TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2023129716
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-09-14
出願番号2023124186,2021562815
出願日2023-07-31,2019-04-22
発明の名称ネブライザ監視装置、システム、および方法
出願人サノビオン ファーマシューティカルズ インク,Sunovion Pharmaceuticals Inc.
代理人個人,個人,個人
主分類A61M 11/00 20060101AFI20230907BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】本明細書では、ネブライザを使用して投与することができるような、ネブライズされた薬の使用を監視するための装置、システム、および方法が記載されている。
【解決手段】これらは、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療を受けている患者の監視に使用できるとともに、推奨される治療へのコンプライアンスを向上させることができる。監視されるパラメータは流れ、湿度、加速度を含んでおり、ネブライザ使用の量と質に関するデータを提供する。
【選択図】図2A
特許請求の範囲【請求項1】
流体接続を形成する内面を有する導管と、
前記導管内に配置されるとともに、前記導管内の流体の流量ベクトルを測定するように構成された流量センサと、
前記流量センサに接続された少なくとも1つの表示器と、
前記流量センサと第1表示器とに接続された少なくとも1つのコントローラと、
を備えるネブライザ監視装置であって、
前記少なくとも1つの表示器の少なくとも1つの寸法は、測定された流量ベクトルの関数として変化する、
ネブライザ監視装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、一般に、ネブライザを使用して投与することができるような、ネブライズされた薬剤の使用を監視するための装置、システム、および方法に関する。
続きを表示(約 4,900 文字)【背景技術】
【0002】
ネブライザは、溶液や懸濁液の形をした薬を、患者が吸い込めるようにエアロゾル化して気道に送り込むべく使用されるドラッグ送出装置である。薬剤を肺に到達させるためには、エアロゾル中の粒子の大きさは、コントロールされることが重要なパラメータである。直径が約5μmよりも大きい粒子は、小さい粒子よりも上気道に沈着し、肺に沈着するよりも飲み込まれる可能性が高い。逆に、直径約1μm以下の粒子は、肺への沈着が少なく、単に吸い込んだり吐き出したりするだけの場合もある。したがって、ネブライザは、典型的には約1μmから5μmの間の粒子を送出するように設計されており、これは、一般的に吸い込みされた気管支拡張剤の修復可能な割合を構成する所望の粒子サイズ範囲である。
【0003】
最も一般的には、ネブライザは、「ジェット」ネブライザのように加圧ガス源を使用するか、または「超音波」ネブライザおよび「電子」または「メッシュ」ネブライザのように超音波エネルギーを使用するかのいずれかによって、医療溶液または懸濁液の微粒子化または「霧化」を形成することでエアロゾルを生成する。ジェットネブライザはベンチュリ効果を利用しており、広範囲の粒子サイズを生成するべく、薬液または懸濁液を備えているネブライザリザーバから毛細管を介して溶液を引き上げるべく、加圧ガスの予め設定された流量(例えば、2~10L/分)を必要とするのが一般的である。これらの初期液体粒子は、1つまたは複数のバッフルに吹き付けられ、エアロゾルから大きな粒子を取り出してリザーバに戻す一方で、マウスピースを介して吸い込みを行なうユーザに小さな粒子を届けることができる。超音波式ネブライザは、交流電源を用いてネブライザリザーバ内の圧電素子を振動させ、溶液/懸濁液の表面に定在波を発生させる。小さな液滴は、この波によって溶液から脱離し、ジェットネブライザのようにバッフルによって小さな粒子に淘汰された大粒子と小粒子のエアロゾルとして放出される。そして、このエアロゾルを前述のように肺に送り込むことができる。メッシュネブライザは、エアロゾルを生成するべく微細なメッシュに結合された振動圧電素子を使用し、メッシュのサイジングで粒子サイズを制御する(非特許文献1、非特許文献2)。
【0004】
