TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2023072917
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-05-25
出願番号2021185641
出願日2021-11-15
発明の名称紙容器
出願人凸版印刷株式会社
代理人
主分類B65D 75/32 20060101AFI20230518BHJP(運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い)
要約【課題】本発明の解決しようとする課題は、従来のプラスチック製ブリスターパックに代わる、紙を主材料とする立体収納容器を提案するものである。
【解決手段】収納物を載置するための中皿2と、中皿に嵌合し中皿を固定するための嵌合突起4を有する嵌合板3と、平面状のフランジ部6を有し下に凸の形状を有する下皿5と、平面状のフランジ部8を有し上に凸の形状を有する上皿7とから構成される収納容器であって、下皿と上皿とは紙を主体とする材料を立体的に成形したものであって、第1ヒンジ部9を介して繋がっており、嵌合板は、下皿の第1ヒンジ部と対向する辺において、下皿と第2ヒンジ部10を介して繋がっていることを特徴とする紙容器1である。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
収納物を載置するための中皿と、
中皿に嵌合し中皿を固定するための嵌合突起を有する嵌合板と、
平面状のフランジ部を有し下に凸の形状を有する下皿と、
平面状のフランジ部を有し上に凸の形状を有する上皿とから構成される収納容器であって、
下皿と上皿とは紙を主体とする材料を立体的に成形したものであって、第1ヒンジ部を介して繋がっており、
嵌合板は、下皿の第1ヒンジ部と対向する辺において、下皿と第2ヒンジ部を介して繋がっていることを特徴とする紙容器。
続きを表示(約 620 文字)【請求項2】
収納物を載置するための中皿と、
中皿に嵌合し中皿を固定するための嵌合突起を有する嵌合板と、
平面状のフランジ部を有し下に凸の形状を有する下皿と、
平面状のフランジ部を有し上に凸の形状を有する上皿とから構成される収納容器であって、
下皿と上皿とは紙を主体とする材料を立体的に成形したものであって、第1ヒンジ部を介して繋がっており、
嵌合板は、下皿に固定されていることを特徴とする紙容器。
【請求項3】
上皿の、第1ヒンジ部と対向するフランジ部に円弧状の切込みを設け、
下皿の、第1ヒンジ部と対向するフランジ部をこの切込みに挿入して、上皿と下皿とを固定できるようにしたことを特徴とする請求項1または2に記載の紙容器。
【請求項4】
下皿と上皿とを構成する紙を主体とする材料は、縦方向および横方向とも10%以上の伸びを有することを特徴とする請求項1~3のいずれか1項に記載の紙容器。
【請求項5】
下皿の、フランジ部から立ち下がる角度、および上皿の、フランジ部から立ち上がる角度は、いずれも40°以下であることを特徴とする請求項1~4のいずれか1項に記載の紙容器。
【請求項6】
第1ヒンジ部および第2ヒンジ部から選択される1以上にミシン目加工を施したことを特徴とする請求項1~5のいずれか1項に記載の紙容器。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、紙容器に関し、特に従来プラスチック製の容器が用いられていた用途にも使用が可能であり、環境に対する負荷がより小さい紙容器に関する。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
プラスチックシートを真空成形法等の加工方法によって、内容物に適した形状に成形した、ブリスターパックと呼ばれる包装形態が知られている。ブリスターパックは、内容物の形状に応じて、最適な形状に自由に成形することが可能であるため、マウス等の小型電子機器や各種製品用の包装形態として広く普及している。
【0003】
特許文献1に記載されたブリスターパックは、樹脂シートの成形品よりなる採便管収納用容器であって、従来人手に頼らざるを得なかった、輸送されてきた採便管の取り出しを自動化することが可能な容器である。
【0004】
しかし近年、プラスチック包装が地球環境に及ぼす影響が問題視されるにつれて、従来のプラスチック製ブリスターパックに代わり、環境に対する負荷がより小さい紙製のブリスターパック容器に対する期待が高まっている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特許第6534644号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
本発明の解決しようとする課題は、従来のプラスチック製ブリスターパックに代わる、紙を主材料とする立体収納容器を提案するものである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記の課題を解決するための手段として、請求項1に記載の発明は、収納物を載置するための中皿と、中皿に嵌合し中皿を固定するための嵌合突起を有する嵌合板と、平面状のフランジ部を有し下に凸の形状を有する下皿と、平面状のフランジ部を有し上に凸の形状を有する上皿とから構成される収納容器であって、下皿と上皿とは紙を主体とする材料を立体的に成形したものであって、第1ヒンジ部を介して繋がっており、嵌合板は、下皿の第1ヒンジ部と対向する辺において、下皿と第2ヒンジ部を介して繋がっていることを特徴とする紙容器である。
【0008】
本発明に係る紙容器は、紙を主体とする材料を立体的に成形したものであり、収納物を載置するための中皿を嵌合板によって固定したことにより、従来のプラスチック製のブリスターパックと遜色のない内容物保持性を発揮する。
【0009】
また、請求項2に記載の発明は、収納物を載置するための中皿と、中皿に嵌合し中皿を固定するための嵌合突起を有する嵌合板と、平面状のフランジ部を有し下に凸の形状を有する下皿と、平面状のフランジ部を有し上に凸の形状を有する上皿とから構成される収納容器であって、下皿と上皿とは紙を主体とする材料を立体的に成形したものであって、第1ヒンジ部を介して繋がっており、嵌合板は、下皿に固定されていることを特徴とする紙容器である。
【0010】
また、請求項3に記載の発明は、上皿の、第1ヒンジ部と対向するフランジ部に円弧状の切込みを設け、下皿の、第1ヒンジ部と対向するフランジ部をこの切込みに挿入して、上皿と下皿とを固定できるようにしたことを特徴とする請求項1または2に記載の紙容器である。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
容器
11か月前
個人
包装体
8か月前
個人
構造体
2か月前
個人
包装体
8か月前
個人
パレット
8か月前
個人
半蓋半箱筒
5か月前
個人
衣類カバー
8か月前
個人
脚付きの容器
11か月前
個人
折り畳み製品
6か月前
個人
内容物排出装置
8か月前
個人
段ボール用キリ
7か月前
個人
テープホルダー
6か月前
個人
送出具付き容器
9か月前
個人
開封用カッター
1か月前
個人
「即時結束具」
6か月前
個人
荷物運搬補助具
9か月前
個人
掃除楽々ゴミ箱
10日前
個人
パウチ容器
2か月前
個人
粘着テープカッタ
6か月前
個人
封筒
12か月前
個人
折りたたみコップ
11か月前
個人
コード長さ調整器
6か月前
個人
折りたたみコップ
1か月前
個人
ビニール袋開口具
9か月前
個人
チャック付き袋体
1か月前
個人
爪楊枝流通セット
5か月前
個人
収容ケース
9か月前
個人
伸縮するゴミ収納器
2か月前
株式会社KY7
封止装置
5か月前
日東精工株式会社
包装機
11か月前
三甲株式会社
容器
4か月前
凸版印刷株式会社
紙容器
12か月前
凸版印刷株式会社
包装袋
10か月前
三甲株式会社
容器
6か月前
凸版印刷株式会社
包装箱
11か月前
三甲株式会社
容器
5か月前
続きを見る