TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2023063969
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-05-10
出願番号2021174110
出願日2021-10-25
発明の名称記録装置
出願人株式会社トライテック
代理人
主分類B41J 2/01 20060101AFI20230428BHJP(印刷;線画機;タイプライター;スタンプ)
要約【課題】 機械精度誤差を高額な部品等を用いることなく確実に補正し、高度の画像記録精度を実現することが可能な記録装置を提供する。
【解決手段】 被記録媒体が載置されるテーブルと、被記録媒体に対して記録剤を吐出する記録ヘッドと、被記録媒体に画像データに応じた記録を行うためにテーブルと記録ヘッドとを相対的に移動させる移動手段と、移動手段に対してテーブルと記録ヘッドとを所定の移動量の相対的な移動をさせるよう指令する制御手段と、移動手段による移動における、制御手段により所定の移動量と実際の移動量との誤差に係る情報を取得する取得手段と、取得手段により取得された誤差に係る情報に応じて画像データを補正する補正手段とを有し、補正手段は、画像データを、各々がテーブルの複数の位置の各々に対応する複数のブロックに分割し、複数のブロックの各々を、誤差に係る情報に応じて移動させることにより前記画像データを補正する。
【選択図】 図15
特許請求の範囲【請求項1】
被記録媒体が載置されるテーブルと、
前記テーブルに載置された被記録媒体に対して記録剤を吐出する記録ヘッドと、
前記被記録媒体に対して画像データに応じた記録を行うために、前記テーブルと前記記録ヘッドとを相対的に移動させる移動手段と、
前記移動手段に対して、前記テーブルと前記記録ヘッドとを、所定の移動量に応じた相対的な移動をさせるよう指令するための制御手段と、
前記制御手段により前記移動手段に対して指令された前記所定の移動量と、前記制御手段による指令に応じた前記移動手段による前記テーブルと前記記録ヘッドとの実際の相対的な移動量との誤差に係る情報を取得する取得手段と、
前記取得手段により取得された前記誤差に係る情報に応じて前記画像データを補正する第1の補正手段と、
を有し、
前記第1の補正手段は、前記画像データを、各々が前記テーブルの前記複数の位置の各々に対応する複数のブロックに分割し、前記複数のブロックの各々を、対応する前記記録ヘッドの相対的な前記複数の位置各々の誤差に応じて移動させることにより前記画像データを補正することを特徴とする記録装置。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記移動手段は、前記テーブルと前記記録ヘッドとを第1の方向へ相対的に移動させるための手段と、前記テーブルと前記記録ヘッドとを前記第1の方向と略直交する第2の方向に相対的に移動させるための手段とを含んでおり、前記誤差に係る情報は、前記第1の方向及び前記第2の方向の前記誤差に係る情報を含むことを特徴とする、請求項1に記載の記録装置。
【請求項3】
前記第1の補正手段は、前記誤差に係る情報を格納するための格納手段を備えることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の記録装置。
【請求項4】
前記格納手段は前記記録装置の温度別の前記誤差に係る情報を複数格納し、前記第1の補正手段は、前記格納手段に格納された複数の前記誤差に係る情報から、前記記録装置の温度に応じた前記誤差に係る情報を選択し、選択された前記誤差に係る情報に応じて前記ブロックを移動させることを特徴とする請求項3に記載の記録装置。
【請求項5】
前記格納手段に格納された温度別の前記誤差に係る情報を2個以上用いて、前記格納手段に格納されていない温度に応じた前記誤差に係る情報を、さらに算出することを特徴とする、請求項4に記載の記録装置。
【請求項6】
前記第1の補正手段において、前記ブロックを移動させた時に、隣接する前記ブロックとの間で画素が重なる領域が発生するときは、前記重なる領域の画像データを論理和処理することを特徴とする、請求項1から請求項5のいずれか1項に記載の記録装置。
【請求項7】
前記第1の補正手段において、前記ブロックの移動量があらかじめ規定された第1の規定量超となる場合は、前記ブロックをさらに分割することを特徴とする、請求項1から請求項6のいずれか1項に記載の記録装置。
【請求項8】
前記第1の規定量が1画素であることを特徴とする、請求項7に記載の記録装置。
【請求項9】
前記被記録媒体の形状にかかわる形状情報を取得する形状情報取得手段と、前記形状情報に応じて前記画像データを補正する第2の補正手段とをさらに有することを特徴とする、請求項1から請求項8のいずれか1項に記載の記録装置。
【請求項10】
前記被記録媒体は、前記画像データが記録される被記録領域と、前記被記録領域に対し所定の位置関係で前記被記録領域の外周領域に配置された複数のアライメントマークを有し、
前記形状情報取得手段は、前記テーブルに載置された前記被記録媒体上の前記複数のアライメントマークの位置情報に基づいて前記形状情報を取得することを特徴とする請求項9に記載の記録装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は被記録媒体に対して画像を記録する記録装置に関するものである。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
従来、被記録媒体に対して直接画像を記録する画像記録装置として、インクを吐出するノズルが所定の方向に複数配列されたノズル列を有するインクジェットヘッドを走査させながら被記録媒体に対してインクを吐出して画像の記録を実施するインクジェット記録装置が知られている。
【0003】
