TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022176368
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-11-25
出願番号2022162081,2018555101
出願日2022-10-07,2017-01-11
発明の名称水を分配するための混合蛇口
出願人クーカー インターナショナル ベスローテン フェンノートシャップ
代理人個人,個人
主分類E03C 1/044 20060101AFI20221117BHJP(上水;下水)
要約【課題】 水を分配するための改良された混合蛇口を提供する。
【解決手段】 混合蛇口は、蛇口本体と;蛇口本体に取り付けられた噴出口と;蛇口本体内に配置された混合装置と;少なくとも部分的に可撓性のホースと;を備える。可撓性のホースの流入端は排出口に接続され、流出端は混合水を分配するための噴出口の分配端の近くに備えられたノズルに終端する。混合蛇口は、噴出口の分配端へ延びる収容ダクトを持つ。ノズル付きホースは、噴出口に関して、ホースが分配端に関して突出する引き抜き位置と、ホースが分配端に関して延在しない通常位置との間で動かすことが可能である。ホースが通常位置にあるときのみ、混合蛇口は、水源からの水を分配するように構成されている。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
水を分配するための混合蛇口であって、
蛇口本体であって、取付け開口内に又は上に前記蛇口本体を取り付けるための取付け端を持つ、前記蛇口本体と、
前記蛇口本体内に又は上に取り付けられ、分配端を備えた噴出口と、
前記蛇口本体内に配置された混合装置であって、冷水のための第1の取入れ口と、熱水のための第2の取入れ口と、混合水のための排出口とを有する、前記混合装置と、
少なくとも部分的に可撓性のホースであって、該可撓性のホースは流入端と流出端とを持つ第1の水導管を有し、前記流入端は前記排出口に接続され、前記流出端は前記混合水を分配するための前記噴出口の前記分配端の近くに備えられたノズルに終端する、前記可撓性のホースと、を備え、
前記混合蛇口は、前記取付け端から前記ホースの少なくとも一部を受けるための前記分配端へ延びる、収容ダクトを持ち、
前記ノズル付きホースは、前記噴出口に関して、前記ホースが前記分配端に関して突出する引き抜き位置と、前記ホースが前記分配端に関して延在しないかまたはより少ない程度だけ延在する通常位置との間で動かすことが可能であり、
前記ホースは、第2の流入端と第2の流出端とを持つ第2の水導管を持ち、前記第2の流入端は、水源から来る水供給導管を接続するための連結部に接続されており、前記第2の流出端は前記ノズルに終端しており、
前記ホースが前記通常位置にあるときのみ、前記混合蛇口は、前記水源からの水を分配するように構成されている、
ことを特徴とする混合蛇口。
続きを表示(約 730 文字)【請求項2】
前記混合蛇口は、前記噴出口に関して前記ホースの実際の位置を判断するための位置センサを備える、請求項1に記載の混合蛇口。
【請求項3】
前記位置センサは、近接センサ又は接触センサである、請求項2に記載の混合蛇口。
【請求項4】
前記位置センサは、前記蛇口本体内に取り付けられる、請求項2又は3に記載の混合蛇口。
【請求項5】
前記混合蛇口は、前記混合蛇口によって前記水源から来る水の前記分配を操作するための操作要素を備える、請求項1~4のいずれかに記載の混合蛇口。
【請求項6】
前記操作要素は、電気的操作信号を発するように構成されている、請求項5に記載の混合蛇口。
【請求項7】
前記操作要素は、前記蛇口本体の回りに延在する操作環である、請求項5又は6に記載の混合蛇口。
【請求項8】
前記ホースは、前記ノズル付きホースを前記通常位置に引っぱるため、及び/又は前記ノズル付きホースを前記通常位置に保持するためのバラスト要素を備えている、請求項1~7のいずれかに記載の混合蛇口。
【請求項9】
前記水源から来る前記水供給導管を接続するための前記連結部は、前記バラスト要素内に又は近くに配置されている、請求項8に記載の混合蛇口。
【請求項10】
前記ホースは、ループ部分と噴出部分とを持ち、前記噴出部分は、前記収容ダクト内に少なくとも部分的に延在して、前記ノズルに接続されており、前記ループ部分は、前記混合装置の前記排出口に接続されている、請求項1~9のいずれかに記載の混合蛇口。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、水を分配するための混合蛇口に関し、特に、引き抜きノズルを持つ混合蛇口に関する。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
混合蛇口は、混合水を分配するために使用される。そのような混合蛇口は、混合水を分配するための混合装置を備える。混合装置は、冷水用の第1の取入れ口と、熱水用の第2の取入れ口と、排出口とを備える。混合装置を操作することによって、熱水と冷水との所望の比が設定され、所望の量の混合水が排出口から分配され得る。混合装置のセッティングに依存して、混合水は冷水と熱水との混合物となり得るが、また、全て冷水また全て熱水であってもよい。
