TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2023160530
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-11-02
出願番号2022070948
出願日2022-04-22
発明の名称光学機器
出願人キヤノン株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類G02B 7/08 20210101AFI20231026BHJP(光学)
要約【課題】高精度なレンズ位置の検出が可能でありながら、小型化を実現する光学機器を提供する。
【解決手段】光学機器は、レンズ群を光軸方向に移動可能に保持する案内筒(107)と、前記案内筒に回転可能に保持されるカム筒(108)と、検出係合部(106a)を備え、該検出係合部の移動によって前記レンズ群の位置検出を行う検出部材(106)と、前記案内筒、前記カム筒、および前記検出部材を内側に配置する固定筒(109)と、を有し、前記検出係合部は、前記カム筒に設けられた検出被係合部(108c、107b)と係合し、前記検出部材は、前記カム筒に対して光軸方向に移動可能である。
【選択図】図7
特許請求の範囲【請求項1】
レンズ群を光軸方向に移動可能に保持する案内筒と、
前記案内筒に回転可能に保持されるカム筒と、
検出係合部を備え、該検出係合部の移動によって前記レンズ群の位置検出を行う検出部材と、
前記案内筒、前記カム筒、および前記検出部材を内側に配置する固定筒と、を有し、
前記検出係合部は、前記カム筒に設けられた検出被係合部と係合し、
前記検出部材は、前記カム筒に対して光軸方向に移動可能であることを特徴とする光学機器。
続きを表示(約 820 文字)【請求項2】
レンズ群を光軸方向に移動可能に保持する案内筒と、
前記案内筒に回転可能に保持されるカム筒と、
検出係合部を備え、該検出係合部の移動によって前記レンズ群の位置検出を行う検出部材と、
前記案内筒、前記カム筒、および前記検出部材を内側に配置する固定筒と、を有し、
前記検出係合部は、前記案内筒に設けられた検出被係合部と係合し、
前記検出部材は、前記案内筒に対して光軸方向に移動可能であることを特徴とする光学機器。
【請求項3】
前記検出被係合部は、前記カム筒の内周に設けられていることを特徴とする請求項1に記載の光学機器。
【請求項4】
前記カム筒に設けられた前記検出被係合部は、検出溝であることを特徴とする請求項1に記載の光学機器。
【請求項5】
前記案内筒に設けられた前記検出被係合部は、検出穴であることを特徴とする請求項2に記載の光学機器。
【請求項6】
前記固定筒の外周に保持される操作環を更に有し、
前記カム筒は、前記操作環の回転操作に伴って回転することを特徴とする請求項1または2に記載の光学機器。
【請求項7】
前記検出部材は、前記レンズ群に設けられていることを特徴とする請求項1または2に記載の光学機器。
【請求項8】
前記検出部材は、前記固定筒に対して光軸方向に移動可能であることを特徴とする請求項1または2に記載の光学機器。
【請求項9】
前記レンズ群と前記検出部材は、一体に移動することを特徴とする請求項1または2に記載の光学機器。
【請求項10】
前記検出被係合部の光軸方向における撮影状態でのリフト量は、前記検出部材の検出範囲より小さいことを特徴とする請求項1または2に記載の光学機器。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、光学機器に関する。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
デジタルカメラ、ビデオカメラ、および交換レンズ等の光学機器では、変倍可能でありながら、鏡筒径方向の小型化および全長の小型化が要求されている。
【0003】
特許文献1,2には、変倍可能な鏡筒のレンズ位置の検出のために、レンズ群を光軸方向に移動可能に保持したカム筒またはカム筒に連結された操作環に位置検出用の溝を設け、固定筒に固定された位置検出器の検出部が該溝に係合する鏡筒が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2013-242356号公報
特開2016-142905号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、特許文献1では、操作環に設けられた位置検出用の溝に位置検出器の検出範囲と同等のリフト量を与える必要があり、鏡筒の小型化を阻害していた。
【0006】
また特許文献2では、カム筒に設けられた位置検出用の溝に位置検出器の検出範囲と同等のリフト量を与える必要があり、鏡筒の小型化を阻害していた。
【0007】
本発明は、高精度なレンズ位置の検出が可能でありながら、小型化を実現する光学機器を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明の一側面としての光学機器は、レンズ群を光軸方向に移動可能に保持する案内筒と、前記案内筒に回転可能に保持されるカム筒と、検出係合部を備え、該検出係合部の移動によって前記レンズ群の位置検出を行う検出部材と、前記案内筒、前記カム筒、および前記検出部材を内側に配置する固定筒と、を有し、前記検出係合部は、前記カム筒に設けられた検出被係合部と係合し、前記検出部材は、前記カム筒に対して光軸方向に移動可能であることを特徴とする。
【0009】
本発明の他の側面としての光学機器は、レンズ群を光軸方向に移動可能に保持する案内筒と、前記案内筒に回転可能に保持されるカム筒と、検出係合部を備え、該検出係合部の移動によって前記レンズ群の位置検出を行う検出部材と、前記案内筒、前記カム筒、および前記検出部材内側に配置する固定筒と、を有し、前記検出係合部は、前記案内筒に設けられた検出被係合部と係合し、前記検出部材は、前記案内筒に対して光軸方向に移動可能であることを特徴とする。
【0010】
本発明の他の目的及び特徴は、以下の実施形態において説明される。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
素子
今日
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成システム
今日
キヤノン株式会社
定着装置及び画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置、及び情報処理装置
今日
キヤノン株式会社
送電装置および通信方法、プログラム
今日
キヤノン株式会社
撮像装置及びその制御方法とプログラム
今日
キヤノン株式会社
通信装置、制御方法、およびプログラム
今日
キヤノン株式会社
プログラム、通信端末および通信システム
今日
キヤノン株式会社
クラウドプリントサービスに対応した印刷装置および印刷装置の制御方法およびプログラム
1日前
キヤノン株式会社
制御装置、制御方法、ロボットシステム、物品の製造方法、表示装置、プログラム及び記録媒体
1日前
株式会社シグマ
レンズ鏡筒
12日前
マレリ株式会社
表示装置
8日前
日亜化学工業株式会社
光学部材の製造方法
4日前
キヤノン株式会社
レンズ鏡筒および撮像装置
12日前
株式会社フジクラ
レーザプローブ
4日前
セイコーエプソン株式会社
光学表示装置
4日前
株式会社NTTドコモ
表示装置
18日前
TOPPANホールディングス株式会社
調光体
12日前
キヤノン株式会社
撮像装置および測定装置
8日前
SCIVAX株式会社
光学系装置および光学素子製造方法
6日前
株式会社フジクラ
光ファイバプローブ
4日前
住友電気工業株式会社
光ファイバリボン
4日前
個人
電子書籍表示システムおよび電子書籍表示プログラム
8日前
キヤノン株式会社
ズームレンズおよび撮像装置
12日前
キヤノン株式会社
ズームレンズおよび撮像装置
12日前
キヤノン株式会社
ズームレンズおよび撮像装置
12日前
TOPPANホールディングス株式会社
調光ユニット
12日前
キヤノン株式会社
ズームレンズおよび撮像装置
8日前
キヤノン株式会社
光学装置及び撮像装置
5日前
横浜リーディングデザイン合資会社
投影光学系及び露光装置
13日前
日東電工株式会社
増粘液の作製方法
4日前
キヤノン株式会社
光学装置および撮像装置
12日前
日東電工株式会社
偏光板および該偏光板を用いた画像表示装置
4日前
古河電気工業株式会社
光導波路構造
8日前
キヤノン株式会社
レンズ装置および撮像装置
8日前
続きを見る