TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022176715
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-11-30
出願番号2021083275
出願日2021-05-17
発明の名称包装体
出願人大倉工業株式会社
代理人
主分類B65D 85/50 20060101AFI20221122BHJP(運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い)
要約【課題】異物混入の可能性を無くし、且つ、袋口部側の上部を絞った包装体を提供する。
【解決手段】重なり合うプラスチックフィルム12からなる包装袋に内容物が収容された包装体10において、包装体の周縁近傍の重なり合うプラスチックフィルムを、蛇腹状に折り畳んだ状態で溶着された絞り部16を備え、包装袋が平面略矩形状であり、包装袋の袋口部近傍に絞り部が形成され、包装袋の袋口部がシールにより封緘されていることを特徴とする包装体。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
重なり合うプラスチックフィルムからなる包装袋に内容物が収容された包装体において、
前記包装体の周縁近傍の重なり合う前記プラスチックフィルムを、蛇腹状に折り畳んだ状態で溶着された絞り部を備えることを特徴とする包装体。
続きを表示(約 530 文字)【請求項2】
前記包装袋が平面略矩形状であることを特徴とする請求項1記載の包装体。
【請求項3】
前記包装袋の袋口部近傍に、前記絞り部が形成されることを特徴とする請求項1又は2記載の包装体。
【請求項4】
前記包装袋の前記袋口部がシールにより封緘されていることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか記載の包装体。
【請求項5】
前記プラスチックフィルムが多層構成であり、基材層とシーラント層を少なくとも備えることを特徴とする請求項1乃至4のいずれか記載の包装体。
【請求項6】
前記基材層が、融点が180℃以下の樹脂を主成分とする延伸フィルムであることを特徴とする請求項5記載の包装体。
【請求項7】
前記基材層及び前記シーラント層が、ポリエチレンからなることを特徴とする請求項5又は6に記載の包装体。
【請求項8】
前記絞り部が、ヒートシールにより溶着されていることを特徴とする請求項1乃至7のいずれか記載の包装体。
【請求項9】
前記絞り部が、超音波シールにより溶着されていることを特徴とする請求項1乃至7のいずれか記載の包装体。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、包装体に関し、具体的には食品や非食品を包装した包装体に関する。
続きを表示(約 2,100 文字)【背景技術】
【0002】
包装体として、例えば、特許文献1には、図3に示すように、漬物等の内容物110が熱可塑性合成樹脂のインフレーションチューブ製包装袋112に収容され、袋口部が結束具114により閉じられた包装体100が提案されている。
この包装体は、平袋であっても袋口部側の上部を絞ることで立体的なボリューム感がある包装ができると共に立たせた状態での陳列が可能であり、また上部が扇形となることで見栄えが良く、更に調味液が入った内容物の場合には、少ない調味液で内容物を漬すことができる等の有効な包装形態である。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
実開昭58―73786号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、上述の包装形態においては、結束具等の部材を使用することから、包装体内に異物が混入するおそれがある。
そこで、本発明は、異物混入の可能性を無くし、且つ、袋口部側の上部を絞った包装体を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
すなわち本発明によると以下の包装体が提供される。
[1]重なり合うプラスチックフィルムからなる包装袋に内容物が収容された包装体において、前記包装体の周縁近傍の重なり合う前記プラスチックフィルムを、蛇腹状に折り畳んだ状態で溶着された絞り部を備えることを特徴とする包装体が提供され、
[2]前記包装袋が平面略矩形状であることを特徴とする[1]の包装体が提供され、