気管支狭窄、気道炎症、粘性保持分泌物、空域感染およびコロニー形成、呼吸困難および慢性咳嗽など、ネブライザ療法の潜在的な適応症は多数ある。これらの症状/病態の緩和には、気管支拡張剤(サルブタモール、テルブタリン、イプラトロピウムなど)、抗炎症剤(ブデソニド、フルチカゾンなど)、分泌物崩壊剤(生理食塩水およびDNase/dornaseなど)、抗菌剤(ペンタミジンなど)、長時間作用型気管支拡張剤(フォルモテロール、アルフォルモテロール、グリコプリロレート、レベフェナシンなど)、疼痛管理薬(モルヒネ、リドカインなど)などのネブライザ薬剤の投与が含まれる。これらの症状/病態は、慢性閉塞性肺疾患(COPD:ChronicObstructivePulmonaryDisease)、喘息、嚢胞性線維症、気管支拡張症、HIV、肺がん、またはこれらの組み合わせなどの疾患設定によって発生する。慢性閉塞性肺疾患COPDは、肺気腫、慢性気管支炎、一部の喘息患者など、多くの病気の状態に起因する進行性の症状を指す。慢性閉塞性肺疾患COPDは、一般的に40歳以上の男女に発症する疾患であり、QOL(生活の質)の低下、機能障害、多額の直接/間接費用など、高い疾病負担を伴う。現在、慢性閉塞性肺疾患COPDを完治させる方法はなく、病気の進行に伴って肺の酸素化能力が低下するので、症状を抑えることしかできない(非特許文献3~5)。
【0005】
慢性閉塞性肺疾患COPDの管理において、患者が吸い込み薬治療を遵守することは非常に重要であり、その中心になるのが気管支拡張剤の使用である。気管支拡張剤には、β-アゴニスト、抗コリン剤、メチルキサンチン(例えば、テオフィリン)などがあり、ネブライザによって投与される。現在までのところ、コンプライアンス(遵守)は、自己申告、報告された症状の評価、および投与が効果的であるかどうかを評価するためのスパイロメトリーに基づく。処方された慢性閉塞性肺疾患COPD治療薬に対する患者のコンプライアンスや症状の報告には大きなバラツキがあり、多くの医師は、スパイロメトリー評価を行わずに、症状や病歴に基づき慢性閉塞性肺疾患COPD患者を診断/管理している。処方された治療法の遵守率が50%というのは、高いと言えるかもしれない。慢性閉塞性肺疾患COPD患者は、周期的に慢性閉塞性肺疾患COPD症状の急性増悪を起こすことがある。これは、炎症によって気道が狭くなったり、粘液が溜まったりすることが原因である。これらの増悪(exacerbations)の原因は必ずしも明らかではないが、多くの場合、肺のウイルスや細菌の感染が原因になっている。また、大気汚染や花粉などのアレルゲンなど、環境中の刺激的な物質を吸い込むことでも増悪することがある。慢性閉塞性肺疾患COPDの増悪時および増悪後の肺の炎症(刺激や腫れ)は、しばしば回復の長期化、併存疾患の悪化、患者の死亡につながる。増悪の早期発見は、多くの場合、患者の報告に依存している。また、慢性閉塞性肺疾患COPD患者は、増悪や併存疾患などの病気のプロセスや、さまざまな薬や機器の使用について十分な教育を受ける必要がある。
【0006】
慢性閉塞性肺疾患COPDの治療には、大きな経済的な負担や、禁煙プログラムの開始、運動プログラム(肺リハビリテーション)の実施、家庭内外での補助酸素の吸入など、行動やライフスタイルの変化が伴うことも少なくない。また、このような患者の場合、他にも治療やセラピーを受けている可能性があり、治療を続ける上での負担が大きくなってしまう。そのため、慢性閉塞性肺疾患COPD治療のアドヒアランスが悪いことは驚くべきことではないが、悩ましいことでもある。吸入治療のアドヒアランスについて、患者は、(1)上手に使っている常連、(2)上手に使っていない常連、(3)上手に使っている非常連、(4)上手に使っていない非常連、の4つのカテゴリに分類できる。不規則な使用で手技が下手な患者(第4カテゴリ)の死亡率が最も高く、不規則な使用で手技が上手な患者(第3カテゴリ)の死亡率は2番目に高く(ただし第4カテゴリの半分程度)、増悪の発生率も高いことがわかっている。定期的に使用しているが技術が不十分な患者(第2カテゴリ)では、増悪率がわずかに増加するが、より良い結果が得られた。驚くことではないが、定期的な使用と優れた技術を持つ患者は、死亡率と増悪率が最も低い。したがって、アドヒアランス行動は特定の臨床転帰に関連しており、規則的な使用(例:処方、使用量)が最も重要な要素であり、適切な使用(例:使用の質)はそれほどではないが重要な要素であると言える(非特許文献6~10などがある)。
【先行技術文献】
【非特許文献】
【0007】
R.Johnsら、Prescriber 2007, 5, 16-28
D.S.Gardenhireら、A Guide to Aerosol DeliveryDevices forRespiratoryTherapists, 3rd ed., American Associationfor Respiratorycare, 2013
J.L.Peacockら.Thorax 2011, 66, 591-596
A.Agusti Eur.Repir Rev 2011, 121m 183-194
E.L.Toyら, Respiratory Medicine,2011, 105, 435-441
Cushenら, AJRCCM Articlesin Press, 19-Jan-2018
