TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023163833
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-11-10
出願番号2022075011
出願日2022-04-28
発明の名称希土類フェライト粒子及び希土類フェライト分散液
出願人共同印刷株式会社
代理人個人,個人,個人,個人,個人,個人
主分類C01G 49/00 20060101AFI20231102BHJP(無機化学)
要約【課題】環境汚染度が低く、安全性にも優れる抗菌性化合物を提供すること。
【解決手段】式(1):Ln2xFe2(1-x)O3 (1)(式(1)中、Lnは、ランタン、プラセオジム、ネオジム、及びイットリウムからなる群より選択される希土類元素であり、xは、0.45以上1.00未満の数である。)で表され、かつ、粒度分布の体積積算分布における50%径(d50)が0.50μm以下である、希土類フェライト粒子。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
下記式(1):
Ln
2x
Fe
2(1-x)


(1)
(式(1)中、Lnは、ランタン、プラセオジム、ネオジム、及びイットリウムからなる群より選択される希土類元素であり、xは、0.45以上1.00未満の数である。)
で表され、かつ、
粒度分布の体積積算分布における50%径(d50)が0.50μm以下である、希土類フェライト粒子。
続きを表示(約 630 文字)【請求項2】
粒度分布の体積積算分布における90%径(d90)が5.00μm以下である、請求項1に記載の希土類フェライト粒子。
【請求項3】
粒度分布の体積積算分布における10%径(d10)が0.30μm以下である、請求項1に記載の希土類フェライト粒子。
【請求項4】
粒度分布の体積積算分布における10%径(d10)が0.30μm以下である、請求項2に記載の希土類フェライト粒子。
【請求項5】
前記式(1)中のxは、0.65以上0.85以下の数である、請求項1~4のいずれか一項に記載の希土類フェライト粒子。
【請求項6】
前記式(1)中のLnが、ランタンである、請求項1~4のいずれか一項に記載の希土類フェライト粒子。
【請求項7】
抗菌剤である、請求項1~4のいずれか一項の希土類フェライト粒子。
【請求項8】
請求項1~4のいずれか一項の希土類フェライト粒子、樹脂、及び溶媒を含む、希土類フェライト分散液。
【請求項9】
前記希土類フェライト粒子の含有量が、前記希土類フェライト分散液の総固形分含量を100質量%としたときに、5質量%以上80質量%以下である、請求項8に記載の希土類フェライト分散液。
【請求項10】
更に、分散剤を含む、請求項8に記載の希土類フェライト分散液。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、希土類フェライト粒子及び希土類フェライト分散液に関する。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
近年、衛生性の観点から、抗菌加工が施された種々のものが流通している。消費者が直接使用するものに限らず、例えば、建物の外壁、内壁、建材、エアフィルター、パッキン等についても、抗菌のニーズは高まっている。
【0003】
抗菌効果を発現する薬剤としては、フェノール系、有機スズ系、トリアジン系、ハロゲン化スルホニルピリジン系、キャプタン系、有機銅系、クロルナフタリン系、クロロフェニルピリタジン系等の化合物が知られている(特許文献1参照)。
【0004】
また、抗菌効果を発現するイオンとして、銀イオン、銅イオン、亜鉛イオン等が知られている。例えば、銀、銅、亜鉛等の金属粉、又はその合金や化合物を、担体に保持させた態様とし、微量のこれら金属イオンを溶出させることで、その毒性を利用する。特許文献2には、カルボキシル基含有ポリマーと金属化合物とから形成されたカルボン酸金属塩が分散された、消臭及び抗菌・抗カビ性を有する分散液が開示されている。
【0005】
しかしながら、最近では、薬剤形態の抗菌剤や、金属イオンの毒性を利用する抗菌剤は、環境汚染性や安全性が問題視される場合がある。
【0006】
そこで、近年、環境汚染度が低く、安全性にも優れた防藻剤として、フェライト化合物が提案されている。例えば、特許文献3及び4には、それぞれ、ランタン(La)、プラセオジム(Pr)、ネオジム(Nd)、及びイットリウム(Y)から選択される希土類元素、鉄、及び酸素を含むオルソフェライトを主成分とする防藻用添加剤、これを用いた防藻性塗料、及び該塗料を基材表面に塗工した防藻製品が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0007】
特開昭63-17249号公報
特開平2-288804号公報
特開2005-272320号公報
国際公開第2021/193644号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
特許文献3においては、防藻効果を材料の磁性と関連付けて考えており、保磁力が小さく、植物の固有磁場に近い磁力を示す、希土類酸化物:Fe



=1:1(モル比)のオルソフェライトが、防藻用添加剤として最も好ましいと説明されている。
【0009】
また、特許文献4では、ランタンリッチなオルソフェライトの防藻効果が検討されている。
【0010】
しかしながら、特許文献3及び4においては、オルソフェライトの抗菌効果については、検討されていない。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許