TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023162711
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-11-09
出願番号2022073273
出願日2022-04-27
発明の名称撮像装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人,個人
主分類H04N 23/60 20230101AFI20231101BHJP(電気通信技術)
要約【課題】 画像の撮影時の周囲の音声、音量および撮影画像に基づいて、画像の投影時のBGMを自動選択する。
【解決手段】 撮像手段と、音声取得手段と、前記撮像された静止画と前記音声取得手段により取得された音声とを対応付けて記録媒体に記録する記録手段と、前記記録手段により記録された静止画から複数の推奨画像を選択し、映像を生成する映像生成手段と、前記推奨画像に対応した前記音声または前記推奨画像に基づき、前記推奨画像のBGMを選択するBGM選択手段と、前記BGM選択手段により選択されたBGMから、前記映像生成手段により生成された前記映像のBGMを決定するBGM決定手段と、前記映像生成手段により生成された前記映像を投影する投影手段と、前記BGM決定手段により決定されたBGMを、前記投影手段により投影された前記映像のBGMとして出力するBGM出力手段とを有する。
【選択図】 図1
特許請求の範囲【請求項1】
撮像手段と、
音声取得手段と、
前記撮像された静止画と前記音声取得手段により取得された音声とを対応付けて記録媒体に記録する記録手段と、
前記記録手段により記録された静止画から複数の推奨画像を選択し、映像を生成する映像生成手段と、
前記推奨画像に対応した前記音声または前記推奨画像に基づき、前記推奨画像のBGMを選択するBGM選択手段と、
前記BGM選択手段により選択されたBGMから、前記映像生成手段により生成された前記映像のBGMを決定するBGM決定手段と、
前記映像生成手段により生成された前記映像を投影する投影手段と、
前記BGM決定手段により決定されたBGMを、前記投影手段により投影された前記映像のBGMとして出力するBGM出力手段とを有する撮像装置。
続きを表示(約 910 文字)【請求項2】
前記音声取得手段は、前記撮像手段による前記静止画像のレリーズ期間中、またはレリーズ後の所定時間、またはレリーズ前後の所定時間のいずれかの期間にて音声を取得することを特徴とする請求項1記載の撮像装置。
【請求項3】
前記BGM選択手段は、前記記録手段により記録された前記音声に含まれる音楽、または声から、適した曲を推定し、推定の結果から前記BGMを選択することを特徴とする請求項1または2に記載の撮像装置。
【請求項4】
前記BGM選択手段は、前記推奨画像に含まれる被写体、または文字列から、曲を推定し、推定の結果から前記BGMを選択することを特徴とする請求項1または2に記載の撮像装置。
【請求項5】
前記BGM選択手段は、推奨画像のシーンを識別し、前記シーンの識別の結果からBGMを選択することを特徴とする請求項1または2に記載の撮像装置。
【請求項6】
前記BGM選択手段は、ネットワーク上のサーバ、または内蔵記憶装置からBGMを選択することを特徴とする請求項1から5のいずれか1項に記載の撮像装置。
【請求項7】
前記BGM選択手段は、特定の個人、年齢、シーンに適した曲を予め対応付け、BGMを選択することを特徴とする請求項1から6のいずれか1項に記載の撮像装置。
【請求項8】
前記映像生成手段は、ユーザーが任意に、または自動で生成する前記映像の長さによって、選択する前記推奨画像の枚数を決めることを特徴とする請求項1から7のいずれか1項に記載の撮像装置。
【請求項9】
前記BGM決定手段は、前記BGM選択手段で選択された前記BGMの数に基づいて、前記BGMを決定することを特徴とする請求項1から8のいずれか1項に記載の撮像装置。
【請求項10】
前記BGM選択手段は、前記選択したBGMに重み付け情報を付与し、
前記BGM決定手段は、前記BGMの重み付け情報に基づいて、前記BGMを決定することを特徴とする請求項1から9のいずれか1項に記載の撮像装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、撮像装置に関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
近年、投影装置付きカメラなど、撮影して画像をすぐに投影、表示する事が可能な機器が登場している。また、おすすめ画像を自動で選択するような機能のある機器もあり、撮影画像からBGM(Background music)といった音楽付きムービー等を作成する機器もある。
【0003】
特許文献1では、動画像のダイジェストムービーの再生時、動画像に記録される音声は再生せず、ユーザーがBGMを選択して再生する方法が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特許第5411874号広報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、前記の特許文献に開示された従来技術では、ユーザーがBGMを選択して再生するため、BGM選択に手間がかかる。また、撮影した画像を表示、投影する際、流れるBGMが必ずしも画像に適したBGMではなく、ユーザーにとって好適ではない場合がある。
【0006】
そこで、本発明は、撮影した複数の画像に適したBGMを選択して流す事により、ユーザーに好適な鑑賞機会を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
撮像手段と、音声取得手段と、前記撮像された静止画と前記音声取得手段により取得された音声とを対応付けて記録媒体に記録する記録手段と、前記記録手段により記録された静止画から複数の推奨画像を選択し、映像を生成する映像生成手段と、前記推奨画像に対応した前記音声、または前記推奨画像の情報に基づいて、前記推奨画像に適したBGMを選択するBGM選択手段と、前記BGM選択手段により選択されたBGMの中から、前記映像生成手段により生成された前記映像に適したBGMを決定するBGM決定手段と、前記映像生成手段により生成された前記映像を投影する投影手段と、前記BGM決定手段により決定されたBGMを、前記投影手段により投影された前記映像のBGMとして出力するBGM出力手段とを有する。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、撮影した複数の画像に適したBGMを選択して流す事により、ユーザーに好適な鑑賞機会を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
撮像装置の構成を説明するブロック図である。
撮像装置の動作を示すフローチャートである。
撮像装置の構成を説明するブロック図である。
撮像装置の動作を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下に、本発明の好ましい実施の形態を、添付の図面に基づいて詳細に説明する。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
多重無線通信方法
1か月前
ブラザー工業株式会社
複合機
5日前
オンキヨー株式会社
電子機器
6日前
日本精機株式会社
プロジェクタ
1か月前
株式会社三井光機製作所
暗視装置
14日前
キヤノン株式会社
操作機器
11日前
キヤノン株式会社
撮像装置
19日前
キヤノン株式会社
撮像装置
18日前
キヤノン株式会社
通信装置
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
25日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
25日前
個人
ヘッドホンの簡単な側圧調整器
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
1か月前
個人
コメント荒らし判別プログラム
3日前
キヤノン株式会社
撮像装置
27日前
日本放送協会
LDM送信システム
25日前
シャープ株式会社
表示装置
18日前
池上通信機株式会社
撮像処理装置
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取システム
1か月前
個人
電子透かしの埋め込み及び抽出方法
13日前
八重洲無線株式会社
無線受信装置
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取システム
12日前
株式会社CT
顧客開発推進システム
11日前
株式会社日立国際電気
通信システム
13日前
アイホン株式会社
インターホン機器
27日前
アイホン株式会社
インターホン機器
27日前
アイホン株式会社
インターホン機器
1か月前
アイホン株式会社
インターホン機器
27日前
株式会社JVCケンウッド
撮像装置
12日前
アイコム株式会社
通信システム
21日前
コニカミノルタ株式会社
原稿読取装置
1か月前
日本放送協会
情報提示システム
1か月前
株式会社豊田自動織機
撮像装置
1か月前
アルプスアルパイン株式会社
スピーカ
1か月前
太平洋工業株式会社
災害監視装置
19日前
キヤノン株式会社
撮像装置及び撮像方法
12日前
続きを見る