Arzu Ari Eurasian J.Pulmonol, 2014, 16, 1-7
S. Lareauら, Am J. Respir. Crit.Care Med.、2014、189、P11-P12
Tamas Aghら、ChronicObstructivePulmonary Disease -Current Conceptsand Practice、InTech、2012、Ch.12、275-290
R. D. Restrepoら、InternationalJournal of COPD、2008、3(3)、371-384
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
慢性閉塞性肺疾患COPDの治療法はあるが、処方された吸い込み治療に対する患者のコンプライアンスを向上させることが求められている。また、増悪を早期に発見することで、患者を適切に治療して安定させる能力が大きく向上する。コンプライアンスの向上と増悪の早期発見は、治療費を大幅に削減するだけでなく、肺機能の低下を弱め、慢性閉塞性肺疾患COPD患者の生活の質を向上させる可能性があり、この治療法のアンメットニーズとして認識されている。
【0009】
また、臨床試験でのデータ収集などの試験において、ネブライザを使用した薬剤の使用状況を監視する必要がある。現在、これらの試験では、ユーザが薬剤の使用に関して毎日のログを記入することが標準的な方法である。投与された薬剤がプラセボである可能性があり、効果が見られない場合には試験に参加していないことになるので、慢性閉塞性肺疾患COPDと同様に、薬物検査で被験者に与えられた指示へのコンプライアンスを確認することは、慢性閉塞性肺疾患COPDの場合よりも難しいか、おそらく困難である。さらに、臨床試験でのユーザによる信頼性の低いコンプライアンス報告は、スポンサーによる評価、規制当局による承認、そして最終的には医療従事者による慢性閉塞性肺疾患COPD患者の治療のための薬剤の特徴づけに利用される生理学的エンドポイントデータ(例:1秒あたりの強制吐き出し量、FEV1)に対する薬剤候補の真の効果を混乱させる可能性がある。したがって、ネブライザの使用や投薬に関するデータ収集とデータの幅を広げることは、もう一つのアンメットニーズである。
【課題を解決するための手段】
【0010】
一般に、本発明は、ネブライザ監視装置と、ネブライザ装置を備えているシステムと、および監視装置およびシステムを用いてユーザのネブライザ使用を監視する方法とに関する。いくつかの実施形態によれば、装置、システム、および方法は、ネブライザ内またはネブライザと共に配置されたセンサによる流量、湿度、温度、および動きの測定値を提供し、これを用いてユーザのネブライザのリアルタイムの使用を監視することができる。さらに、データを収集して、ユーザ、介護者、医療従事者が視覚化できるように、吐き出し量、呼吸数、体温などのデータに処理することができる。例えば、データは、使用コンプライアンスに関連するデータ収集、実験的研究、または吸い込み呼吸薬に対する反応や増悪の開始の追跡または検出のために使用することができる。本装置、システム、および方法は、したがって、予め設定された治療レジームに従ったネブライザ使用のコンプライアンスを促進するとともに、ユーザおよび増悪の開始をリアルタイムで監視することを支援する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
穿刺補助具
12日前
個人
男性用下着
4日前
個人
入れ歯
1か月前
個人
聴診器
1か月前
個人
エアリフター
4か月前
個人
蓋付きしびん
1か月前
個人
段差昇降装置
4か月前
個人
逆流防止用具
4か月前
個人
介護浴槽
2か月前
個人
排便漏れ予防装具
6日前
個人
入浴介護補助装置
1か月前
個人
鼻腔拡張具
4か月前
個人
マウスピース
14日前
個人
スプレー式目薬容器
2か月前
個人
透析装置の洗浄方法
4か月前
個人
電動式孫の手
4か月前
株式会社東亜産業
温熱具
4か月前
個人
座椅子脱着式車椅子
2か月前
株式会社コーセー
組成物
4か月前
個人
圧排器具
7日前
個人
弾性材一体コルセット
3か月前
株式会社いうら
介助リフト
3か月前
株式会社ニデック
眼科装置
1か月前
個人
マッサージガン保持具
3か月前
株式会社ニデック
検眼装置
4か月前
個人
根管治療用のファイル
3か月前
オンキヨー株式会社
聴診器
4か月前
クラシエ株式会社
毛髪化粧料
1か月前
大正製薬株式会社
固形組成物
3か月前
株式会社トクヤマ
唇用化粧料
18日前
クラシエ株式会社
香料組成物
7日前
株式会社コーセー
水系組成物
4日前
株式会社ダリヤ
整髪料組成物
2か月前
株式会社ダリヤ
整髪料組成物
2か月前
株式会社コーセー
粉末化粧料
1か月前
株式会社ニデック
OCT装置
4か月前
続きを見る