装置に関するものであり、特に、車両に搭載する表示装置に関するものである。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
従来、車両の外部に搭載される撮像部で車外の人物及びその動作を撮影し、その認識結果に基づき車両のドアの施錠・開錠を行うシステムが特許文献1に開示される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2021-188295号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、ドアの施錠・開錠状況等の車両の状況を車外の人物に分かり易く表示することができないといった問題点があった。
【0005】
そこで本発明は、上記問題点に鑑みてなされたものであり、車両の状況を車外の人物に容易に報知することができる表示装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明は、画像を表示する表示部2と、車両Cの外部の人物を撮影し前記画像を取得する撮像部52と、を備え、前記表示部2が前記車両Cの外装面C2aに配置され、前記撮像部52は前記表示部2の上方に位置することを特徴とする。
【図面の簡単な説明】
【0007】
本開示の表示装置の車両の搭載位置示す外観図。
本開示の表示装置の表示例を示す図。
本開示の表示装置の第1の実施形態における図2のA-A線に沿った断面図。
本開示の表示装置の第2の実施形態における図2のA-A線に沿った断面図。
本開示の表示装置の第3の実施形態における図2のA-A線に沿った断面図。
【発明を実施するための形態】
【0008】
以下、添付の図面に基づいて、本開示の表示装置の実施形態を自動車である表示装置を用いて説明する。本開示は、車両用の表示装置に関し、例えば、自動車や農業機械や建設機械を備えた移動体に搭載される車両用の表示装置に適用することができる。
【0009】
尚、以下では、表示装置の構成の理解を容易にするために、各図に示すように、車両Cについては、進行方向を前(Fr.)、その反対側を後(Re.)とし、上下方向(図のTo.、Bo.)は車両の天地方向に対応する。また、左右方向(図のL、R)は車両の右左折方向に対応する。
【0010】
また、各図に示すように、表示装置100については、進行方向を前(Fr.)、その反対側を後(Re.)とし、上下方向(図のTo.、Bo.)は車両の天地方向に対応する。また、左右方向(図のL、R)は車両の左右折方向に対応する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日本精機株式会社
空気除菌装置
今日
日本精機株式会社
ヘッドアップディスプレイ装置
5日前
個人
スーパーEV
1か月前
個人
自動車暴走抑制装置
5日前
日本精機株式会社
表示装置
2か月前
東レ株式会社
フロントグリル
5日前
個人
断熱構造体とその製造方法
2か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
株式会社SUBARU
車両
15日前
井関農機株式会社
作業車両
2か月前
オクト産業株式会社
自動車
28日前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
株式会社SUBARU
車両
2か月前
株式会社SUBARU
車両
2か月前
株式会社SUBARU
車両
15日前
株式会社SUBARU
車両
15日前
井関農機株式会社
作業車両
21日前
トヨタ自動車株式会社
車両
25日前
トヨタ自動車株式会社
車両
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
21日前
トヨタ自動車株式会社
車両
1か月前
日本精機株式会社
車両用表示装置
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
新明和工業株式会社
荷箱の天蓋装置
12日前
日本化薬株式会社
ガス発生器
1か月前
カヤバ株式会社
シリンダ装置
15日前
新明和工業株式会社
作業車両
1か月前
ダイハツ工業株式会社
搬送装置
今日
豊田合成株式会社
乗員保護装置
1か月前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
1か月前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
1か月前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
1か月前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
1か月前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
1か月前
株式会社アイシン
給気装置
5日前
デルタ工業株式会社
シート
6日前
続きを見る