TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023130688
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-09-21
出願番号2022035128
出願日2022-03-08
発明の名称ズームレンズ及び撮像装置
出願人株式会社タムロン
代理人
主分類G02B 15/20 20060101AFI20230913BHJP(光学)
要約【課題】 近距離撮影時においても、高い光学性能を得ることが可能なズームレンズを備えた撮像装置を提供する。
【解決手段】 物体側から像側へ順に、正の屈折力を有する第1レンズ群(G1)と、負の屈折力を有する第2レンズ群(G2)と、正の屈折力を有する第3レンズ群(G3)と、負の屈折力を有する第4レンズ群(G4)、後群とを有し、開口絞りより像面側に配置される負の屈折力を有するレンズ群のうち少なくとも1つは、負レンズLnを有し、所定の式を満足するズームレンズ。
【選択図】図2

特許請求の範囲【請求項1】
物体側から像側へ順に、正の屈折力を有する第1レンズ群と、負の屈折力を有する第2レンズ群と、正の屈折力を有する第3レンズ群と、負の屈折力を有する第4レンズ群と、後群とを有し、
隣り合うレンズ群の間隔を変えることで変倍するズームレンズであって、
開口絞りより像面側に配置される負の屈折力を有するレンズ群のうち少なくとも1つは、負レンズLnを有し、以下の式を満足するズームレンズ。
0.95 ≦ fn / fGN < 20.00・・・・(1)
1.55 < Ndn < 1.70・・・・・・・・・(2)
15.0 < νdn < 32.0・・・・・・・・・(3)
但し、
fn:前記負レンズLnの焦点距離
fGN:前記負レンズLnを有するレンズ群の焦点距離
Ndn:前記負レンズLnのd線における屈折率
νdn:前記負レンズLnのd線におけるアッベ数
続きを表示(約 990 文字)【請求項2】
以下の式を満足する請求項1に記載のズームレンズ。
-0.100 < ΔPcti < 0.000・・・・・・・(4)
但し、
ΔPcti:前記負レンズLnの材料iにおけるC線とt線の異常分散性
【請求項3】
以下の式を満足する請求項1又は請求項2に記載のズームレンズ。
3.0 ≦ f1 / |f2| ≦ 10.0・・・(5)
但し、
f1:前記第1レンズ群の焦点距離
f2:前記第2レンズ群の焦点距離
【請求項4】
以下の式を満足する請求項1から3のいずれか一項に記載のズームレンズ。
1.0 ≦ |f2| / fw ≦ 2.0・・・(6)
但し、
f2:前記第2レンズ群の焦点距離
fw:広角端における無限遠合焦時の当該ズームレンズの焦点距離
【請求項5】
以下の式を満足する請求項1から4のいずれか一項に記載のズームレンズ。
0.5 ≦ f3 / |f4| ≦ 2.0・・・(7)
但し、
f3:前記第3レンズ群の焦点距離
f4:前記第4レンズ群の焦点距離
【請求項6】
以下の式を満足する請求項1から5のいずれか一項に記載のズームレンズ。
3.0 ≦ D2rw / fw ≦ 10.0・・・(8)
但し、
fw:広角端における無限遠合焦時の当該ズームレンズの焦点距離
D2rw:広角端における無限合焦時の前記第2レンズ群と前記第3レンズ群との間隔
【請求項7】
以下の式を満足する請求項1から6のいずれか一項に記載のズームレンズ。
5.0 ≦ β2T/ β2W ≦ 50.0・・・(9)
但し、
β2W:広角端における無限遠合焦時の前記第2レンズ群の横倍率
β2T:望遠端における無限遠合焦時の前記第2レンズ群の横倍率
【請求項8】
請求項1から7のいずれか一項に記載のズームレンズと、当該ズームレンズの像側に当該ズームレンズによって形成された光学像を電気的信号に変換する撮像素子とを備えた撮像装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本件発明は、ズームレンズ及び撮像装置に関する。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
近年、デジタルスチルカメラの等の固体撮像素子を用いた撮影装置が普及している。それに伴い、ズームレンズの高性能化、小型化が進み、小型の撮像装置システムが急速に普及してきている。従来のレンズにおいて、特に全長が短く小型なズームレンズが望まれる監視用レンズ、ビデオカメラ用レンズ、デジタルスチルカメラ用レンズ、一眼レフレックスカメラ用レンズ、ミラーレス一眼カメラ用レンズ等では、高い光学性能を有しながら、近距離撮影時の性能維持するための収差補正を行うことが課題となる。
【0003】
特許文献1~3に記載のズームレンズは、物体側から像側へ順に、正の屈折力を有する第1レンズ群、負の屈折力を有する第2レンズ群、正の屈折力を有する第3レンズ群、負の屈折力を有する第4レンズ群、正の屈折力を有する第5レンズ群からなるズームレンズが開示されている。しかしながら特許文献1、3は、第4レンズ群の負レンズの屈折力が強すぎるため、近距離合焦時の像面湾曲補正が難しくなり、近距離撮影及びその際の性能維持が困難である。また、特許文献2は第4レンズ群の負レンズによる倍率色収差補正が十分でなく、近距離撮影及びその際の性能維持が困難である。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特許第5581730号公報
