TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023112637
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-08-14
出願番号2022025135
出願日2022-02-01
発明の名称抗がん剤の製造方法
出願人個人
代理人
主分類A61K 31/711 20060101AFI20230804BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】異常なタンパク質増殖を抑える効果を有する、抗がん剤の製造方法を提供する。
【解決手段】TATA-box、およびCAAT-boxに相補的な塩基配列を有するDNA、及び、RNAのテンプレートを人為的に合成・増幅させる。さらに、得られた塩基配列を細胞膜透過ペプチド(CPP)または膜透過ペプチド(PTD)、及び、核輸送の機構に則って、核内にてその効果を発揮する、インポーチンが結合する核局在化シグナル(NLS)とエクスポーチンの核外搬出シグナル(NES)を用いて合成し、治療を目的とする患部などに、身体に適した状態で適用する。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
(イ)TATA-box、およびCAAT-boxに相補的な塩基配列を有するDNA、及び、RNAのテンプレートを人為的に合成・増幅させる。
(ロ)(イ)の工程にて得られた塩基配列を細胞膜透過ペプチド(CPP)または膜透過ペプチド(PTD)、及び、核輸送の機構に則って、核内にてその効果を発揮する、インポーチンが結合する核局在化シグナル(NLS)とエクスポーチンの核外搬出シグナル(NES)を用いて合成し、治療を目的とする患部などに、身体に適した状態で適用する。
続きを表示(約 590 文字)【請求項2】
癌細胞が分泌するエクソソームにはmRNAが含まれることから、また、癌細胞は、ユビキレーションとプロテアソームによって分解できることから、ポリA鎖分解酵素デアデニレース、ユビキレーション化酵素、及び、酵素プロテアソームのDNA、もしくはRNAを取り出して増殖させ、得られたDNAテンプレート、またはRNAテンプレートを転写・翻訳によって、人為的にタンパク質合成・増幅させる。さらに、得られた酵素を細胞膜透過ペプチド(CPP)または膜透過ペプチド(PTD)、及び、核輸送の機構に則って、核内にてその効果を発揮する、インポーチンが結合する核局在化シグナル(NLS)とエクスポーチンの核外搬出シグナル(NES)を用いて合成し、身体に適した状態で適用する。
【請求項3】
ポリA鎖分解酵素デアデニレース、ユビキレーション化酵素、及び、酵素プロテアソームのプライマーの塩基配列と、膜透過、並びに核輸送のアミノ酸配列を合成し、身体に適した状態で適用する。
【請求項4】
ポリA鎖分解酵素デアデニレース、ユビキレーション化酵素、及び、酵素プロテアソームの塩基配列を、頭部と尾部のたんぱく質形成機能を消去し、感染力を喪失したウイルス、または、細菌に対する感染力を保持したウイルスのプロモーターの下流に挿入し、身体に適した状態で適用する。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、抗がん剤の製造方法に関する。
続きを表示(約 3,100 文字)【背景技術】
【0002】
従来、抗がん剤に関する研究は進歩してきたが、本発明の方法を用いた抗がん剤の製造方法は、未だ考案されていない。この発明は、異常なタンパク質増殖を抑える効果を有する、抗がん剤の製造方法に関するものである。
【0003】
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』出典、「遺伝子治療薬」、最終更新2021年9月5日、[online]、[令和3年11月30日検索]、インターネット<URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90%E6%B2%BB%E7%99%82
伏原大地(Daichi Fukuhara)著、「ヒトの設計図を基に薬を―核酸を使った病気の治療―」(‘Creating Drugs based on Human Blueprint―Treatment of Diseases Using Nucleic Acid―’)、2018年、[online]、[令和3年11月30日検索]、インターネット<URL:https://laborify.net/2018/12/14/fushihara-nucleic-acid-biochemistry/>
松浦能行 著、「核―細胞質間高分子輸送の構造生物学」、2011年、[online]、[令和3年8月13日検索]、インターネット<URL:https://www.jstage.jst.go.jp/article/biophys/51/5/51_5_208/_pdf>
ジュリアン・ルイス、マーティン・ラフ、キース・ロバーツ、ピーター・ウォルター、デビッド・モルガン他(Julian Lewis,Martin Raff,Keith Roberts,Peter Walter,David Morgan etc.)著、「細胞の分子生物学」(第6版)W・W・ノートン出版2014/12/2(‘Molecular Biology of The Cell’ the 6th edition,W.W.Norton,2014/12/2)
TIFF
2023112637000001.tif
16
155
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』出典、「細胞膜透過ペプチド」、最終更新2021年11月21日、[online]、[令和3年12月1日検索]、インターネット<URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/細胞膜透過ペプチド>
