TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023125238
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-09-07
出願番号2022029227
出願日2022-02-28
発明の名称情報処理方法
出願人KDDI株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類G06Q 30/0207 20230101AFI20230831BHJP(計算;計数)
要約【課題】特典の付与に伴う送客に対する対価を決定する。
【解決手段】決済処理装置1は、ユーザの店舗における商品の購入に対応する決済金額と、ユーザを識別するためのユーザIDとを取得する要求受信部132及び決済用情報受信部134と、取得した決済金額よりも多い、ユーザに対して請求される基準金額を特定し、特定した基準金額から決済金額を減算して得られる差額を算出し、ユーザに請求される基準金額の支払処理が実行されたことを条件に、算出された差額を、取得したユーザIDに関連付けて蓄積する決済処理部135と、ユーザを示すユーザIDに関連付けて蓄積された一以上の差額の合計額が所定の条件を満たすと、ユーザに特典を付与する特典付与部136とを有する。
【選択図】図2




特許請求の範囲【請求項1】
コンピュータが実行する、
ユーザの店舗における商品の購入に対応する決済金額と、前記ユーザを識別するためのユーザ識別情報とを取得するステップと、
取得した前記決済金額よりも多い、前記ユーザに対して請求される基準金額を特定するステップと、
特定した前記基準金額から前記決済金額を減算して得られる差額を算出するステップと、
前記ユーザに請求される基準金額の支払処理が実行されたことを条件に、算出した前記差額を、取得した前記ユーザ識別情報に関連付けて蓄積するステップと、
前記ユーザを示す前記ユーザ識別情報に関連付けて蓄積された一以上の前記差額の合計額が所定の条件を満たすと、前記ユーザに特典を付与するステップと、
を有する情報処理方法。
続きを表示(約 1,600 文字)【請求項2】
前記コンピュータが実行する、前記ユーザ識別情報と、前記基準金額の算出に用いる単位額である基準単位額とを関連付けて記憶部に記憶させるステップをさらに有し、
前記基準金額を特定するステップにおいて、前記コンピュータは、前記ユーザ識別情報に関連付けて前記記憶部に記憶されている前記基準単位額の倍数に対応する金額のうち、前記決済金額以上となる最も小さい金額を前記基準金額と特定する、
請求項1に記載の情報処理方法。
【請求項3】
前記基準単位額を記憶させるステップにおいて、前記コンピュータは、前記基準単位額を前記ユーザが使用するユーザ端末から受け付けることにより、前記ユーザのユーザ識別情報と、前記基準単位額とを関連付けて前記記憶部に記憶させる、
請求項2に記載の情報処理方法。
【請求項4】
前記コンピュータが実行する、前記差額の合計額に対して付与される特典の選択を受け付け、前記ユーザの前記ユーザ識別情報と、受け付けた前記特典を識別するための特典識別情報とを関連付けて記憶部に記憶させるステップをさらに有し、
前記記憶部は、前記特典識別情報と、当該特典識別情報が示す特典の内容を示す情報と、当該特典に対応する前記所定の条件を示す条件情報とを関連付けて記憶し、
前記特典を付与するステップにおいて、前記コンピュータは、前記ユーザ識別情報に関連付けられている前記特典識別情報に対応する前記条件情報を特定し、前記ユーザ識別情報に関連付けて蓄積された前記差額の合計額が、特定した前記条件情報が示す前記所定の条件を満たすと、前記ユーザに特典を付与する、
請求項1から3のいずれか1項に記載の情報処理方法。
【請求項5】
前記所定の条件は、前記差額の合計額が所定の金額以上となることであり、
前記特典を付与するステップにおいて、前記コンピュータは、前記ユーザ識別情報に関連付けて蓄積された前記差額の合計額が、前記所定の金額以上であることを条件として、前記ユーザに特典を付与する、
請求項1から4のいずれか1項に記載の情報処理方法。
【請求項6】
前記特典を付与するステップにおいて、前記コンピュータは、前記ユーザ識別情報に関連付けて蓄積された前記差額の合計額が前記所定の金額以上であることを条件として、前記所定の金額に対応する前記特典を前記ユーザに付与する、
請求項5に記載の情報処理方法。
【請求項7】
前記特典を付与するステップにおいて、前記コンピュータは、前記特典を前記ユーザに付与するとともに、蓄積された前記差額の合計額から、前記特典に対応する金額を差し引く、
請求項6に記載の情報処理方法。
【請求項8】
前記蓄積するステップにおいて、前記コンピュータは、前記特典の付与とは異なる用途への利用が制限された前記差額を、取得した前記ユーザ識別情報に関連付けて蓄積する、
請求項7に記載の情報処理方法。
【請求項9】
前記特典を付与するステップにおいて、前記コンピュータは、前記差額の合計額から差し引かれる金額よりも金銭価値の大きい前記特典を前記ユーザに付与する、
請求項7又は8に記載の情報処理方法。
【請求項10】
前記特典を付与するステップにおいて、前記コンピュータは、前記ユーザ識別情報に関連付けて蓄積された前記差額の合計額が所定の条件を満たすと、前記ユーザが使用するユーザ端末から前記特典の付与に係る操作を受け付けることなく、前記ユーザに前記特典を付与する、