【0003】
混合装置は、混合水の体積流出量と、熱水と冷水との混合比との両方を設定するための単一の操作要素を持ってよい。混合装置は、また、2つ以上の操作要素を持ってもよく、例えば、冷水の体積流出量を設定するためのものと、熱水の体積流出量を設定するためのものであって、従って、混合比と混合水の量とを規定する。
【0004】
ある種の混合蛇口は、引き抜きノズルを備える。この目的のために、混合蛇口は、少なくとも部分的に可撓性のホースを備え、その可撓性のホースは、流入端と流出端とを持つ水導管を備える。流入端は、混合装置の排出口に接続され、流出端は、噴出口の分配端の近くに備えられた、混合水を分配するためのノズルに終端する。この場合、混合蛇口は、蛇口本体の取付け端から噴出口の分配端へ延びているホースの少なくとも一部を受けるための収容ダクトを備える。ノズル付きホースは、噴出口に関して、ホースが分配端から突出する引き抜き位置と、ホースが分配端から突出しないかまたは僅かな程度突出する通常位置との間で動かされ得る。
【0005】
そのような混合蛇口で、したがって、ノズル付きホースは、通常位置から、ホースが噴出口から突出する、引き抜き位置へと動かすことが可能である。ホースの可撓性のために、ノズルは、噴出口に関して引き抜き位置において揺り動かされ得、例えば、流しの隅に到達するために、ノズルから流れ出る水ジェットのリーチを増加することができる。また、これら混合蛇口は、引き抜きエアレータ(aerator)付き混合蛇口とも呼ばれる。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
本発明の目的は、水を分配するための改良された混合蛇口を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明は、請求項1に記載の水を分配するための混合蛇口を提供する。
【0008】
本発明によれば、周知の引き抜きノズル付き混合蛇口の機能性は、単一の引き抜きノズル付き噴射口から、例えば、非常に熱い水又は沸騰水の、付加的な種類の水を供給するためのこの種の蛇口に設計することによって、著しく増加される。
【0009】
この目的のために、第2の水導管が、水源からの発する水を供給し分配するためのノズル付き移動可能なホースに備えられる。水源は、例えば、非常に熱い水又は沸騰水、例えば、95℃より高い温度を持つ水を分配するための装置であって良く、又は、冷水及び/又は冷やされた水を分配するための装置であって良く、冷水及び/又は冷やされた水は、好ましくは、ろ過された冷水及び/又は冷やされた水である。
【0010】
ホース内に第2の水導管を提供することによって、またノズルを介して分配される水源から発する水は、この場合において、第1の水導管内の水とは接触せず、又は実質的に少しの程度だけ接触する。これは、特に、そのように非常に熱い水又は沸騰水及び/又はろ過された冷水又はろ過された冷やされた水を消費する傾向にある水に対して有利である。何故なら、新鮮な水が、他の水、特に、ボイラ等で上昇された温度にある熱水と混合されないからである。更に、水源から発する水の供給が開放されたとき、混合水と、混合蛇口のノズルへ水源から発する水との両方に対して共通の水導管を使用することの結果として、混合されない水が、最初に、ノズルを介して分配されるだろう。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
貯水槽
1か月前
個人
定量給水装置
2か月前
個人
貯水槽
1か月前
個人
雨水貯留自動変換装置
1か月前
丸一株式会社
締め付け部材
今日
個人
濾過給水貯水タンク装置
今日
個人
飛沫遮蔽具
1か月前
TOTO株式会社
小便器装置
1か月前
個人
雨水貯留機能を持つ共同溝
1日前
TOTO株式会社
衛生設備機器
2か月前
TOTO株式会社
浴室床
28日前
個人
流台に於ける貯水槽
1か月前
TOTO株式会社
浴室床
28日前
株式会社KVK
水栓
今日
株式会社KVK
水栓
1日前
株式会社KVK
水栓
1日前
個人
洗浄水供給装置
2か月前
株式会社LIXIL
便器装置
2か月前
株式会社日本アルファ
排水構造
1か月前
株式会社アクアライン
便器装置
1か月前
フジクス株式会社
排水管の洗浄工法
1か月前
株式会社ダイクレ
グレーチング
1か月前
SANEI株式会社
槽体システム
28日前
SSH株式会社
グリーンインフラ用基盤材
2か月前
株式会社アクアリンク
ケレップ交換補助具
1か月前
株式会社e6s
非常時対応水洗トイレシステム
24日前
有限会社祐企建設
グレーチング用受枠とその設置方法
1か月前
TOTO株式会社
洗浄水タンク装置、及び水洗大便器
1か月前
株式会社川本製作所
給水装置
16日前
株式会社川本製作所
給水装置
16日前
株式会社オクムラ道路
更生材投入機
6日前
有限会社横川鉄工所
簡易水栓及び簡易手洗い装置
1日前
株式会社オカトク
管路施工法
2か月前
株式会社フジタ
植栽基盤
今日
個人
トイレシステム及びサブトイレユニット
1か月前
株式会社中部コーポレーション
グレーチング用受枠
1か月前
続きを見る