TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023149124
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-10-13
出願番号2022057519
出願日2022-03-30
発明の名称表皮材
出願人ダイハツ工業株式会社
代理人個人
主分類B32B 5/24 20060101AFI20231005BHJP(積層体)
要約【課題】表皮材全体としての難燃性の向上を図ることができる表皮材を提供する。
【解決手段】
表皮材1は、発泡体層2と、難燃剤が含侵された編物からなり、発泡体層2を被覆する表皮3と、表皮3と発泡体層2との間に配置されるコーティング層4であって、難燃剤を含有するコーティング層4とを備える。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
発泡体層と、
難燃剤が含侵された編物からなり、前記発泡体層を被覆する表皮と、
前記表皮と前記発泡体層との間に配置されるコーティング層であって、難燃剤を含有するコーティング層と
を備える、表皮材。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、表皮材に関する。
続きを表示(約 780 文字)【背景技術】
【0002】
従来、表皮材と、クッション材としてポリウレタンフォームと、裏基布とを備えるラミネート構造体が知られている(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開平8-238708号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上記した特許文献1に記載されるようなラミネート構造体では、ラミネート構造体を構成する複数の層のそれぞれが十分な難燃性を有していても、それらの層が複合したラミネート構造体全体としての難燃性が、各層の難燃性よりも劣る場合がある。
【0005】
そこで、本発明は、表皮材全体としての難燃性の向上を図ることができる表皮材を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明[1]は、発泡体層と、難燃剤が含侵された編物からなり、前記発泡体層を被覆する表皮と、前記表皮と前記発泡体層との間に配置されるコーティング層であって、難燃剤を含有するコーティング層とを備える、表皮材を含む。
【発明の効果】
【0007】
本発明の表皮材によれば、表皮と発泡体層との間に、難燃剤を含有するコーティング層が配置されている。
【0008】
そのため、表皮の燃焼によって発生した可燃性のガスが発泡体層に流れることを、難燃剤を含有するコーティング層で抑制できる。
【0009】
これにより、表皮の燃焼が発泡体層に延焼することを抑制できる。
【0010】
その結果、表皮材全体としての難燃性の向上を図ることができる。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東レ株式会社
積層体
7か月前
東ソー株式会社
積層体
6か月前
ユニチカ株式会社
シート
7か月前
東レ株式会社
積層不織布
6か月前
東レ株式会社
積層フィルム
15日前
東レ株式会社
積層フィルム
6か月前
東レ株式会社
積層フィルム
4か月前
個人
生地
22日前
セーレン株式会社
調湿性布帛
8か月前
セーレン株式会社
導電性編物
3日前
三菱ケミカル株式会社
積層体
1か月前
三菱ケミカル株式会社
積層体
1か月前
三菱ケミカル株式会社
積層体
10日前
東ソー株式会社
多層フィルム
2か月前
三菱ケミカル株式会社
積層体
1か月前
日本バイリーン株式会社
表面材
9か月前
東ソー株式会社
易開封性積層体
6か月前
東レ株式会社
多層積層フィルム
6か月前
三菱製紙株式会社
離型フィルム
6か月前
東ソー株式会社
易開封性積層体
6か月前
株式会社トライフ
積層体
9か月前
平岡織染株式会社
複合体シート
6か月前
三菱瓦斯化学株式会社
複合材料
7か月前
三菱製紙株式会社
シートパレット
6か月前
ユニチカ株式会社
工程用フィルム
10か月前
三菱製紙株式会社
セロハン積層体
7か月前
倉敷紡績株式会社
銅張積層板
10か月前
星和電機株式会社
遮熱シート
7か月前
東洋紡株式会社
包装用積層フィルム
9日前
三菱ケミカル株式会社
硬化性重合体
6か月前
株式会社精工技研
撥水面構造
7か月前
理研ビタミン株式会社
積層フィルム
5か月前
ダイハツ工業株式会社
表皮材
6か月前
日本電気株式会社
樹脂積層材
8か月前
帝人株式会社
積層体の製造方法
2か月前
東レ株式会社
積層不織布および防護服
6か月前
続きを見る