[3]前記包装袋の袋口部近傍に、前記絞り部が形成されることを特徴とする[1]又は[2]の包装体が提供され、
[4]前記包装袋の前記袋口部がシールにより封緘されていることを特徴とする[1]乃至[3]のいずれか記載の包装体が提供され、
[5]前記プラスチックフィルムが多層構成であり、基材層とシーラント層を少なくとも備えることを特徴とする[1]乃至[4]のいずれか記載の包装体が提供され、
[6]前記基材層が、融点が180℃以下の樹脂を主成分とする延伸フィルムであることを特徴とする[5]の包装体が提供され、
[7]前記基材層及び前記シーラント層が、ポリエチレンからなることを特徴とする[5]又は[6]に記載の包装体が提供され、
[8]前記絞り部が、ヒートシールにより溶着されていることを特徴とする[1]乃至[7]のいずれか記載の包装体が提供され、
[9]前記絞り部が、超音波シールにより溶着されていることを特徴とする[1]乃至[7]のいずれか記載の包装体が提供される。
【発明の効果】
【0006】
本発明の包装体は、包装体の周縁近傍の重なり合うプラスチックフィルムを蛇腹状に折り畳んだ状態で溶着された絞り部を備えることで結束具等の別部材を使用する必要がないことから、包装体内に異物が混入するおそれが無い等の顕著な効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【0007】
本発明の一実施形態を表す包装体の上部を示す拡大平面図である。
本発明の一実施形態の包装体の製造方法を示す模式図である。
従来の包装体を表す平面図である。
【発明を実施するための形態】
【0008】
以下、本発明の実施形態について説明する。本発明の範囲はこれらの説明に拘束されることはなく、以下の例示以外についても、本発明の趣旨を損なわない範囲で適宜変更し実施することができる。
【0009】
図1は、本発明の一実施形態を表す包装体の上部を示す拡大平面図である。
図1に示す包装体10は、重なり合うプラスチックフィルム12からなる包装袋に内容物が収容された包装体10において、包装体の周縁13近傍の重なり合うプラスチックフィルム12を、蛇腹状に折り畳んだ状態で溶着された絞り部16を備えることを特徴とする。
【0010】
本発明における包装体10の包装形態は特に限定されるものではなく、例えば、内容物が収容される前の包装袋が、三方シールや四方シールの平袋や、インフレーションチューブからなる平袋、ピロー包装袋、ガゼット袋等の袋に内容物を収容した後、包装体10の周縁13近傍の重なり合うプラスチックフィルム12に上記絞り部16を形成したものが挙げられる。
このうち、包装袋としては平袋、特に平面が略矩形状の平袋が好ましい。絞り部16を備えることで、平袋であっても周縁13近傍を絞ることで立体的なボリューム感がある包装ができると共に立たせた状態での陳列が可能であり、また絞り部16により周縁部17が扇形となることで見栄えが良く、更に調味液が入った内容物の場合には、少ない調味液で内容物を漬すことができる包装体とすることができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

大倉工業株式会社
包装体
2か月前
個人
袋。
2か月前
個人
収納容器
1か月前
個人
袋開口機
4か月前
個人
ホルダー
5か月前
個人
注ぎ口器具
5か月前
個人
袋口締め具
4か月前
個人
食品掴む具
2か月前
個人
液体用小袋
4か月前
個人
食品包装容器
4か月前
個人
テープ巻付機
2か月前
個人
水切りごみ袋
16日前
個人
部品供給装置
5か月前
個人
部品供給装置
9日前
個人
部品供給装置
14日前
個人
水切りごみ袋
3か月前
個人
組立容器
16日前
個人
テープカッター
5か月前
個人
袋綴じ具
3か月前
個人
圧縮蓋付ゴミ箱
1か月前
個人
袋掛けスタンド
7か月前
個人
包装容器
1か月前
個人
卵トレイ
2か月前
個人
廃棄物収納容器
8か月前
個人
ごみ袋拡張固定具
7日前
株式会社KY7
蓋部材
4か月前
凸版印刷株式会社
蓋材
3か月前
個人
飲料用容器
1か月前
個人
容器の閉鎖蓋構造
14日前
個人
多層構造食品容器
4か月前
個人
鼻水取り器
7か月前
凸版印刷株式会社
包装体
8か月前
株式会社イシダ
箱詰装置
8か月前
三甲株式会社
容器
8か月前
大倉工業株式会社
包装体
2か月前
凸版印刷株式会社
包装袋
3か月前
続きを見る