TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023146691
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-10-12
出願番号2022054018
出願日2022-03-29
発明の名称包装箱
出願人株式会社トーモク
代理人個人
主分類B65D 5/42 20060101AFI20231004BHJP(運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い)
要約【課題】胴部の角部を増やしながらも容易に製函することが可能な包装箱を提供する。
【解決手段】包装箱1は、筒状の胴部10、および胴部10の2つの開放端10aのいずれか一方を閉塞する閉塞部20を有し、胴部10は、互いに対向する一対の第1側板11、および一対の第1側板11に胴部折目線aを介して連接されることで一対の第1側板11を繋ぐ一対の第2側板12を有し、閉塞部20は、フラップ折目線b1で内方に折り曲げられる一対のフラップ21を有し、一対の第1側板11の少なくとも一方には、胴部折目線aと同方向に延びる追加折目線cが設けられ、一対のフラップ21は、フラップ折目線b1から先端21aまでの距離の合計が第2側板12における2つの胴部折目線aの間の距離よりも大きく構成され、追加折目線cは、一対のフラップ21をフラップ折目線b1で内方に折り曲げてその先端21a同士を突き合わせることによって折り曲げられる。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
筒状の胴部、および前記胴部の2つの開放端のいずれか一方を閉塞する閉塞部を有する包装箱であって、
前記胴部は、互いに対向する一対の第1側板、および前記一対の第1側板に胴部折目線を介して連接されることで前記一対の第1側板を繋ぐ一対の第2側板を有し、
前記閉塞部は、フラップ折目線を介して前記第1側板に連接されると共に前記フラップ折目線で内方に折り曲げられる一対のフラップを有し、
前記一対の第1側板の少なくとも一方には、前記胴部折目線と同方向に延びる追加折目線が設けられ、
前記一対のフラップは、前記フラップ折目線から先端までの距離の合計が前記第2側板における2つの前記胴部折目線の間の距離よりも大きく構成され、
前記追加折目線は、前記一対のフラップを前記フラップ折目線で内方に折り曲げてその先端同士を突き合わせることによって折り曲げられることを特徴とする包装箱。
続きを表示(約 580 文字)【請求項2】
請求項1に記載の包装箱において、
前記追加折目線は、前記胴部折目線と平行でない部分を有することを特徴とする包装箱。
【請求項3】
請求項1または2に記載の包装箱において、
前記追加折目線は、屈曲または湾曲した部分を有することを特徴とする包装箱。
【請求項4】
請求項1から3までのいずれか1項に記載の包装箱において、
前記追加折目線は、前記第1側板の中央側に向けて凸となる線に沿って設けられることを特徴とする包装箱。
【請求項5】
請求項1から4までのいずれか1項に記載の包装箱において、
前記追加折目線は、前記フラップ折目線の両端よりも前記第1側板の中央側に位置する部分を有することを特徴とする包装箱。
【請求項6】
請求項5に記載の包装箱において、
前記フラップは、前記追加折目線と前記フラップ折目線の前記追加折目線に近い方の一端との間における前記フラップ折目線側の領域に、他の部分よりも変形し易い易変形部を有することを特徴とする包装箱。
【請求項7】
請求項2から6までのいずれか1項に記載の包装箱において、
前記追加折目線は、前記第1側板の裏面に設けられた半切線から構成されることを特徴とする包装箱。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、各種物品を収容する包装箱に関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
従来、各種物品を収容する包装箱として、端部から切り込まれた複数の溝(スリット)を備える一枚のブランクシートを折り曲げて製函される(組み立てられる)溝切り形の包装箱が普及している。この溝切り形は、ブランクシートの溝が形成されていない端部に設けられた継ぎ代を反対側の端部に接着することで筒状の胴部を形成し、溝切りによって形成されたフラップを折り曲げることで、胴部の軸方向両端の開口の少なくとも一方を閉塞するように構成されている。
【0003】
このような溝切り形の包装箱は、一般に4か所で折り曲げられた四角筒状(直方体状)の胴部を備えているが、八角筒状や六角筒状の胴部を備えるものも存在している(例えば、特許文献1参照)。このように、胴部を八角筒状等に構成して角部(折り曲げ部)を増やすことで、軸方向の座屈に対する抵抗性を高めることができる。