特開2017-134304号公報
特開2006-099130号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
そこで、本件発明の課題は、近距離撮影時においても、高い光学性能を得ることが可能なズームレンズを提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
物体側から像側へ順に、正の屈折力を有する第1レンズ群と、負の屈折力を有する第2レンズ群と、正の屈折力を有する第3レンズ群と、負の屈折力を有する第4レンズ群と、後群とを有し、
隣り合うレンズ群の間隔を変えることで変倍するズームレンズであって、
開口絞りより像面側に配置される負の屈折力を有するレンズ群のうち少なくとも1つは、負レンズLnを有し、以下の式を満足するズームレンズ。
0.95 ≦ fn / fGN < 20.00・・・・(1)
1.55 < Ndn < 1.70・・・・・・・・・(2)
15.0 < νdn < 32.0・・・・・・・・・(3)
但し、
fn:前記負レンズLnの焦点距離
fGN:前記負レンズLnを有するレンズ群の焦点距離
Ndn:前記負レンズLnのd線における屈折率
νdn:前記負レンズLnのd線におけるアッベ数
【0007】
また、上記課題を解決するために本件発明に係る撮像装置は、上記ズームレンズと、当該ズームレンズによって形成された光学像を電気的信号に変換にする撮像素子とを備えたことを特徴とする。
【発明の効果】
【0008】
本件発明によれば、近距離撮影時においても、高い光学性能を得ることが可能なズームレンズを提供することが出来る。
【図面の簡単な説明】
【0009】
材料のνd-PCt図である。
実施例1のズームレンズの断面図である。
実施例1のズームレンズの広角端における縦収差図である。
実施例1のズームレンズの中間域における縦収差図である。
実施例1のズームレンズの望遠端における縦収差図である。
実施例2のズームレンズの断面図である。
実施例2のズームレンズの広角端における収差図である。
実施例2のズームレンズの中間域における収差図である。
実施例2のズームレンズの望遠端における収差図である。
実施例3のズームレンズの断面図である。
実施例3のズームレンズの広角端における収差図である。
実施例3のズームレンズの中間域における収差図である。
実施例3のズームレンズの望遠端における収差図である。
本発明の一実施形態に係る撮像装置の構成の一例を模式的に示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、本件発明に係るズームレンズ及び撮像装置の実施の形態を説明する。但し、以下に説明するズームレンズ及び撮像装置は、本件発明に係るズームレンズ及び撮像装置の一態様であって、本件発明に係るズームレンズ及び撮像装置は以下の態様に限定されるものではない。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東レ株式会社
光ファイバー
7日前
東レ株式会社
光ファイバー
7日前
日本精機株式会社
表示装置
6日前
グンゼ株式会社
チューブ
6日前
日精テクノロジー株式会社
投射光学系
7日前
マレリ株式会社
表示装置
19日前
artience株式会社
積層体及びその用途
8日前
キヤノン株式会社
レンズ装置
13日前
日本精機株式会社
ヘッドアップディスプレイ装置
8日前
日本精機株式会社
ヘッドアップディスプレイ装置
21日前
トヨタ自動車株式会社
端末装置
6日前
DIC株式会社
液晶素子
8日前
TOPPANホールディングス株式会社
調光ガラス
8日前
日本精機株式会社
表示装置、虚像表示装置及び移動体
6日前
TOPPANホールディングス株式会社
液晶表示装置
8日前
星和電機株式会社
波長選択型赤外放射制御部材
8日前
AGC株式会社
光学フィルタ
7日前
興和株式会社
光学設計方法、及び回折光学素子
20日前
京セラ株式会社
波長変換素子
6日前
日亜化学工業株式会社
映像表示装置
7日前
日亜化学工業株式会社
画像表示装置
20日前
日亜化学工業株式会社
画像表示装置
12日前
株式会社タムロン
ズームレンズ及び撮像装置
14日前
株式会社小糸製作所
画像投影装置
13日前
信越化学工業株式会社
光アイソレータ
6日前
株式会社リコー
頭部装着型表示装置、およびメガネ
19日前
キヤノン株式会社
光学系及び表示装置
7日前
キヤノン株式会社
光学系及び表示装置
7日前
株式会社タムロン
ズームレンズ及び撮像装置
14日前
株式会社ディスコ
光学部品
6日前
キヤノン株式会社
光学装置及び撮像装置
12日前
株式会社ニコン・エシロール
眼鏡レンズ設計システム
14日前
株式会社ディスコ
光学部品
15日前
株式会社レゾナック
画像表示素子
12日前
株式会社トプコン
ヨーク部材及びスキャナ装置
20日前
日東電工株式会社
画像表示装置
6日前
続きを見る