TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023088068
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-06-26
出願番号2021202703
出願日2021-12-14
発明の名称回転翼航空機
出願人株式会社FINEMECH
代理人
主分類B64D 25/00 20060101AFI20230619BHJP(航空機;飛行;宇宙工学)
要約【課題】
複数のバッテリを有する回転翼航空機において、バッテリの管理・運用を簡素化して、墜落の恐れを回避しながら、製造コストが安い回転翼航空機を得ること。
【解決手段】
機体(10)に、モータ(31a、31b、32a、32b、33a、33b)と連結した少なくとも4つの回転翼(21a、21b、22a、22b、23a、23b)と、第1バッテリ(41)及び第2バッテリ(42)を備え、第1バッテリ(41)及び第2バッテリ(42)が、モータ(31a、31b、32a、32b、33a、33b)を半数ずつ分担して電力を供給し、第1バッテリ(41)及び第2バッテリ(42)の、一方が失陥した場合に、他方は電力を供給し続けるように構成した。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
機体に、モータと連結した少なくとも4つの回転翼と、第1バッテリ及び第2バッテリを備え、前記第1バッテリ及び第2バッテリが、前記モータを半数ずつ分担して電力を供給し、前記第1バッテリ及び第2バッテリの一方が失陥した場合に、他方は電力を供給し続けることを特徴とする回転翼航空機。
続きを表示(約 540 文字)【請求項2】
前記機体に設けた少なくとも3つのアームの上側と下側に、それぞれ前記回転翼及びモータを有して、前記第1バッテリ及び第2バッテリの、一方が上側の前記モータに電力を供給し、他方が下側の前記モータに電力を供給することを特徴とする請求項1に記載の回転翼航空機。
【請求項3】
前記第1バッテリ及び第2バッテリと前記モータとの間に、それぞれ第1コントローラ及び第2コントローラを備え、これら第1コントローラ及び第2コントローラを制御する中央コントローラを設けたことを特徴とする請求項1又は2に記載の回転翼航空機。
【請求項4】
前記第1コントローラ及び第2コントローラ、または前記中央コントローラは、前記各回転翼を駆動する前記各モータを監視するセンサを有したことを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の回転翼航空機。
【請求項5】
前記第1バッテリ及び第2バッテリの他に、第3バッテリをさらに備え、前記第1バッテリ及び第2バッテリの一方が失陥した場合に、前記第3バッテリが、失陥した前記バッテリに代わって、少なくとも着陸時に前記モータに電力を供給可能にしたことを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の回転翼航空機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、一般にドローンまたはマルチコプターと呼ばれ、複数のバッテリを動力源として、モータで駆動する回転翼(プロペラ)を4つ以上備えた回転翼航空機に関する。
続きを表示(約 1,000 文字)【背景技術】
【0002】
従来、複数のバッテリを動力源として、モータで駆動する回転翼を4つ以上備えた回転翼航空機としては、バッテリの蓄電量(残容量)を検出して、必要に応じて使用するバッテリを切り替える例(例えば、特許文献1、特許文献2)が知られている。
【0003】
しかしながら、上記従来の複数のバッテリを動力源として、モータで駆動する回転翼を4つ以上備えた回転翼航空機にあっては、バッテリの蓄電量が減った場合に墜落を回避する効果を得る半面、バッテリの運用を制御するため、バッテリの蓄電量を検出する必要があり、複雑で製造コストが高いという問題があった。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特許第6195216号公報
特許第6751962号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
本発明が解決しようとする課題は、バッテリの蓄電量を検出する必要があり、複雑で製造コストが高いという点である。
【0006】
すなわち、本発明の目的は、バッテリの管理・運用を簡素化して、墜落の恐れを回避しながら、製造コストが安い回転翼航空機を得ることにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明の回転翼航空機は、機体に、モータと連結した少なくとも4つの回転翼と、第1バッテリ及び第2バッテリを備え、第1バッテリ及び第2バッテリが、モータを半数ずつ分担して電力を供給し、第1バッテリ及び第2バッテリの、一方が失陥した場合に、他方は電力を供給し続けるように構成した。
【0008】
機体に設けた少なくとも3つのアームの上側と下側に、それぞれ回転翼及びモータを有して、第1バッテリ及び第2バッテリの一方が上側のモータに電力を供給し、他方が下側のモータに電力を供給することが好ましい。
【0009】
第1バッテリ及び第2バッテリとモータとの間に、それぞれ第1コントローラ及び第2コントローラを備え、これら第1コントローラ及び第2コントローラを制御する中央コントローラを設けたことも好ましい。
【0010】
第1コントローラ及び第2コントローラ、または中央コントローラは、各回転翼を駆動する各モータを監視するセンサを有したことも好ましい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
飛行体
2か月前
個人
ドローン係留装置
5か月前
個人
ドローンの計測飛行方法
7か月前
個人
空港用貨物搬送車
27日前
個人
自由落下運航システム
2か月前
個人
マルチコプター型電気飛行機
2か月前
個人
人工衛星推進材循環エンジン
1か月前
合同会社アドエア
飛行体落下補助装置
10か月前
合同会社アドエア
飛行体落下補助装置
4か月前
株式会社セネック
ドローンポート
15日前
株式会社セネック
ドローンポート
15日前
個人
飛行体
5か月前
株式会社中北製作所
羽ばたき装置
29日前
株式会社FINEMECH
回転翼航空機
12か月前
株式会社SUBARU
電動航空機
1か月前
株式会社中北製作所
羽ばたき装置
1か月前
河村電器産業株式会社
設備点検システム
7か月前
中国電力株式会社
物資運搬ドローン
10か月前
株式会社SUBARU
回転翼航空機
1か月前
国立大学法人九州大学
飛行体
3か月前
CAPXLE株式会社
緊急避難用気球
6か月前
SkyDeer株式会社
衛星制御方法
3か月前
CAPXLE株式会社
緊急避難用気球
6か月前
CAPXLE株式会社
緊急避難用気球
6か月前
京セラ株式会社
発着装置
8か月前
株式会社デンソー
推進装置
5か月前
株式会社FINEMECH
連結型回転翼航空機
7か月前
個人
ドローン
10か月前
株式会社JVCケンウッド
撮像システム
7か月前
トヨタ自動車株式会社
飛行体
9か月前
株式会社エムアイエー
機体フレーム
4か月前
スカイリンクテクノロジーズ株式会社
飛行機
19日前
日鉄テクノロジー株式会社
ドローン測定装置
6か月前
株式会社岩谷技研
気球
2か月前
日鉄テクノロジー株式会社
ドローン測定装置
6か月前
学校法人立命館
飛行体及び飛行体の駆動装置
1か月前
続きを見る