【0004】
また、胴部の角部を増やすことで、物品の収納効率を同等に確保しながらも胴部の周長を短縮することが可能となる。例えば、四角筒状の胴部に面取りを施すようにして八角筒状に構成することで、角部近傍のデッドスペースを削減しつつ、胴部の周長を短縮することが可能となる。これにより、収納効率が同等の包装箱でありながらも、ブランクシートの面積が低減されるため、材料費を削減することができる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2017-61341号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、胴部の角部を増やして八角筒状等に構成した場合、製函が困難になるという問題があった。具体的には、胴部が一般的な四角筒状の場合、胴部の4つの側壁のうち互いに対向する側壁同士が略平行に維持されるため、4つの角部を略直角に折り曲げた適切な状態を保持するのが容易であるところ、角部を増やした場合には各側壁の姿勢の自由度が増すことから、各角部を適切な角度(直角以外の角度)に折り曲げた上で、その状態を保持する必要があり、製函に手間と時間を要するものとなっていた。
【0007】
この点、上記特許文献1に記載の包装箱では、内フラップの側縁部で支持することによって、製函後の胴部の形状が八角筒状等に保持されるようにしている。しかしながら、製函時に内フラップを折り曲げる際には、内フラップが胴部の内側に入り込んで側縁部が内面に接するように、胴部を適切な八角筒状等に保持する必要があり、製函を容易にするものとはなっていなかった。
【0008】
本発明は、このような実情に鑑み、胴部の角部を増やしながらも容易に製函することが可能な包装箱を提供しようとするものである。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明の包装箱は、筒状の胴部、および前記胴部の2つの開放端のいずれか一方を閉塞する閉塞部を有する包装箱であって、前記胴部は、互いに対向する一対の第1側板、および前記一対の第1側板に胴部折目線を介して連接されることで前記一対の第1側板を繋ぐ一対の第2側板を有し、前記閉塞部は、フラップ折目線を介して前記第1側板に連接されると共に前記フラップ折目線で内方に折り曲げられる一対のフラップを有し、前記一対の第1側板の少なくとも一方には、前記胴部折目線と同方向に延びる追加折目線が設けられ、前記一対のフラップは、前記フラップ折目線から先端までの距離の合計が前記第2側板における2つの前記胴部折目線の間の距離よりも大きく構成され、前記追加折目線は、前記一対のフラップを前記フラップ折目線で内方に折り曲げてその先端同士を突き合わせることによって折り曲げられることを特徴とする。
【0010】
本発明の包装箱によれば、胴部を胴部折目線のみを折り曲げた安定的な四角筒状にした状態で一対のフラップをフラップ折目線で折り曲げて閉塞部を形成することができる。そして、この閉塞部の形成の際に、先端同士を突き合わせた状態で一対のフラップを折り曲げることで、一対の第1側板を互いに離隔する方向に押しやり、これにより追加折目線を山折りに折り曲げて胴部の角部を増やすことができる。すなわち、本発明の包装箱によれば、胴部の角部を増やしながらも、従来と略同様の手順で容易に製函することができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社トーモク
包装箱
12日前
株式会社トーモク
段ボールシート、包装箱
5日前
個人
構造体
4か月前
個人
収納用具
1か月前
個人
半蓋半箱筒
6か月前
個人
物品収納具
26日前
個人
折り畳み製品
8か月前
個人
掃除楽々ゴミ箱
2か月前
個人
「即時結束具」
8か月前
個人
段ボール用キリ
9か月前
個人
開封用カッター
3か月前
個人
テープホルダー
8か月前
個人
爪楊枝流通セット
7か月前
個人
チャック付き袋体
3か月前
個人
粘着テープカッタ
8か月前
個人
折りたたみコップ
3か月前
個人
パウチ容器
4か月前
個人
コード長さ調整器
8か月前
株式会社イシダ
包装装置
6か月前
三甲株式会社
容器
9か月前
個人
開口しやすいレジ袋
5か月前
個人
伸縮するゴミ収納器
4か月前
三甲株式会社
容器
6か月前
三甲株式会社
容器
7日前
個人
穿孔紐通し結束器具
5か月前
個人
チャック付き保存袋
2か月前
三甲株式会社
容器
9か月前
積水樹脂株式会社
接着剤
1か月前
三甲株式会社
容器
8か月前
株式会社KY7
封止装置
7か月前
三甲株式会社
容器
7か月前
三甲株式会社
容器
7か月前
個人
プラスチックバッグ
5か月前
個人
粘着テープ剥がし具
2か月前
三甲株式会社
容器
5か月前
三甲株式会社
容器
6か月前
続きを見る