TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023069632
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-05-18
出願番号2021181650
出願日2021-11-08
発明の名称周波数変換装置
出願人日本放送協会
代理人個人
主分類H04B 1/26 20060101AFI20230511BHJP(電気通信技術)
要約【課題】既存の周波数変換装置の構成を変更することなく、変調信号から無変調信号を生成する。
【解決手段】周波数変換装置1は、従来の周波数変換装置90の回路に加え、分配器10,11,13、BPF12,15、LPF17及びミキサ14,16を備えている。ミキサ16は、BPF12によりフィルタ処理が施された周波数(f1-LO1)の信号と、BPF15によりフィルタ処理が施された周波数(f1-LO2)の信号とをミキシングし、周波数(LO1-LO2)の信号、及び周波数(2f1-(LO1+LO2))の信号を生成する。LPF17は、これらの信号に対し、所定の低周波数帯域(周波数(LO1-LO2)を含む帯域)の信号を通過させるためのフィルタ処理を施すことで、不要波を除去する。これにより、周波数(LO1-LO2)の測定用CWである無変調信号が得られる。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
複数のチャンネルを含む衛星放送の右旋円偏波の信号と第1の局部発振周波数LO
1
の信号とをミキシングすると共に、前記衛星放送の左旋円偏波の信号と第2の局部発振周波数LO
2
の信号とをミキシングすることで、前記右旋円偏波及び前記左旋円偏波の無線周波数を中間周波数に変換する周波数変換装置において、
前記右旋円偏波の信号と前記第1の局部発振周波数LO
1
の信号とがミキシングされることで得られた信号に、所望のチャンネルの中心周波数f
1
から前記第1の局部発振周波数LO
1
を減算した周波数(f
1
-LO
1
)を含む所定の帯域の信号を通過させるためのフィルタ処理を施す第1のBPF(バンドパスフィルタ)と、
前記右旋円偏波の信号と前記第2の局部発振周波数LO
2
の信号とをミキシングし、第1の信号を出力する第1のミキサと、
前記第1のミキサにより出力された前記第1の信号に、前記中心周波数f
1
から前記第2の局部発振周波数LO
2
を減算した周波数(f
1
-LO
2
)を含む所定の帯域の信号を通過させるためのフィルタ処理を施す第2のBPFと、
前記第1のBPFによりフィルタ処理が施された前記信号と、前記第2のBPFによりフィルタ処理が施された前記信号とをミキシングし、第2の信号を出力する第2のミキサと、
前記第2のミキサにより出力された前記第2の信号に、前記第1の局部発振周波数LO
1
から前記第2の局部発振周波数LO
2
を減算した周波数(LO
1
-LO
2
)を含む所定の低周波数の帯域の信号を通過させるためのフィルタ処理を施し、無変調信号を出力する第1のLPF(ローパスフィルタ)と、
を備えたことを特徴とする周波数変換装置。
続きを表示(約 990 文字)【請求項2】
複数のチャンネルを含む衛星放送の右旋円偏波の信号と第1の局部発振周波数LO
1
の信号とをミキシングすると共に、前記衛星放送の左旋円偏波の信号と第2の局部発振周波数LO
2
の信号とをミキシングすることで、前記右旋円偏波及び前記左旋円偏波の無線周波数を中間周波数に変換する周波数変換装置において、
前記左旋円偏波の信号と前記第2の局部発振周波数LO
2
の信号とがミキシングされることで得られた信号に、所望のチャンネルの中心周波数f
1
から前記第2の局部発振周波数LO
2
を減算した周波数(f
1
-LO
2
)を含む所定の帯域の信号を通過させるためのフィルタ処理を施す第3のBPF(バンドパスフィルタ)と、
前記左旋円偏波の信号と前記第1の局部発振周波数LO
1
の信号とをミキシングし、第3の信号を出力する第3のミキサと、
前記第3のミキサにより出力された前記第3の信号に、前記中心周波数f
1
から前記第1の局部発振周波数LO
1
を減算した周波数(f
1
-LO
1
)を含む所定の帯域の信号を通過させるためのフィルタ処理を施す第4のBPFと、
前記第3のBPFによりフィルタ処理が施された前記信号と、前記第4のBPFによりフィルタ処理が施された前記信号とをミキシングし、第4の信号を出力する第4のミキサと、
前記第4のミキサにより出力された前記第4の信号に、前記第1の局部発振周波数LO
1
から前記第2の局部発振周波数LO
2
を減算した周波数(LO
1
-LO
2
)を含む所定の低周波数の帯域の信号を通過させるためのフィルタ処理を施し、無変調信号を出力する第2のLPF(ローパスフィルタ)と、
を備えたことを特徴とする周波数変換装置。
【請求項3】
