TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023116368
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-08-22
出願番号2022031306
出願日2022-02-09
発明の名称ウィック付毛細管挿入縦型ヒートパイプ
出願人個人
代理人
主分類F28D 15/04 20060101AFI20230815BHJP(熱交換一般)
要約【課題】従来の縦型ヒートパイプは、下部が温熱源の場合は冷媒液の循環が効果的に行えるが、上部が温熱源の場合には効率が悪く、活用されていなかった。
【解決手段】従来の縦型ヒートパイプにウィックを取り付けた毛細管を挿入し冷媒液面を当該毛細管より上部にすることにより、毛細管現象による冷媒の上昇する力が内部のウィックにより強められ、また、上部の温熱源で気化した冷媒が冷媒液面を圧迫する力を用いて自発的に熱交換が行えるようにした。また、下部が温熱源の場合は毛細管外壁のウィックと壁面のウィックによるヒートパイプとして熱交換を行うことが可能である。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
ウィックを内側及び外側に取り付けた毛細管を挿入した縦型ヒートパイプ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
この発明は従来の縦型ヒートパイプにウィック付毛細管を挿入することにより、上部が温熱源の場合に毛細管により冷媒が一定方向に自発的に循環できるようにし、下部が温熱源の場合には従来のヒートパイプとして稼働するヒートパイプである。
続きを表示(約 550 文字)【背景技術】
【0002】
従来の縦型ヒートパイプは地中熱を利用した融雪の用途でしか活用されていなかった。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
縦型ヒートパイプは、下部が温熱源の場合は冷媒液の循環が効果的に行えるが、上部が温熱源の場合は冷媒が下降する力が暖められた冷媒が上昇しようとする力により弱められ効率が良くなかった。
【課題を解決するための手段】
【0004】
従来のヒートパイプにウィックを取り付けた毛細管を挿入することにより、上部が温熱源の場合、毛細管現象による冷媒の上昇する力が内部のウィックにより強められ、また、上部の温熱源で気化した冷媒が冷媒液面を圧迫する力を用いて冷媒液が毛細管内を上昇する一定方向の流れを作り出すことにより自発的に熱交換が行えるようにした。また、下部が温熱源の場合は毛細管外壁のウィックによりウィックの表面積が通常のヒートパイプより増加した高効率ヒートパイプとなる。
【発明の効果】
【0005】
本発明により、ヒートパイプの温熱源が上部及び下部のいずれの場合においても効率の良い熱交換が行え、地中熱利用や高層ビル等の熱輸送等に応用できる。

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
熱交換器
7か月前
株式会社ティラド
熱交換器
8か月前
株式会社ティラド
積層型熱交換器
8か月前
株式会社ティラド
熱交換ユニット
9か月前
個人
冷媒液注入及び封止方法
1か月前
株式会社ティラド
熱交換器の補強構造
8か月前
個人
放熱ニット網
3か月前
マルヤス工業株式会社
熱交換器
4か月前
株式会社ティラド
熱交換器のヘッダタンク
2か月前
株式会社ティラド
プレート積層型熱交換器
4か月前
株式会社ティラド
熱交換器の誤組防止構造
5か月前
古河電気工業株式会社
構造体
1日前
住友精密工業株式会社
熱交換器
8か月前
個人
ウィック付毛細管挿入縦型ヒートパイプ
9か月前
住友精密工業株式会社
熱交換器
2か月前
株式会社カンファクト
熱伝導部材及び冷却器具
9か月前
株式会社バルテック
プレート式熱交換器
6か月前
株式会社デンソー
熱交換器
7か月前
富士電機株式会社
冷却装置および蒸発器
5か月前
株式会社デンソー
熱交換器
7か月前
株式会社デンソー
熱交換器
8か月前
株式会社デンソー
熱交換器
4か月前
個人
薄型ウイック及び薄型ヒートパイプ
9か月前
株式会社バルテック
プレート式熱交換器
6か月前
新光電気工業株式会社
ヒートパイプ
6か月前
古河電気工業株式会社
ヒートパイプ
7か月前
株式会社ティラド
カッププレート積層型熱交換器
1か月前
株式会社神戸製鋼所
熱交換器
5か月前
株式会社デンソー
温度調節器
9か月前
株式会社デンソー
温度調節器
9か月前
株式会社ティラド
ヘッダプレートレス型熱交換器
8か月前
シャープ株式会社
熱交換器、及び、除湿機
3か月前
住友金属鉱山株式会社
煙灰除去装置
9か月前
株式会社デンソー
温度調節器
9か月前
日野自動車株式会社
熱交換器
3か月前
住友精密工業株式会社
熱交換システム
8か月前
続きを見る