TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2023119417
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-08-28
出願番号2022022318
出願日2022-02-16
発明の名称ハンドル
出願人豊田合成株式会社
代理人個人
主分類B62D 1/06 20060101AFI20230821BHJP(鉄道以外の路面車両)
要約【課題】把持検知用の塗膜状のセンサ層と端子とを安定して接続できるハンドルを提供すること。
【解決手段】操舵時の把持を検知可能に、芯金の周囲に配設された軟質の被覆層10の表面側に、導電性材料を含有させた塗膜からなるセンサ層13、が配設され、センサ層13が、把持検知回路に導通するリード線36の端子40を接続させるハンドルW。被覆層10は、センサ層13を内周面21側に延設させて、端子40を挿入可能な挿入凹部20を備える。端子40は、導電性接着剤48を充填された挿入凹部20に挿入されて、センサ層13と接続される。
【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
ハンドル操舵時の把持を検知可能に、芯金の周囲に配設された軟質の被覆層の表面側に、導電性材料を含有させた塗膜からなるセンサ層、が配設され、
該センサ層が、把持を検知するための把持検知回路に導通するリード線の端子を接続させるハンドルであって、
前記被覆層が、前記センサ層を内周面側に延設させて、前記端子を挿入可能な挿入凹部を備え、
前記端子が、導電性接着剤を充填された前記挿入凹部に挿入されて、前記センサ層と接続される構成としていることを特徴とするハンドル。
続きを表示(約 370 文字)【請求項2】
前記挿入凹部が、前記端子を嵌め込む挿入口より、内部を拡径させた形状としていることを特徴とする請求項1に記載のハンドル。
【請求項3】
前記端子が、前記挿入口の内周縁に係止可能に、先端部と元部との間の中間部に、前記先端部より拡径させた拡径部を備えて構成されていることを特徴とする請求項2に記載のハンドル。
【請求項4】
前記端子が、拡張式のリベット若しくはねじ、から構成されていることを特徴とする請求項3に記載のハンドル。
【請求項5】
前記センサ層が、
導電性材料を含有したウレタン系塗料からなるモールドコート剤から形成され、前記被覆層の成形時に、前記被覆層の表面側に、配設される構成としていることを特徴とする請求項1乃至請求項4のいずれか1項に記載のハンドル。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、運転者が操舵時に把持する部位に、把持を検出可能なセンサ層が配設されて構成されるハンドルに関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
従来、この種のハンドルでは、操舵時に把持する把持部に、静電容量の増加により、把持を検知可能なシート状の導電性部材からなるセンサ層、が配設されて構成されていた(例えば、特許文献1参照)。センサ層は、ハンドルの把持部の表面側に配設されて、把持を検知する把持検知回路から延びるリード線の端子を、リベット止めしていた。センサ層は、ハンドルの把持部の芯金周囲の被覆層の表面側に、貼着等して配設されていた。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2018-63761号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、把持を検知するセンサ層が、芯金の周囲の被覆層の表面に、薄い塗膜のように配設されている場合には、センサ層の表面側に端子を配置させても、センサ層の裏面側に、貫通させたリベットの先端側を拡径させて、端子をセンサ層にリベット止めするようなスペースがなく、塗膜状のセンサ層と端子とを円滑に接続できない。この場合、センサ層の表面側に端子を載せた状態で、被覆層や芯金を貫通するように、リベットやねじ等の締結手段を貫通させて、締結させることが考えられる。しかしながら、この場合でも、センサ層が、被覆層の表面側に配設されており、締結時、リベットやねじの頭部が、センサ層を被覆層側に押し付ければ、端子の接触するセンサ層の部位が、センサ層の裏面側の被覆層の弾性変形により、破断等の亀裂を招く虞れが生じ、安定して、センサ層に端子を接続できず、センサ層と端子との安定した導通状態を確保し難い。特に、芯金を被覆する被覆層は、通常、発泡ウレタン等の軟質材から形成されており、被覆層の弾性変形が大きいことから、端子の接触するセンサ層の部位が、被覆層の弾性変形により、一層、破断等することとなって、安定してセンサ層に端子を接続できない。
