TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023121956
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-09-01
出願番号2022025336
出願日2022-02-22
発明の名称セロハン積層体
出願人三菱製紙株式会社
代理人
主分類B32B 23/08 20060101AFI20230825BHJP(積層体)
要約【課題】ブロッキングし難く、密着性が低い樹脂や金属に対して高い密着性を有するセロハン積層体を提供する。
【解決手段】セロハン基材の少なくとも一方の側にポリ乳酸樹脂と非ポリ乳酸ポリエステル樹脂を含有する易接着層を有し、該ポリ乳酸樹脂と該非ポリ乳酸系ポリエステル樹脂の質量比が10:90~80:20であることを特徴とするセロハン積層体。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
セロハン基材の少なくとも一方の側にポリ乳酸樹脂と非ポリ乳酸ポリエステル樹脂を含有する易接着層を有し、該ポリ乳酸樹脂と該非ポリ乳酸系ポリエステル樹脂の質量比が10:90~80:20であることを特徴とするセロハン積層体。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明はセロハンを基材とした積層体、およびその積層体に樹脂ラミネートした積層体に関する。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
近年、ごみ処理やマイクロプラスチックの問題などの環境対策の面で、水中、土中などで分解する生分解性樹脂が注目を集めている。中でもセロハンは生分解性に優れていることに加えて、透明性、光沢性、帯電防止性、易引裂き性などの優れた物性を備えているために注目されている材料である。セロハンはその優れた物性ゆえに、各種物品の包装材料としてこれまでにも広く利用されてきた。
【0003】
しかし、セロハンは防湿性、低温耐性、強度、ヒートシール性等が劣るために、これらの性質を補うことを目的として他の樹脂との積層体が数多く提案されている。例えば、特開平5-38784号公報(特許文献1)には、十分な強度や防湿性等に優れるラミネート組成物として、ポリ乳酸を主成分とするフィルムとセロハンを積層した分解性ラミネート組成物が開示されており、特開2004-306330号公報には、ヒートシール性等に優れたセロハン積層体として、セロハンにエチレン・不飽和エステル共重合体を積層した積層体が開示されている。また、特開2009-154527号公報には、高いヒートシール性および防湿性を有するヒートシール性フィルムとして、セロハン基材に塩化ビニル-酢酸ビニル系共重合体、硬化剤、および低分子量の可塑剤を含むヒートシール層を有するヒートシール性フィルムが開示されている。
【0004】
一方で、セロハンは各種材料との密着性が低いことも知られており、例えば、防湿・ガスバリア材料として使用される、アルミ蒸着によって作製されるアルミ薄膜や、生分解性でヒートシール性を有するポリブチレンサクシネート(PBS)樹脂等は容易に剥離してしまうことから、セロハンを利用する上での課題となっていた。特に、PBSはそれ自体が各種基材との密着性が低いことも相まって、セロハンとの密着性について改善が望まれていた。
【0005】
生分解性を有する粘着剤としては例えば特許文献2で乳酸単位を有する単量体と、乳酸を除く他の単量体を含む単量体混合物等の共重合体を含有する粘着剤が提案されており、このような粘着剤を適用することでセロハンと上記したような材料との密着性を改善することができるが、例えばセロハンに該粘着剤を含有する易接着層を設けた場合、ブロッキング防止のため離型フィルム等を用いないと巻き取ることが難しく、コストや生産性の面で課題となっていた。
【0006】
他方、特許文献3には部分酸変性ポリエステル系ポリオールとポリイソシアネートを含有する接着用組成物が記載され、また特許文献4にはウレタン変性ポリエステルとポリイソシアネート化合物を含有する接着剤が記載されているが、セロハンと上記したようなアルミ薄膜やPBS等との密着性については十分な効果が得られなかった。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0007】
特開平5-38784号公報
特開2021-169586号公報
特開2019-116557号公報
特開2006-335921号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
本発明の目的は、ブロッキングし難く、密着性が低い樹脂や金属に対して高い密着性を有するセロハン積層体を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明の上記目的は、下記に記載の発明により達成される。
セロハン基材の少なくとも一方の側にポリ乳酸樹脂と非ポリ乳酸ポリエステル樹脂を含有する易接着層を有し、該ポリ乳酸樹脂と該非ポリ乳酸系ポリエステル樹脂の質量比が10:90~80:20であることを特徴とするセロハン積層体。
【発明の効果】
【0010】
本発明により、ブロッキングし難く、密着性が低い樹脂や金属に対して高い密着性を有するセロハン積層体を提供することができる。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

三菱製紙株式会社
輸送用包装体
1か月前
三菱製紙株式会社
ガラス繊維ボード及びガラス繊維ボードの製造方法
25日前
三菱製紙株式会社
電磁波シールド材用不織布及び電磁波シールド材
17日前
東レ株式会社
積層体
11日前
東レ株式会社
積層体
19日前
東レ株式会社
積層体
1か月前
東レ株式会社
積層体
1か月前
東ソー株式会社
積層体
9か月前
東レ株式会社
積層不織布
9か月前
ユニチカ株式会社
シート
9か月前
東レ株式会社
多層成形品
2か月前
東レ株式会社
積層フィルム
2か月前
東レ株式会社
積層フィルム
9か月前
東レ株式会社
積層フィルム
7か月前
東レ株式会社
積層フィルム
3か月前
個人
生地
3か月前
東洋紡株式会社
離型フィルム
2か月前
東洋紡株式会社
離型フィルム
2か月前
三菱ケミカル株式会社
積層体
4か月前
三菱ケミカル株式会社
積層体
4か月前
セーレン株式会社
導電性編物
2か月前
東ソー株式会社
多層フィルム
5か月前
三菱ケミカル株式会社
積層体
4か月前
三菱ケミカル株式会社
積層体
3か月前
日本バイリーン株式会社
表面材
25日前
東ソー株式会社
易開封性積層体
9か月前
東ソー株式会社
易開封性積層体
9か月前
平岡織染株式会社
複合体シート
9か月前
三菱製紙株式会社
離型フィルム
9か月前
三菱製紙株式会社
離型フィルム
2か月前
東レ株式会社
多層積層フィルム
9か月前
株式会社カネカ
ポリイミド積層体
1か月前
三菱製紙株式会社
シートパレット
9か月前
三洋化成工業株式会社
複層硬化膜
1か月前
株式会社カネカ
ポリイミド積層体
2か月前
株式会社 スワコー
光学フィルム
2か月前
続きを見る