TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2023174859
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-12-08
出願番号2023179005,2019159463
出願日2023-10-17,2019-09-02
発明の名称情報処理装置、情報処理システム及び情報処理プログラム
出願人株式会社MIXI
代理人
主分類G06Q 20/10 20120101AFI20231201BHJP(計算;計数)
要約【課題】グループに属する個人のグループ決済アカウントへの入金額と、グループ決済アカウントの決済に対する各個人の負担金額を管理することが可能な情報処理装置、システム及びプログラムを提供する。
【解決手段】情報処理システム1の情報処理装置100は、その機能として、グループ決済アカウント及びグループに属するユーザの管理を行う管理部131と、グループ決済アカウントへの入金情報を、グループ決済アカウントにおける当該ユーザの割当情報として登録する割当情報登録部132と、グループ決済アカウントを対象とした決済が行われた決済情報を、設定された所定の割合に基づき、グループに属するユーザの割当情報に割り当てて、それぞれのユーザの割当情報の金額から決済金額を差し引いて更新する更新処理部133と、を備える。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
複数のユーザから構成されるグループの決済用に付与されるグループ決済アカウントを管理する管理部と、
前記複数のユーザのうちの一のユーザから受け付けた前記グループ決済アカウントへの入金情報の金額を前記グループ決済アカウントへ登録し、前記グループ決済アカウントにおける前記一のユーザの割当情報へ登録する割当情報登録部と、
前記グループ決済アカウントを対象とした決済処理の際に、決済情報を、設定された所定の割合に基づいて前記複数のユーザに係る前記割当情報にそれぞれ更新する更新処理部と、を備える情報処理装置。
続きを表示(約 1,600 文字)【請求項2】
前記グループ決済アカウントを対象とした前記複数のユーザの決済に使用可能であり、前記複数のユーザを識別するユニークIDが発行され、
前記割当情報登録部は、前記複数のユーザの割当情報に紐づけて前記ユニークIDを登録する、請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項3】
前記更新処理部は、前記ユニークIDにより決済が行われると、前記ユニークIDによる決済情報から一のユーザを特定し、前記グループ決済アカウントを対象とした決済処理として前記複数のユーザに係る前記割当情報にそれぞれ更新する、請求項2に記載の情報処理装置。
【請求項4】
前記管理部は、前記複数のユーザのうちの一のユーザからの指示により、前記グループ決済アカウントを決済に使用する権限、前記グループ決済アカウントの使用可能金額、前記グループ決済アカウントを使用可能な使用目的、のうちの1つまたは複数を他のユーザへ設定する、請求項1から請求項3のいずれか1項に記載の情報処理装置。
【請求項5】
前記管理部は、前記複数のユーザのうちの一のユーザによる前記グループからの脱退の情報を登録し、前記一のユーザの前記割当情報の入金額を前記一のユーザへ返還する返還情報を登録する、請求項1から請求項4のいずれか1項に記載の情報処理装置。
【請求項6】
前記更新処理部は、前記グループ決済アカウントを対象とした決済情報を前記割当情報に更新する際、前記割当情報の更新金額が前記複数のユーザのうちの一部のユーザに係る前記割当情報の残高より多い場合、前記複数のユーザのうちの他のユーザに係る前記割当情報の中で再配分して更新する、請求項1から請求項5のいずれか1項に記載の情報処理装置。
【請求項7】
前記更新処理部は、前記グループ決済アカウントを対象とした決済情報を前記割当情報に更新する際、前記割当情報の更新金額が前記複数のユーザのうちの一部のユーザに係る前記割当情報の残高より多い場合、前記グループ決済アカウントを対象とした決済処理を中止する、請求項1から請求項5のいずれか1項に記載の情報処理装置。
【請求項8】
前記更新処理部は、前記グループ決済アカウントを対象とした決済情報を前記割当情報に更新する際、前記決済情報に係る金額を略均等に割り当て、前記複数の前記割当情報にそれぞれ更新する、請求項1から請求項7のいずれか1項に記載の情報処理装置。
【請求項9】
前記更新処理部は、前記グループ決済アカウントを対象とした決済情報を前記割当情報に更新する際、前記複数の前記割当情報の残高の割合に基づき、前記決済情報に係る金額を前記複数の前記割当情報へ割り当ててそれぞれ更新する、請求項1から請求項7のいずれか1項に記載の情報処理装置。
【請求項10】
情報処理装置と、前記情報処理装置に対する操作を行う情報処理端末と、を備える情報処理システムであって、
前記情報処理装置は、
複数のユーザから構成されるグループの決済用に付与されるグループ決済アカウントを管理する管理部と、
前記複数のユーザのうちの一のユーザから受け付けた、前記グループ決済アカウントへの入金情報の金額を前記グループ決済アカウントへ登録し、前記グループ決済アカウントにおける前記一のユーザの割当情報へ登録する割当情報登録部と、
前記グループ決済アカウントを対象とした決済処理の際に、決済情報を、設定された所定の割合に基づいて前記複数のユーザに係る前記割当情報にそれぞれ更新する更新処理部と、を備え、
前記情報処理端末は、
前記グループ決済アカウントを使用して各種決済を行い、前記決済情報を前記情報処理装置へ送信する更新情報送信部を備える、情報処理システム。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、情報処理装置、情報処理システム及び情報処理プログラムに関する。
続きを表示(約 2,200 文字)【背景技術】
【0002】
近年、電子マネーの普及により、各種決済の際に電子マネーが用いられている。このような電子マネーの一例として、電子マネーのアカウントに対して、現金やクレジットカードから金銭と同等の価値をチャージすることで使用可能となる、いわゆるプリペイド型がある。
【0003】