【0005】
本発明は、上述の課題を解決するものであり、把持検知用の塗膜状のセンサ層と端子とを安定して接続できるハンドルを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明に係るハンドルでは、ハンドル操舵時の把持を検知可能に、芯金の周囲に配設された軟質の被覆層の表面側に、導電性材料を含有させた塗膜からなるセンサ層、が配設され、
該センサ層が、把持を検知するための把持検知回路に導通するリード線の端子を接続させるハンドルであって、
前記被覆層が、前記センサ層を内周面側に延設させて、前記端子を挿入可能な挿入凹部を備え、
前記端子が、導電性接着剤を充填された前記挿入凹部に挿入されて、前記センサ層と接続される構成としていることを特徴とする。
【0007】
本発明に係るハンドルでは、把持検知回路に導通するリード線の端子を、被覆層におけるセンサ層を内周面側まで延設させた挿入凹部に挿入させれば、挿入凹部内に充填されていた導電性接着剤により、挿入凹部内に接着させて配設させることができる。そして、挿入凹部に挿入された端子は、挿入凹部の内周面側まで延設されたセンサ層に対し、直接、接触していなくとも、導電性接着剤を介在させて導通状態を確保できる。また、センサ層は、端子と導通状態となる部位を、従来のリベットやねじ等の締結手段の締結力で圧縮させるわけではなく、単に、挿入凹部内に延設させるだけの構成でよいことから、破断する虞れは生じず、安定して、端子との導通状態を確保できる。
【0008】
したがって、本発明に係るハンドルでは、把持検知用の塗膜状のセンサ層と端子とを安定して接続することができる。また、センサ層と端子との接続作業が、導電性接着剤を充填した挿入凹部内に、単に、端子を挿入するだけで、簡便に行える。
【0009】
そして、本発明に係るハンドルでは、前記挿入凹部が、前記端子を嵌め込む挿入口より、内部を拡径させた形状としていてもよい。
【0010】
このような構成では、挿入凹部内で硬化した導電性接着剤が、端子と接合された状態で、挿入凹部の挿入口の内周縁に、係止されるような構成となることから、端子の挿入凹部からの外れが防止されて、端子とセンサ層との接続強度を向上させることができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
自転車の傘
5か月前
個人
サドル揺動装置
7か月前
個人
重量物移動台車
2か月前
個人
自動二輪車
8か月前
個人
二輪バイク補助輪
7か月前
個人
多目的運搬トレー
10か月前
個人
自転車
8か月前
個人
カウル取り付け器具
9か月前
個人
物品収納構造
10か月前
井関農機株式会社
作業機
3か月前
個人
サドル用収納ケース
11か月前
井関農機株式会社
作業機
5か月前
個人
車両用横転防止装置
3か月前
三甲株式会社
保護具
3か月前
個人
クリアレインシェード
2か月前
井関農機株式会社
作業車両
17日前
日本精機株式会社
表示装置
4か月前
井関農機株式会社
作業車両
8か月前
個人
固定具及び自転車
10か月前
個人
電動カート
9か月前
個人
車両底面への噴流発生器
9か月前
株式会社北誠商事
被覆構造体
4か月前
株式会社クラベ
面状ユニット
1か月前
個人
スライドレインプルーフ
1か月前
個人
自転車の駐輪装置
8か月前
株式会社ホシプラ
台車
2か月前
三甲株式会社
台車
5か月前
三甲株式会社
台車
3か月前
帝人株式会社
車両構造体
1か月前
個人
自動二輪車に装着する被服
9か月前
双福鋼器株式会社
ラック
10か月前
ヤマハ発動機株式会社
車両
3か月前
ヤマハ発動機株式会社
車両
11か月前
井関農機株式会社
走行車両
3か月前
豊田合成株式会社
ハンドル
10か月前
井関農機株式会社
作業車両
10か月前
続きを見る