請求項1から9のいずれか1項に記載の情報処理方法。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、情報処理方法に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
従来、電子通貨を用いた電子決済が普及している(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2021-056777号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
電子通貨による決済を行う場合、簡単に決済できることから、ユーザが支出額を把握しにくいという問題がある。このため、ユーザの中には、支出を管理しやすくしたいというユーザも存在する。
【0005】
そこで、本発明はこれらの点に鑑みてなされたものであり、ユーザの支出を管理しやすくすることを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の第1の態様に係る情報処理方法は、コンピュータが実行する、ユーザの店舗における商品の購入に対応する決済金額と、前記ユーザを識別するためのユーザ識別情報とを取得するステップと、取得した前記決済金額よりも多い、前記ユーザに対して請求される基準金額を特定するステップと、特定した前記基準金額から前記決済金額を減算して得られる差額を算出するステップと、前記ユーザに請求される基準金額の支払処理が実行されたことを条件に、算出した前記差額を、取得した前記ユーザ識別情報に関連付けて蓄積するステップと、前記ユーザを示す前記ユーザ識別情報に関連付けて蓄積された一以上の前記差額の合計額が所定の条件を満たすと、前記ユーザに特典を付与するステップと、を有する。
【0007】
前記情報処理方法は、前記コンピュータが実行する、前記ユーザ識別情報と、前記基準金額の算出に用いる単位額である基準単位額とを関連付けて記憶部に記憶させるステップをさらに有し、前記基準金額を特定するステップにおいて、前記コンピュータは、前記ユーザ識別情報に関連付けて前記記憶部に記憶されている前記基準単位額の倍数に対応する金額のうち、前記決済金額以上となる最も小さい金額を前記基準金額と特定してもよい。
【0008】
前記基準単位額を記憶させるステップにおいて、前記コンピュータは、前記基準単位額を前記ユーザが使用するユーザ端末から受け付けることにより、前記ユーザのユーザ識別情報と、前記基準単位額とを関連付けて前記記憶部に記憶させてもよい。
【0009】
前記情報処理方法は、前記コンピュータが実行する、前記差額の合計額に対して付与される特典の選択を受け付け、前記ユーザの前記ユーザ識別情報と、受け付けた前記特典を識別するための特典識別情報とを関連付けて記憶部に記憶させるステップをさらに有し、前記記憶部は、前記特典識別情報と、当該特典識別情報が示す特典の内容を示す情報と、当該特典に対応する前記所定の条件を示す条件情報とを関連付けて記憶し、前記特典を付与するステップにおいて、前記コンピュータは、前記ユーザ識別情報に関連付けられている前記特典識別情報に対応する前記条件情報を特定し、前記ユーザ識別情報に関連付けて蓄積された前記差額の合計額が、特定した前記条件情報が示す前記所定の条件を満たすと、前記ユーザに特典を付与してもよい。
【0010】
前記所定の条件は、前記差額の合計額が所定の金額以上となることであり、前記特典を付与するステップにおいて、前記コンピュータは、前記ユーザ識別情報に関連付けて蓄積された前記差額の合計額が、前記所定の金額以上であることを条件として、前記ユーザに特典を付与してもよい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

KDDI株式会社
リザバーコンピューティング装置
21日前
KDDI株式会社
データ処理装置、データ処理方法及びプログラム
6日前
KDDI株式会社
アンカ決定装置、アンカ決定方法及びアンカ決定プログラム
6日前
KDDI株式会社
データ処理装置、データ処理システム、データ処理方法及びプログラム
6日前
KDDI株式会社
予め決定した主体対象の経路を利用する経路予測モデル、プログラム、装置及び方法
8日前
個人
テレ
8日前
個人
プログラム
20日前
個人
世界地図図法
22日前
個人
RFタグ読取装置
1か月前
個人
電子的施錠解錠装置
14日前
個人
オンライン認証技術
6日前
個人
画像処理装置
1か月前
個人
電子タグ
15日前
個人
配達管理システム
1日前
個人
全文検索プロセッサ
22日前
個人
旅程関連書籍選出システム
1か月前
個人
入退館管理システム
21日前
個人
自己創案を権利化する方法
20日前
個人
社会医療法人のコンサルタント
1日前
株式会社アトラエ
データ構造
1か月前
花王株式会社
鼻唇側影分析方法
1か月前
個人
罰金刑による犯罪のコントロール
22日前
井関農機株式会社
穀物乾燥調製機施設
1か月前
井関農機株式会社
穀物乾燥調製機施設
1か月前
NISSHA株式会社
押圧検出パネル
28日前
株式会社将星
商標支援システム
14日前
株式会社栗本鐵工所
入出力装置
1か月前
株式会社栗本鐵工所
入出力装置
1か月前
株式会社栗本鐵工所
入出力装置
1か月前
個人
パーソナルライブラリーシステム
1か月前
株式会社甲南堂
広告製作システム
1か月前
マクセル株式会社
書類用スタンド
1か月前
コクヨ株式会社
取引支援システム
22日前
株式会社Fums
資金調達システム
1か月前
キヤノン株式会社
情報処理装置
28日前
アイシン高丘株式会社
鋳造品検査装置
1か月前
Flag Counter
続きを見る