TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2023012550
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-01-25
出願番号2022180423,2020558496
出願日2022-11-10,2020-06-26
発明の名称エアロゾル生成装置
出願人ケーティー アンド ジー コーポレイション
代理人弁理士法人RYUKA国際特許事務所
主分類A24F 40/40 20200101AFI20230118BHJP(たばこ;葉巻たばこ;紙巻たばこ;喫煙具)
要約【課題】適切なエアロゾル移行量及び吸引抵抗が提供されるようにシガレットが挿入される収容部、加熱要素及び収容部に形成され、加熱要素が挿入されるホールの関係を考慮して設計されたエアロゾル生成装置を提供する。
【解決手段】一実施例によるエアロゾル生成装置は、シガレットが挿入可能な収容部及び収容部の底面に形成されたホールを貫通して収容部内部に突出し、収容部に挿入されたシガレットを加熱する加熱要素を含み、底面上で、加熱要素の断面積対比ホールの断面積の比率は、1.8以上でもある。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
シガレットが挿入可能な収容部と、
前記収容部の底面に形成されたホールを貫通して前記収容部内部に突出し、前記収容部に挿入された前記シガレットを加熱する加熱要素と、を含み、
前記底面上で、前記加熱要素の断面積対比前記ホールの断面積の比率は、1.8以上である、エアロゾル生成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、エアロゾル生成装置に係り、さらに詳細には、ヒータの加熱要素が挿入されるホールが形成され、シガレットが収容される収容部を含むエアロゾル生成装置に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
最近、一般的なシガレットの短所を克服する代替方法に係わる需要が増加している。例えば、シガレットを燃焼させてエアロゾルを生成させる方法ではない、シガレット内のエアロゾル生成物質が加熱されることにより、エアロゾルが生成される方法に関する需要が増加している。これにより、加熱式シガレットまたは加熱式エアロゾル生成装置に対する研究が活発に進行されている。
【0003】
そのようなエアロゾル生成装置のシガレットが収容される収容部には、ヒータの加熱要素が挿入されるホールが形成され、ユーザのパフによって外部空気は、ホールを通じて収容部に流入され、その後、シガレット内部を通過して、ユーザにエアロゾルを伝達することができる。この際、ユーザに向上した喫煙感を提供するために、適切なエアロゾル移行量及び吸引抵抗によってエアロゾル生成装置が設計される必要がある。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本発明が解決しようとする課題は、適切なエアロゾル移行量及び吸引抵抗が提供されるようにシガレットが挿入される収容部、加熱要素及び収容部に形成され、加熱要素が挿入されるホールの関係を考慮して設計されたエアロゾル生成装置を提供することである。
【0005】
実施例を通じて解決しようとする課題は、上述した課題に制限されるものではなく、言及されていない課題は、本明細書及び添付図面から本発明が属する技術分野で通常の知識を有する者に明確に理解されるであろう。
【課題を解決するための手段】
【0006】
エアロゾル生成装置は、シガレットが挿入可能な収容部と、収容部の底面に形成されたホールを貫通して収容部内部に突出し、収容部に挿入されたシガレットを加熱する加熱要素と、を含み、底面上で、加熱要素の断面積対比ホールの断面積の比率は、1.8以上でもある。
【発明の効果】
【0007】
本発明の効果は、シガレットが挿入される収容部、加熱要素、及び収容部に形成され、加熱要素が挿入されるホールの関係を考慮してエアロゾルが設計されることで、適切なエアロゾル移行量及び吸引抵抗を通じて、ユーザに向上した喫煙感が提供される。
【0008】
実施例による効果が上述した効果に制限されず、言及されていない効果は、本明細書及び添付図面から本発明が属する技術分野で通常の知識を有する者に明確に理解されるであろう。
【図面の簡単な説明】
【0009】
実施例によるエアロゾル生成装置の正面図である。
図1のエアロゾル生成装置の分解図である。
エアロゾル生成物質を含むシガレットに係わる図面である。
図1のエアロゾル生成装置のA-A'断面図である。
図1のエアロゾル生成装置のB-B'断面図である。
図1のエアロゾル生成装置にシガレットが挿入された状態のB-B'断面図である。
A-A'断面において収容部に挿入されたシガレット内の温度分布を示すグラフである。
エアロゾル移行量に係わるグラフである。
吸引抵抗に係わるグラフである。
収容部及び加熱要素の他の実施例に係わる図面である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
一実施例によるエアロゾル生成装置は、シガレットが挿入可能な収容部と、収容部の底面に形成されたホールを貫通して収容部内部に突出し、収容部に挿入されたシガレットを加熱する加熱要素と、を含み、底面上で、加熱要素の断面積対比ホールの断面積の比率は、1.8以上でもある。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
喫煙補助具
15日前
個人
菊の葉巻(江戸菊)
14日前
個人
非燃焼性顆粒の製造方法
1か月前
日本たばこ産業株式会社
霧化用液体
2か月前
深せん易佳特科技有限公司
煙油の注入に便利なアトマイザー
7日前
Future Technology株式会社
喫煙器具及びその制御方法
2か月前
寧波依蘭雅絲護膚品有限公司
加熱式電子タバコ
1か月前
Future Technology株式会社
加熱式タバコ用カートリッジ
3か月前
Future Technology株式会社
加熱式タバコ用カートリッジ
3か月前
Future Technology株式会社
喫煙具用カートリッジ
1日前
C&H株式会社
物質の混合方法、ベイプリキッド、ベイプリキッドの生成装置
3か月前
Future Technology株式会社
喫煙器具
2か月前
日本たばこ産業株式会社
エアロゾル生成装置の電源ユニット
2か月前
日本たばこ産業株式会社
吸引装置、制御方法、及び吸引システム
2か月前
日本たばこ産業株式会社
吸引装置、基材、制御方法、及び吸引システム
2か月前
雲南中煙工業有限責任公司
煙量の多い両用型タバコ及びその使用方法と使用
16日前
Future Technology株式会社
芳香カートリッジ
2日前
Future Technology株式会社
喫煙具用カートリッジ
1か月前
Future Technology株式会社
喫煙具用カートリッジ
1か月前
Future Technology株式会社
加熱式喫煙装置
2か月前
雲南中煙工業有限責任公司
多層構造の発煙粒子、その製造方法、使用方法、及び使用
16日前
株式会社GREEN RUSH BY WEED
加熱式擬似喫煙具用カートリッジ
13日前
日本たばこ産業株式会社
たばこ製品の香味料担持構成部材及びこの製造方法
14日前
Future Technology株式会社
喫煙器具および喫煙器具の製造方法
3か月前
日本たばこ産業株式会社
喫煙物品の製造方法
3か月前
Future Technology株式会社
電子タバコカートリッジ
7日前
日本たばこ産業株式会社
システム及び情報処理装置
2か月前
ザノプリマ ライフサイエンシズ リミテッド
組成物
3か月前
日本たばこ産業株式会社
吸引成分生成装置
2か月前
ニコベンチャーズ トレーディング リミテッド
電子蒸気供給装置
1か月前
日本たばこ産業株式会社
吸引成分生成装置
3か月前
日本たばこ産業株式会社
非燃焼加熱型喫煙装置
3か月前
Future Technology株式会社
芳香カートリッジ及びエアロゾル形成基材
1か月前
Future Technology株式会社
香発生体及び香発生体の製造方法、並びに、カートリッジ
7日前
日本たばこ産業株式会社
エアロゾル生成装置
2か月前
日本たばこ産業株式会社
エアロゾル生成装置
2か月前
続きを見る