TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023164227
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-11-10
出願番号2022094741
出願日2022-04-28
発明の名称回転ペダル
出願人個人
代理人
主分類B60K 26/02 20060101AFI20231102BHJP(車両一般)
要約【課題】 ブレーキとアクセルの踏み間違いを防止する
【解決手段】本発明のペダルによるアクセル操作と公知のブレーキ操作時における足の動作が相い反んするので踏み間違いを防止する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
アクセルペタルが円形であり回転することを特徴とする自動車用制御装置である。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明はブレーキとアクセルの踏み間違い防止、装置に関する。
続きを表示(約 840 文字)【背景技術】
【0002】
車はクラッチとアクセルとブレーキ装置を有する又ブレーキとアクセルの車も公知である。
【0003】
上記の車においてブレーキとアクセルの踏み間違いによって事故が起きる
それにかんがみて多様な防止装置が考案されているが車の構造を大きく変える等の問題もあり普及には至って居ない。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2018-44545
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ブレーキとアクセル操作における足の動作が同様であり踏み間違いが生じる。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の回転ペダル(符1)はシヤフト(符3)を介して回転することを特徴とする。
【0007】
公知の車はアクセルとブレーキペダルは別途配置になっているがブレーキペダルとアクセルペダルを一体化しアクセルは回転角度によって制御しブレーキは押し下げることによって制御することも可能である。本出願の回転ペタルは円形であるが角形であっても制御は可能である。
【発明の効果】
【0008】
アクセルとブレーキ操作時の足の動作が相反するので踏み間違いを防止する
【図面の簡単な説明】
【0009】
側面図
平面図
支柱符号2の平面図
図2おけるA-A線断面
図2におけるB-B線断面
図3におけるC-C線断面
【発明を実施するための形態】
【0010】
ペダルは支柱(符2)に固定されておらずシヤフト(符3)を介して回転する回転させるには足の踵部(符6)を基点に足先を扇状(符7)に5~15度程右に振る事でペダルが回転する。そのためペダルは円形で回転するを特徴とする。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
自動車暴走抑制装置
今日
東レ株式会社
フロントグリル
今日
株式会社アイシン
給気装置
今日
デルタ工業株式会社
シート
1日前
株式会社SUBARU
車両用シート
2日前
株式会社SUBARU
衝突検知装置
2日前
日立建機株式会社
電動車両
7日前
日立建機株式会社
建設機械
7日前
トヨタ自動車株式会社
車両の制御装置
2日前
豊田合成株式会社
車両の外部構造
今日
矢崎総業株式会社
照明構造
今日
日立建機株式会社
電動運搬車両
今日
日立建機株式会社
電動作業車両
2日前
日本精機株式会社
ヘッドアップディスプレイ装置
2日前
株式会社エイワ
動力供給用筐体構造
今日
日本精機株式会社
ヘッドアップディスプレイ装置
今日
日立建機株式会社
ダンプトラック
今日
トヨタ自動車株式会社
車両の制御装置
1日前
トヨタ自動車株式会社
車両の制御装置
今日
株式会社アドヴィックス
制動制御装置
3日前
有限会社鹿児島船舶塗装工業所
車両連結装置
今日
トヨタ自動車株式会社
処理装置
1日前
トヨタ自動車株式会社
車両の制御装置
今日
株式会社豊田自動織機
車両用デッキ装置
1日前
株式会社SUBARU
エクステンションユニット
2日前
鬼怒川ゴム工業株式会社
グラスラン
2日前
トヨタ自動車株式会社
車両の変速制御装置
1日前
株式会社SUBARU
エクステンションユニット
2日前
スズキ株式会社
操作ペダルシステム
今日
株式会社リュウテック
ワイパーラバー保護カバー
3日前
トヨタ自動車株式会社
車両の制駆動制御装置
7日前
トヨタ自動車株式会社
車両の制駆動制御装置
7日前
個人
オートマチック車のブレーキ踏み間違い事故防止対策
3日前
トヨタ紡織株式会社
乗物用シート
今日
トヨタ紡織株式会社
乗物用シート
今日
豊田合成株式会社
照明装置
1日前
続きを見る