TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2023042949
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-03-28
出願番号2021150387
出願日2021-09-15
発明の名称作業車両
出願人井関農機株式会社
代理人個人
主分類A01B 69/02 20060101AFI20230320BHJP(農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業)
要約【課題】部品点数を抑えたマーカの構成を提供する
【解決手段】機体1の側方に張出して隣接作業における次行程の経路目印を標すべくマーカ58を備える作業車両において、マーカ58を回転保持機構56によって保持し、機体1進行方向に対して左右に回転自在に設けてなり、前記回転保持機構56は、機体1の左右中心線C上に配置される軸支ボス60bとこの軸支ボス60bに対して前後方向に摺動自在に挿入される回転中心軸60cとこの回転中心軸60cを軸方向に付勢するバネ60fを備えた中心保持部60と、機体1側の係止部61cL,61cRに対して係脱し得る回転規制軸61aを備えた回転規制部61とを有する。
【選択図】 図8
特許請求の範囲【請求項1】
機体(1)の側方に張出して隣接作業における次行程の経路目印を標すべくマーカ(58)を備える作業車両において、マーカ(58)を回転保持機構(56)によって保持し、機体(1)進行方向に対して左右に回転自在に設けたことを特徴とする作業車両。
続きを表示(約 320 文字)【請求項2】
前記回転保持機構(56)は、機体(1)の左右中心線(C)上に配置される軸支ボス(60b)とこの軸支ボス(60b)に対して前後方向に摺動自在に挿入される回転中心軸(60c)とこの回転中心軸(60c)を軸方向に付勢するバネ(60f)を備えた中心保持部(60)と、機体(1)側の係止部(61cL,61cR)に対して係脱し得る回転規制軸(61a)を備えた回転規制部(61)と、を有する請求項1に記載の作業車両。
【請求項3】
回転規制部(61)の回転規制軸(61a)を係脱させる係止部(61cL,61cR)は回転中心保持部(60)の回転中心軸(60c)に対して点対称に設けてなる請求項2に記載の作業車両。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、農業用トラクタ等の作業車両に関し、特に次行程の経路として線引きをするマーカの構成に関する。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
従来、圃場での往復隣接作業において、次行程における目印又は目標となる溝を形成するマーカを機体の左右にそれぞれ設け、作業機の昇降に伴って左右のマーカを昇降させる連繋手段を備えたトラクタが公知である(特許文献1)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2020-166号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
このように構成すると、往復作業の往行程でマーカによって次行程の経路が標されて復行程の直進走行が熟練を問わず容易となる。しかしながらマーカを左右にそれぞれ設けるものであるから、部品点数が嵩みコスト上昇の要因となっていた。
【0005】
本発明は、上記に鑑みてなされたものであって、部品点数を抑えたマーカの構成を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を解決し目的を達成するために、請求項1に記載の発明は、機体1の側方に張出して隣接作業における次行程の経路目印を標すべくマーカ58を備える作業車両において、マーカ58を回転保持機構56によって保持し、機体1進行方向に対して左右に回転自在に設けてなる。
【0007】
請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の発明において、前記回転保持機構56は、機体1の左右中心線C上に配置される軸支ボス60bとこの軸支ボス60bに対して前後方向に摺動自在に挿入される回転中心軸60cとこの回転中心軸60cを軸方向に付勢するバネ60fを備えた中心保持部60と、機体1側の係止部61cL,61cRに対して係脱し得る回転規制軸61aを備えた回転規制部61と、を有する。
【0008】
請求項3に記載の発明は、請求項2に記載の発明において、回転規制部61の回転規制軸61aを係脱させる係止部61cL,61cRは回転中心保持部60の回転中心軸60cに対して点対称に設けてなる。
【発明の効果】
【0009】
請求項1に記載の発明によれば、マーカ58は、回転保持機構56によって回転でき、単一構成でありながら、機体1の左側又は右側の任意に次行程の経路目印を標すことができる。
【0010】
請求項2に記載の発明によると、請求項1に記載の効果に加え、マーカ58を保持する回転保持機構56は、前部フレーム55の前面において機体1左右中心線C上に配置される回転中心保持部60と、前部フレーム55側に設ける係止部に対して係脱し得る回転規制保持部61を有するから、作業中にマーカ58の回転を抑制できる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

井関農機株式会社
作業車両
1日前
井関農機株式会社
乗用型苗植機
1日前
井関農機株式会社
穀稈の刈取作業方法
4日前
個人
魚釣用ルアー
13日前
井関農機株式会社
作業車両
7日前
井関農機株式会社
作業車両
7日前
個人
計量カップ付き肥料袋
11日前
個人
イカが傘針を開く餌木
20日前
個人
木造人工島の海産物農業
7日前
井関農機株式会社
収穫機
8日前
井関農機株式会社
作業車両
6日前
井関農機株式会社
作業車両
8日前
井関農機株式会社
作業車両
11日前
井関農機株式会社
作業車両
18日前
個人
スライドハンマー
20日前
日東電工株式会社
水槽
14日前
みのる産業株式会社
作業台車
今日
井関農機株式会社
防除システム
5日前
グローブライド株式会社
釣り具
21日前
積水樹脂株式会社
トンネル栽培用支柱
20日前
井関農機株式会社
台木切断装置
11日前
井関農機株式会社
乗用型苗植機
1日前
カゴメ株式会社
トマト種子の製造方法
14日前
井関農機株式会社
乗用型苗植機
19日前
井関農機株式会社
農作業機用台車
14日前
個人
落口枡用取付部材及び落口枡
20日前
井関農機株式会社
乗用型苗移植機
19日前
グローブライド株式会社
電動リール
25日前
株式会社シマノ
釣糸ガイド及び釣竿
22日前
松山株式会社
農作業機
26日前
井関農機株式会社
障害物監視システム
18日前
グローブライド株式会社
ルアー
8日前
有限会社シーム
横紐支持具
7日前
グローブライド株式会社
魚釣用電動リール
25日前
TEAM ONE株式会社
害虫捕獲用粘着テープ
6日前
井関農機株式会社
作業車両の制御システム
19日前
続きを見る