TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023166945
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-11-22
出願番号2022086430
出願日2022-05-10
発明の名称外れ難い義歯の製造方法
出願人個人
代理人
主分類A61C 13/225 20060101AFI20231115BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】 義歯が合わない問題を解決することは容易ではないが、せっかく作った義歯が長く患者に合うようにしたい。
【解決手段】 コンピュータを用いて、口腔内での歯茎の非破壊検査から将来的に沈み込む部位の3Dマッピングを行い(工程S4)、印象採得から咬合採得を経て義歯を作り(工程S1)、義歯を口腔外でスキャンした3Dデータに非破壊検査から得た3Dデータを加味して義歯設計を行い(工程S2)、3Dプリンタで3D造形を行って外れ難い全部床義歯1を得る(工程S3)。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
患者の歯茎の非破壊検査を行って将来的に沈み込む部位の3Dマッピングを行い、このデータを義歯製造に反映させて、将来的に沈み込んだ状態の歯茎に適合する義歯を得ることを特徴とする、外れ難い義歯の製造方法。
続きを表示(約 180 文字)【請求項2】
前記義歯製造がデジタルデンチャーに係るものである請求項1に記載の外れ難い義歯の製造方法。
【請求項3】
前記義歯製造がデジタルコピーデンチャーに係るものである請求項1に記載の外れ難い義歯の製造方法。
【請求項4】
前記義歯製造に3Dプリンタを用いる請求項2または請求項3に記載の外れ難い義歯の製造方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
この発明は、歯茎の非破壊検査データを加味することによって外れに難くなるようにした、全く新しい義歯の製造方法に関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
義歯補綴の分野に於いて義歯殊に全部床義歯を作るために、いわゆる個人トレー・咬合床法や動的機能印象法と言った、既製のトレーで既形の印象を取り既形の石膏模型を作ることから始める標準的な義歯製造方法が長年に亘って行われて来た。これに対して近年、デジタルデンチャー(Digital Denture)や3Dデンチャー(3 Dimensional Denture)などと呼ばれる義歯製造方法が新たに登場して来た。これは印象採得と咬合採得を経て得られる義歯を口腔外でスキャンして得た3Dデータをコンピュータで解析し、これに基づいて義歯設計を行い、3Dプリンタでの3D印刷や、レーザー積層造形での3D造形を行って完成品の義歯を製造すると言うものである。この製造方法の特長は、印象採得・咬合採得と装着・調整の2回の診療で済むために患者の負担が小さいことである。また歯科医師側にはデジタル技術の活用による正確・省力の恩恵がある。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
確かにデジタルデンチャーなどの新技術によれば、義歯の製造から患者への当初装着までは実に円滑に治療を進めることが出来る。しかしながら上述のような全部床義歯と言うものは新しく作ってもらったばかりの頃は良くフィットするものの、使っている内に次第にフィットしなくなるものである。モノを噛むとその加力によって、生身の歯茎や時には顎の骨までもが変形するからである。これにより義歯が合わないと言う悩みが直に生じて来る。すなわち義歯が次第にフィットしなくなったり外れ易くなると言う問題を解決することは依然として容易でないのである。
【0004】
しかしながらそうとばかりは言っておれない。現実に義歯が合わないと悩んでいる患者が大勢いるのである。従ってこのような問題を解決して、せっかく作った義歯が少しでも長く患者の口にフィットして外れ難いようにすることは出来ないだろうか、と言うのがこの発明の課題である。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記課題の解決の先立ち当発明者は、当初装着後の歯茎の変形が少なくなるようにすれば良い、そうすれば当初装着の状態のまま長くフィットし続けるに違いないと思考した。なおこのことは下顎用の義歯に付いても同様である。
【0006】
上記課題を解決すべく当発明者は、患者の歯茎の非破壊検査を行って将来的に沈み込む部位の3Dマッピングを行い、このデータを義歯製造に反映させて、将来的に沈み込んだ状態の歯茎に適合する義歯を得ることを特徴とする、義歯の製造方法を編み出した。
【0007】
非破壊検査と言えば元来は、配管内部の腐食の有無や、建造物の内部に潜むクラックやボイドなどの有害な傷を、打音、X線などの放射線や超音波の照射、等々により非破壊で検査することである。
【0008】
近年では果実に近赤外光を照射して果実を傷付けることなく熟度測定を行うことが可能になっている。またトモグラフ像の撮影によって果肉の状態を可視化したり果肉の全周をトモグラフィー(tomography)で数値化したりすることが出来る。特許第3062071号の発明はレーザードップラー法に係る。ちなみにこれ等とは対照的に、果実の硬度を測るマグネス・テイラー硬度計は破壊検査に分類し得る。
【0009】
このような技術を踏まえて当発明者は、例えば桃果を指で押すと果皮が沈むが、これは上述した義歯装着後の歯茎の変形に類似していることに思い至った。すなわち人体に無害な振動である超音波や近赤外光などを照射することにより歯茎全体の非破壊検査を行い、歯肉の沈み込む範囲を、データ化したり、可視化したりすれば、これを義歯製造に反映させることが出来ることに想到したのである。
【0010】
この反映させるとは、従来の義歯が未だ沈み込んではいない歯肉の外形に合わせて作られるのに対して、この発明の義歯では将来歯肉の沈み込む範囲を含めた外形を有するように設計することを言う。歯茎に於ける非破壊検査の目的は、歯茎の問題箇所を探ることにはなく、クッション性を有する歯肉の沈み込む部位や範囲を把握することにある。これにより将来歯肉の沈み込む範囲を、義歯の装着時に義歯によって沈み込ませ得るようにしてしまい、これ以上は沈み込み難いものとしたのである。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
帽子
4か月前
個人
X線用貼付剤
3か月前
個人
段差昇降装置
1か月前
個人
エアリフター
1か月前
個人
逆流防止用具
1か月前
個人
シミ皮膚改善剤
2か月前
個人
肩甲骨下制器具
3か月前
個人
鼻腔拡張具
1か月前
個人
アーシング青竹踏台
3か月前
個人
透析装置の洗浄方法
1か月前
株式会社コーセー
組成物
1か月前
個人
電動式孫の手
1か月前
個人
透析装置の洗浄方法
3か月前
個人
透析装置の洗浄方法
4か月前
株式会社東亜産業
温熱具
1か月前
株式会社ニデック
検眼装置
1か月前
個人
医療用チューブ保護具
2か月前
株式会社ダリヤ
毛髪化粧料
4か月前
株式会社ダリヤ
毛髪化粧料
4か月前
株式会社ファンケル
洗浄料
3か月前
株式会社コロナ
サウナ装置
2か月前
オンキヨー株式会社
聴診器
1か月前
個人
根管治療用のファイル
19日前
個人
弾性材一体コルセット
12日前
株式会社いうら
介助リフト
5日前
個人
座椅子型排泄介護装置
3か月前
株式会社ダリヤ
酸性染毛料
2か月前
個人
光脱毛器
2か月前
大正製薬株式会社
固形組成物
4日前
株式会社ニデック
OCT装置
1か月前
株式会社コーセー
油性化粧料
1か月前
株式会社ダリヤ
整髪料組成物
4か月前
オンキヨー株式会社
電子機器
1か月前
大正製薬株式会社
固形組成物
1か月前
大正製薬株式会社
外用組成物
2か月前
株式会社東洋新薬
皮膚外用剤
5日前
続きを見る