インクジェット記録装置は、写真画像等の視覚的に閲覧される用途の印刷物の画像記録に使用されるのみならず、機能性材料等の特殊なインクの付与に用いられる場合もあり、特にかかる場合には、インクの液滴を被記録媒体表面上の意図する位置に確実に着弾させるような、従来よりも高度な画像記録精度が要求される場合がある。近年、インクジェット記録装置の画像記録の記録精度の向上に関する技術が種々提案されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2010-204421号公報
特開2021-21782号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
例えば、特許文献1には、基板に対する描画装置において、ベクターデータからラスターデータに変換した回路パターンを描画するための描画データを複数のメッシュ領域に分割し、基板に設けられたアライメントマークの位置に基づいてメッシュ領域を基板の形状に応じて再配置することで、基板のそり、ゆがみや、前工程での処理に伴う歪などの変形に応じた描画データを簡易に生成することのできる描画装置が提案されている。
【0006】
また、特許文献2には、基板に対する描画装置において、ステージ上の基準位置からの基板の周方向のずれである複数の区分傾斜角に応じた画像のランレングスデータを、複数の初期描画データとして予め記憶し、基板のステージ上での実際の傾斜角に応じて初期描画データの一つを選択し、選択した初期描画データに対してマトリクス状に配置された複数の描画ブロックを設定し、実際の傾斜角と区分傾斜角との差に応じて描画ブロックを移動させることで、迅速に描画データを生成し、ステージ上に傾いて載置された基板に対して、迅速かつ精度よく描画を行う描画装置が提案されている。
【0007】
ところで、インクジェット記録装置は、インクジェットヘッド、被記録媒体を載置するテーブル、インクジェットヘッド等を搭載するキャリッジ、キャリッジやテーブルを駆動させる各種駆動ユニットなど、様々な部材により構成される。そのため、インクジェット記録装置を構成する部材自体の製造精度の不良や、各部材の組付精度の不良や、これらに限られない複合的な要因に基づく機械精度誤差によって、インクジェットヘッドから吐出されたインク滴が、被記録媒体表面において、画像データの意図した位置に着弾しないという着弾精度不良が発生しうることで、記録品質の劣化が発生しうる。
【0008】
かかる機械精度誤差を、高精度な部材の選定や、組付精度の向上等の方法により解決するのでは、部品価格の上昇や組立作業工数の増大を招来し、インクジェット記録装置の製造コスト増大につながる。また、インクジェット記録装置においては、上記の通り、用途によっては、従来よりも高度な画像記録精度が要求されるため、これらの方法では要求される画像記録精度を満足することができない場合もある。
【0009】
さらに、上記の機械精度誤差は、インクジェット記録装置自体の画像記録精度の不良として、被記録媒体の歪みや載置状態にかかわらず発生するものであるから、特許文献1や特許文献2に開示される、被記録媒体自体のそり歪み等の形状の誤差や、ステージ上における載置の傾き応じた描画データの補正では解決できない場合もあり、また、機械精度誤差は、これらの文献に開示される方法により生成された描画データを用いた記録の精度の低下をも生じさせ得る。
【0010】
本発明は、上記問題を鑑みてなされたものであり、上記の問題を解決し、機械精度誤差を高額な部品等を用いることなく確実に補正し、高度の画像記録精度を実現することが可能な記録装置を提供するものである。
【課題を解決するための手段】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東レ株式会社
積層体
6か月前
シヤチハタ株式会社
印判
17日前
株式会社デュプロ
転写装置
5か月前
シヤチハタ株式会社
吐出容器
6か月前
三菱製紙株式会社
転写用基材
6か月前
東京インキ株式会社
親水化剤
3か月前
東京インキ株式会社
親水化剤
3か月前
株式会社リコー
電子機器
2か月前
ブラザー工業株式会社
印刷装置
6か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
5か月前
三菱製紙株式会社
画像形成方法
3か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
6か月前
ブラザー工業株式会社
印刷装置
6か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
6か月前
株式会社リコー
印刷装置
6か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
5か月前
三菱製紙株式会社
転写捺染用紙
3か月前
三菱製紙株式会社
転写捺染用紙
3か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
7か月前
株式会社リコー
印刷装置
4か月前
三菱製紙株式会社
転写捺染用紙
4か月前
キヤノン電子株式会社
印刷装置
7か月前
ブラザー工業株式会社
印刷装置
3か月前
キヤノン株式会社
プリンタ
6か月前
三光株式会社
感熱記録材料
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
三菱製紙株式会社
直接感熱記録材料
7日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
6か月前
株式会社リコー
液体吐出装置
4か月前
日本製紙株式会社
感熱記録体
7か月前
株式会社リコー
液体吐出装置
13日前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
7か月前
株式会社リコー
画像形成装置
7か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
続きを見る