TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023074651
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-05-30
出願番号2021187677
出願日2021-11-18
発明の名称包装用紙
出願人三菱製紙株式会社
代理人
主分類B32B 29/00 20060101AFI20230523BHJP(積層体)
要約【課題】ヒートシール性を有し、耐熱変形性に優れ、及び酸素バリア性に優れる包装用紙を提供することである。
【解決手段】課題は、紙基材と、前記紙基材の少なくとも片面に対してバリア層と、紙基材を基準として前記バリア層の外側に対してヒートシール層とを有し、前記バリア層が無機層状鉱物及びポリヒドロキシウレタンを含有する包装用紙によって、解決することができる。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
紙基材と、前記紙基材の少なくとも片面に対してバリア層と、紙基材を基準として前記バリア層の外側に対してヒートシール層とを有し、前記バリア層が無機層状鉱物及びポリヒドロキシウレタンを含有する包装用紙。
続きを表示(約 95 文字)【請求項2】
前記無機層状鉱物が、マイカを含む請求項1に記載の包装用紙。
【請求項3】
前記マイカのアスペクト比が100以上である請求項2に記載の包装用紙。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、ヒートシール性を有する、紙を基材とする包装用紙に関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
マイクロプラスチック等の環境汚染問題から、包装材料の基材にプラスチックシートを採用せず、紙を基材にする包装用紙が既に存在する。例えば、紙基材の少なくとも一方の面に少なくとも2層以上の塗工層を有し、かつ前記塗工層の最表面がヒートシール層であり、前記ヒートシール層と紙基材の間に少なくとも1層のバリア層を有する包装用紙であって、前記バリア層がポリヒドロキシウレタンを含むことを特徴とする、酸素バリア性のある包装用紙が公知である(例えば、特許文献1参照)。但し、特許文献1に記載された包装用紙では、JIS K7126-1:2006に準拠して包装用紙の酸素透過度を、試験条件20℃及び80%下で、包装用紙の両面に接着剤で無延伸ポリプロピレンをラミネートした試験片を用いて酸素透過度測定装置で測定し、酸素透過度が100cc/m

・day・atm以下が酸素バリア性が有とする。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2021-138434号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に記載されるが如くの包装用紙は、包装用紙を測定した場合の酸素バリア性が未だ不十分である。
また、ポリヒドロキシウレタン等のポリウレタンはバリア性を有する樹脂であるものの熱変形が大きいために、樹脂の主成分としてポリウレタンを含有するバリア層に対してヒートシール層を設けた包装用紙では、ヒートシールを行うとバリア層が熱変形し、結果としてヒートシール部に皺、ズレ及びヨレを発生して外観に劣る場合がある。特に、紙基材である包装用紙は、基材がプラスチックシートである包装材料に比べて皺、ズレ及びヨレを発生し易い。また、ポリウレタンは、ポリ塩化ビニリデン等の従来公知のバリア性を有する樹脂に比べて有害性が低いものの、ポリウレタンの分子構造からバリア性が相対的に高くない。
【0005】
本発明の目的は、ヒートシール性を有し、樹脂の主成分としてポリウレタンを含有するバリア層で耐熱変形性に優れ、酸素バリア性に優れる包装用紙を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明者らは、樹脂の主成分としてポリウレタンを含有するバリア層でありながら、耐熱変形性及び酸素バリア性に優れる包装用紙について鋭意検討を行った。結果、本発明の構成を見出し、本発明の目的を達成するに至った。
【0007】
[1]紙基材と、前記紙基材の少なくとも片面に対してバリア層と、紙基材を基準として前記バリア層の外側に対してヒートシール層とを有し、前記バリア層が無機層状鉱物及びポリヒドロキシウレタンを含有する包装用紙。
【0008】
[2]上記無機層状鉱物が、マイカを含む上記[1]に記載の包装用紙。
【0009】
[3]上記マイカのアスペクト比が100以上である上記[2]に記載の包装用紙。
【発明の効果】
【0010】
本発明の包装用紙は、ヒートシール性を有し、樹脂の主成分としてポリウレタンを含有するバリア層で耐熱変形性に優れ、酸素バリア性に優れる。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

三菱製紙株式会社
印刷用塗工紙
22日前
三菱製紙株式会社
感光性樹脂組成物
17日前
東ソー株式会社
積層体
6か月前
東レ株式会社
積層不織布
6か月前
東レ株式会社
積層フィルム
6か月前
東レ株式会社
積層フィルム
8日前
個人
生地
15日前
東レ株式会社
積層フィルム
4か月前
三菱ケミカル株式会社
積層体
3日前
三菱ケミカル株式会社
積層体
1か月前
東ソー株式会社
多層フィルム
2か月前
三菱ケミカル株式会社
積層体
1か月前
三菱ケミカル株式会社
積層体
1か月前
三菱製紙株式会社
離型フィルム
6か月前
東レ株式会社
多層積層フィルム
6か月前
東ソー株式会社
易開封性積層体
6か月前
平岡織染株式会社
複合体シート
6か月前
東ソー株式会社
易開封性積層体
6か月前
三菱製紙株式会社
シートパレット
6か月前
ダイハツ工業株式会社
表皮材
6か月前
三菱ケミカル株式会社
硬化性重合体
6か月前
理研ビタミン株式会社
積層フィルム
5か月前
東洋紡株式会社
包装用積層フィルム
2日前
凸版印刷株式会社
積層体及び包装材料
6か月前
帝人株式会社
積層体の製造方法
2か月前
東レ株式会社
積層不織布および防護服
6か月前
日本バイリーン株式会社
通気性シート
6か月前
凸版印刷株式会社
化粧板
6か月前
株式会社トライフ
吸水性積層体
3か月前
日東電工株式会社
積層体
6か月前
東レ株式会社
繊維強化樹脂接合構造体
6か月前
東ソー株式会社
金属材料表面処理構造体
6か月前
凸版印刷株式会社
積層体および包装材料
6か月前
株式会社カネカ
多層ポリイミドフィルム
6か月前
大倉工業株式会社
熱収縮性積層フィルム
5か月前
東洋紡株式会社
包装用積層体及び包装袋
2日前
続きを見る