このような電子マネーに対するチャージを容易にする技術として、例えば、クレジット登録されている親携帯と、この親携帯に紐づく子携帯とをファミリー登録し、親携帯のクレジットカードから子携帯へのチャージを容易にする電子マネーサーバが知られている(例えば、特許文献1参照)。特許文献1に開示されている電子マネーサーバは、例えば親に扶養されている子供のように、クレジットカードを所有できないユーザが親のクレジットカードからチャージすることを容易にするものである。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2008-269062号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ところで、各種決済を行う主体として、個人による決済だけではなく、団体による決済もある。団体による決済を行う場合、現金による決済の場合は特に問題にはならないが、電子マネーによる決済の場合、団体名義で電子マネーのアカウントの発行を受ける必要がある。団体名義で電子マネーのアカウントを発行するには、例えば、法人カードに付与された電子マネーの機能を使用することで可能である。しかし、法人登記されていない、例えば複数の任意の個人が属するサークルや任意団体のようなグループでは使用できない状況である。そのため、法人のような団体だけではなく、複数の任意の個人が属するサークルのようなグループであっても、グループによる決済が可能な電子マネーが望まれていた。
【0006】
また、このようなグループによる決済は、属する各個人が出資して決済を行うことが多い。そのため、グループによる決済が可能な電子マネーにおいて、属する各個人の電子マネーのアカウントから入金することが可能であり、この電子マネーで決済が行われた場合に各個人の負担金額を管理することが可能な電子マネーが望まれていた。しかし、特許文献1に記載の電子マネーは、所定の個人のクレジットカードから他のアカウントへのチャージを容易にするものであり、上記のようなグループに属する各個人からのチャージには対応できないものであった。
【0007】
そこで、本開示では、グループに属する個人のグループ決済アカウントへの入金額と、グループ決済アカウントの決済に対する各個人の負担金額を管理することが可能な情報処理装置、情報処理システム及び情報処理プログラムについて説明する。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本開示の一態様における情報処理装置は、複数のユーザから構成されるグループの決済用に付与されるグループ決済アカウントを管理する管理部と、複数のユーザのうちの一のユーザから受け付けたグループ決済アカウントへの入金情報の金額をグループ決済アカウントへ登録し、グループ決済アカウントにおける一のユーザの割当情報へ登録する割当情報登録部と、グループ決済アカウントを対象とした決済処理の際に、決済情報を、設定された所定の割合に基づいて複数のユーザに係る割当情報にそれぞれ更新する更新処理部と、を備える。
【発明の効果】
【0009】
本開示によれば、グループに属する個人のグループ決済アカウントへの入金額と、グループ決済アカウントの決済に対する各個人の負担金額を管理することが可能である。
【図面の簡単な説明】
【0010】
本開示の一実施形態に係る情報処理システムを示すブロック構成図である。
図1の情報処理装置100を示す機能ブロック構成図である。
図1の情報処理端末200を示す機能ブロック構成図である。
図1の情報処理システム1における割当情報登録処理の動作を示すフローチ ャートである。
図4のステップS102における割当情報登録の例を示す模式図である。
図1の情報処理システム1における更新処理の動作を示すフローチャートで ある。
図6のステップS201における決済を行うためのクレジット情報の例を示 す模式図である。
図6のステップS202における決済割当額決定の例を示す模式図である。
図6のステップS202における決済割当額決定の他の例を示す模式図であ る。
図6のステップS202における決済割当額決定の他の例を示す模式図で ある。
図10の残高不足の場合における、図6のステップS202における決済 割当額決定の例を示す模式図である。
図10の残高不足の場合における、図6のステップS202における決済 割当額決定の他の例を示す模式図である。
図1の情報処理システム1におけるユーザ脱退処理の例を示す模式図であ る。
本開示の一実施形態に係るコンピュータ700を示す機能ブロック構成図 である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
GPSロガー
26日前
個人
自国主食備蓄目的飛行機
21日前
学校法人東京農業大学
評価方法
18日前
個人
7の倍数の判別用具
26日前
花王株式会社
肌状態推定方法
18日前
個人
収納管理システム
18日前
個人
イチゴ狩り管理システム
1か月前
株式会社ワコム
電子ペン
13日前
個人
災害復旧対応管理システム
1か月前
株式会社mov
情報処理装置
18日前
オムロン株式会社
操作制御システム
26日前
オムロン株式会社
操作制御システム
26日前
ユビ電株式会社
情報処理装置
4日前
17LIVE株式会社
サーバ及び方法
1か月前
個人
契約支援システム及びプログラム
8日前
ノヅック株式会社
調達代行依頼システム
5日前
アズビル株式会社
アドレス識別システム
1か月前
ノヅック株式会社
調達部門評価システム
5日前
株式会社九門
避難安全性能評価システム
4日前
cynaps株式会社
換気制御システム
1か月前
小林クリエイト株式会社
アンテナ監視システム
1か月前
株式会社野村総合研究所
ポイントシステム
6日前
富士通株式会社
監視装置及び冷却システム
1か月前
株式会社セガ
プログラム及び情報処理装置
1か月前
日本信号株式会社
割引認証システム
1か月前
個人
取引システム、取引方法及び取引プログラム
27日前
NGB株式会社
評価装置
8日前
コベルコ建機株式会社
作業管理装置
18日前
トヨタ自動車株式会社
情報処理装置
1か月前
トヨタ自動車株式会社
給電システム
20日前
東洋アルミニウム株式会社
混雑状況計測システム
1か月前
株式会社デンソーウェーブ
決済端末
1か月前
第一工業株式会社
携帯情報機器用スタンド
26日前
第一工業株式会社
携帯情報機器用スタンド
26日前
株式会社ユピテル
情報処理装置及びプログラム等
26日前
AICRO株式会社
個人情報匿名化システム
26日前
続きを見る