請求項1または2に記載の周波数変換装置において、
前記無変調信号を、前記衛星放送の受信電力を測定するために用いる信号とする、ことを特徴とする周波数変換装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、衛星放送波を受信する衛星放送受信装置に関する技術分野において、特に、無線周波数を中間周波数に変換する周波数変換装置に関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
現在の衛星放送は、右旋円偏波及び左旋円偏波を使用しており、衛星放送用の周波数は、11.7~12.75GHz(12GHz帯)である。また、衛星放送では、同軸ケーブルが12GHz帯の衛星放送波の受信信号を伝送できないため、12GHz帯のRF(無線周波数)を1.0~3.2GHzのIF(中間周波数)に変換するための周波数変換装置が用いられている。
【0003】
衛星放送波の受信を想定した周波数変換装置は、衛星放送波の右旋円偏波のRFを1032~2071MHzのIFに変換し、左旋円偏波のRFを2224~3224MHzのIFに変換する(例えば、非特許文献1を参照)。
【0004】
これらのIFは、前述の非特許文献1の規格で規定されており、周波数変換に用いる局部発振周波数は、右旋円偏波用がLO
1
=10.678GHz、左旋円偏波用がLO
2
=9.505GHzである。
【0005】
図4は、従来の周波数変換装置の構成例を示すブロック図である。この周波数変換装置90は、BPF(バンドパスフィルタ)100,103、ミキサ101,104及びLPF(ローパスフィルタ)102,105を備えて構成される。
【0006】
周波数変換装置90は、右旋円偏波用の入力部及び左旋円偏波用の入力部を有し、偏波分離された12GHz帯の衛星放送波の変調信号であるRFの右旋円偏波の信号及び左旋円偏波の信号を入力する。
【0007】
周波数変換装置90のBPF100、ミキサ101及びLPF102は、RFの右旋円偏波の信号をIFの右旋円偏波の信号に変換し、IFの右旋円偏波の信号を出力する。また、周波数変換装置90のBPF103、ミキサ104及びLPF105は、RFの左旋円偏波の信号をIFの左旋円偏波の信号に変換し、IFの左旋円偏波の信号を出力する。
【0008】
ミキサ101には、右旋円偏波用の局部発振周波数LO
1
=10.678GHzの信号が入力され、ミキサ104には、左旋円偏波用の局部発振周波数LO
2
=9.505GHzの信号が入力される。
【0009】
一方で、衛星放送波を受信する衛星放送受信装置において、混合器を用いて電力を測定する電力測定装置が知られている(例えば、特許文献1を参照)。この電力測定装置は、混合器を用いて、受信設備から漏洩する微弱電力を、周波数変換装置により変換された中間周波数の信号に基づき測定するものである。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0010】
特開2019-39843号公報
【非特許文献】
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日本放送協会
ルータ
3か月前
日本放送協会
受信装置
4か月前
日本放送協会
撮像装置
7か月前
日本放送協会
撮像素子
4か月前
日本放送協会
撮像装置
3か月前
日本放送協会
撮像装置
2か月前
日本放送協会
衛星中継器
12か月前
日本放送協会
透光性基板
6か月前
日本放送協会
衛星追尾装置
2か月前
日本放送協会
無線通信装置
12か月前
日本放送協会
信号測定装置
7か月前
日本放送協会
視聴予測装置
2か月前
日本放送協会
全天周カメラ
5か月前
日本放送協会
積層型撮像素子
5か月前
日本放送協会
磁性細線メモリ
3か月前
日本放送協会
バックプレーン
2か月前
日本放送協会
符号化撮像装置
2か月前
日本放送協会
周波数変換装置
11か月前
日本放送協会
磁気光学デバイス
11か月前
日本放送協会
放送受信システム
10か月前
日本放送協会
機械学習システム
2か月前
日本放送協会
ホログラム撮像装置
12か月前
日本放送協会
データ管理システム
6日前
日本放送協会
三次元映像表示装置
6か月前
日本放送協会
装着型映像表示装置
12か月前
日本放送協会
撮像素子の製造方法
4か月前
日本放送協会
光バイパススイッチ
3か月前
日本放送協会
三次元撮像システム
1か月前
日本放送協会
MTF測定用チャート
12か月前
日本放送協会
送信装置及び受信装置
3か月前
日本放送協会
表示端末、プログラム
21日前
日本放送協会
送信装置及び受信装置
10か月前
日本放送協会
送信装置及び受信装置
3か月前
日本放送協会
撮像素子及び撮像装置
3か月前
日本放送協会
受信装置及び受信方法
8か月前
日本放送協会
送信装置及び受信装置
3か月前
続きを見る