STREPHONSAYS掲載、「TATAとCAATボックスの違い」、最終更新日明、[online]、[令和4年1月28日検索]、インターネット<URL:https://ja.strephonsays.com/tata-and-caat-box-9235>
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
効果的な抗がん剤の製造方法
【課題を解決するための手段】
【0005】
TATA-box、およびCAAT-boxに相補的な塩基配列を有するDNA、及び、RNAのテンプレートを人為的に合成・増幅させる。さらに、得られた塩基配列を細胞膜透過ペプチド(CPP)または膜透過ペプチド(PTD)、及び、核輸送の機構に則って、核内にてその効果を発揮する、インポーチンが結合する核局在化シグナル(NLS)とエクスポーチンの核外搬出シグナル(NES)を用いて合成し、治療を目的とする患部などに、身体に適した状態で適用する。さらに、癌細胞が分泌するエクソソームにはmRNAが含まれることから、また、癌細胞は、ユビキレーションとプロテアソームによって分解できることから、ポリA鎖分解酵素デアデニレース、ユビキレーション化酵素、及び、酵素プロテアソームのDNA、もしくはRNAを取り出して増殖させ、得られたDNAテンプレート、またはRNAテンプレートを転写・翻訳によって、人為的にタンパク質合成・増幅させる。さらに、得られた酵素を細胞膜透過ペプチド(CPP)または膜透過ペプチド(PTD)、及び、核輸送の機構に則って、核内にてその効果を発揮する、インポーチンが結合する核局在化シグナル(NLS)とエクスポーチンの核外搬出シグナル(NES)を用いて合成し、身体に適した状態で適用する。または、ポリA鎖分解酵素デアデニレース、ユビキレーション化酵素、及び、酵素プロテアソームのプライマーの塩基配列と、膜透過、並びに核輸送のアミノ酸配列を合成し、身体に適した状態で適用する。もしくは、ポリA鎖分解酵素デアデニレース、ユビキレーション化酵素、及び、酵素プロテアソームの塩基配列を、頭部と尾部のたんぱく質形成機能を消去し、感染力を喪失したウイルス、または、細菌に対する感染力を保持したウイルスのプロモーターの下流に挿入し、身体に適した状態で適用する。
【発明の効果】
【0006】
異常なタンパク質増殖を抑える効果を有する、効果的な抗がん治療が実現する。
【発明を実施するための形態】
【0007】
TATA-box、およびCAAT-boxに相補的な塩基配列を有するDNA、及び、RNAのテンプレートを人為的に合成・増幅させる。さらに、得られた塩基配列を細胞膜透過ペプチド(CPP)または膜透過ペプチド(PTD)、及び、核輸送の機構に則って、核内にてその効果を発揮する、インポーチンが結合する核局在化シグナル(NLS)とエクスポーチンの核外搬出シグナル(NES)を用いて合成し、治療を目的とする患部などに、身体に適した状態で適用する。さらに、癌細胞が分泌するエクソソームにはmRNAが含まれることから、また、癌細胞は、ユビキレーションとプロテアソームによって分解できることから、ポリA鎖分解酵素デアデニレース、ユビキレーション化酵素、及び、酵素プロテアソームのDNA、もしくはRNAを取り出して増殖させ、得られたDNAテンプレート、またはRNAテンプレートを転写・翻訳によって、人為的にタンパク質合成・増幅させる。さらに、得られた酵素を細胞膜透過ペプチド(CPP)または膜透過ペプチド(PTD)、及び、核輸送の機構に則って、核内にてその効果を発揮する、インポーチンが結合する核局在化シグナル(NLS)とエクスポーチンの核外搬出シグナル(NES)を用いて合成し、身体に適した状態で適用する。または、ポリA鎖分解酵素デアデニレース、ユビキレーション化酵素、及び、酵素プロテアソームのプライマーの塩基配列と、膜透過、並びに核輸送のアミノ酸配列を合成し、身体に適した状態で適用する。もしくは、ポリA鎖分解酵素デアデニレース、ユビキレーション化酵素、及び、酵素プロテアソームの塩基配列を、頭部と尾部のたんぱく質形成機能を消去し、感染力を喪失したウイルス、または、細菌に対する感染力を保持したウイルスのプロモーターの下流に挿入し、身体に適した状態で適用する。
【実施例】
【0008】
上記の通り実施される。
【産業上の利用可能性】
【0009】
本明細書に記した、抗がん治療の一連の方法に、異常なタンパク質増殖を抑える効果を有する、効果的な抗がん治療という、産業上の利用可能性がある。

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
握り棒
4か月前
個人
体組成計
5か月前
個人
帽子
2か月前
個人
逆流防止用具
8日前
個人
押圧具
4か月前
個人
X線用貼付剤
1か月前
個人
介助用車椅子
5か月前
個人
ケース
3か月前
個人
エアリフター
12日前
個人
段差昇降装置
8日前
個人
抜歯器具
5か月前
個人
シミ皮膚改善剤
1か月前
個人
足指活性パッド
3か月前
個人
肩甲骨下制器具
2か月前
個人
注射器用カバー
4か月前
個人
薬剤塗布式孫の手
5か月前
個人
電動式孫の手
6日前
個人
全身麻酔用枕
3か月前
個人
透析装置の洗浄方法
2か月前
個人
アーシング青竹踏台
1か月前
株式会社コーセー
組成物
4日前
東レ株式会社
浄化カラム
5か月前
個人
除菌・消臭液
3か月前
個人
歯科用ハンドピース
3か月前
個人
歯科用ハンドピース
3か月前
株式会社東亜産業
温熱具
4日前
個人
透析装置の洗浄方法
2か月前
個人
歯科補綴装置
4か月前
個人
湯たんぽ保温カバー
4か月前
個人
抗細胞・遺伝子劣化剤
4か月前
株式会社ダリヤ
毛髪化粧料
2か月前
個人
座椅子型排泄介護装置
2か月前
株式会社ダリヤ
毛髪化粧料
2か月前
株式会社ダリヤ
酸性染毛料
20日前
株式会社ニデック
眼科装置
4か月前
株式会社カネカ
チューブ体
4か月前
続きを見る