TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022175534
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-11-25
出願番号2021082010
出願日2021-05-13
発明の名称蓄電池およびその利用システム
出願人株式会社ジェンク
代理人個人
主分類H02J 7/35 20060101AFI20221117BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】移動可能な太陽光発電に用いる蓄電池を提供する。
【解決手段】太陽電池により発電した電力を蓄電できる蓄電池と、該蓄電池を設置できる架台とを有する蓄電池システム。
【発明の効果】本発明によれば、従来自家消費か、電力会社に買い取ってもらうしかなかった太陽光発電した電力が、太陽光発電パネルを設置していない家庭、その他電源が必要な施設にも流通させることができ、太陽光発電した電力の利用が促進されるという効果が得られる。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
太陽電池により発電した電力を蓄電できる蓄電池と、
該蓄電池を設置できる架台と、
を有する蓄電池システム。
続きを表示(約 550 文字)【請求項2】
架台が配電盤に接続できる、請求項1の蓄電池システム。
【請求項3】
架台が太陽光発電システムに接続できる請求項1の蓄電池システム。
【請求項4】
前記蓄電池がインバーターを内蔵する蓄電池である請求項1~3のいずれか1項に記載の蓄電池システム。
【請求項5】
前記蓄電池がキャスターを有し、上下動することで、蓄電池と架台の電極の接触を制御できることを特徴とする、請求項1~4のいずれか1項に記載の蓄電池システム。
【請求項6】
前記蓄電池が直流および交流のいずれでも出力できる蓄電池である、請求項1~5のいずれか1項に記載の蓄電池システム。
【請求項7】
キャスター付きの蓄電池を用いて、太陽光発電で発電した電力を、太陽光発電システムを持たない家庭にも提供できる、請求項1~6のいずれか1項に記載の蓄電池システム。
【請求項8】
移動可能な蓄電池を用いて、太陽光発電した電力を貯蔵し、太陽光発電をしていない家庭でも太陽光発電由来の電力を利用できるようにする方法。
【請求項9】
請求項8の方法により、太陽光発電した電力を効率よく一般家庭および/または工場に提供する方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、蓄電池に関する。より詳しくは、太陽光発電により発電した電気を貯蔵する蓄電池およびその利用システムに関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
近年、SDGsなどにより、CO
2
排出ガスの削減が求められており、その有効な手段として太陽光発電などの自然エネルギーの普及が推奨されている。しかしながら、家庭で太陽光発電した場合、自家利用(例えば、特許文献1)するか、自宅で使って余った電力を電力会社に売電する場合がほとんどで、太陽光発電を蓄電池に貯蔵している家庭は少ない。
【0003】
また、高価格で電力会社が買い取る契約が終了し、売電金額が安くなり、売電賦課金が増加して太陽光発電するメリットが減少しており、台風や地震などにより設備が破損する、パワーコンディショナーから発火するなどの問題が起きていることから太陽電池の普及が進みにくくなったという問題があった。
【0004】
また、発電した電気を貯蔵する蓄電池は通常大型で固定されており、移動することが困難という問題があった。
そこで、上記の問題を解決し、より柔軟に太陽光発電を活用できるシステムが求められていた。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2021-48666号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
太陽光発電した電力を移動可能にする蓄電池を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0007】
(1)太陽電池により発電した電力を蓄電できる蓄電池と、
該蓄電池を設置できる架台と
を有する蓄電池システム。
(2)架台が配電盤に接続できる(1)の蓄電池システム。
(3)架台が太陽光発電システムに接続できる(1)の蓄電池システム。
(4)前記蓄電池がインバーターを内蔵する蓄電池である(1)~(3)のいずれか1に記載の蓄電池システム。
(5)前記蓄電池がキャスターを有し、架台の設置箇所で蓄電池が上下動することで、蓄電池と架台の電極の接触を制御できることを特徴とする、(1)~(4)のいずれか1に記載の蓄電池システム。
(6)前記蓄電池が直流および交流のいずれでも出力できる蓄電池である、(1)~(5)のいずれか1に記載の蓄電池システム。
(7)キャスター付きの蓄電池を用いて、太陽光発電で発電した電力を、太陽光発電システムを持たない家庭にも提供できる、(1)~(6)のいずれか1に記載の蓄電池システム。
(8)移動可能な蓄電池を用いて、太陽光発電した電力を貯蔵し、太陽光発電をしていない家庭でも太陽光発電由来の電力を利用できるようにする方法。
(9)(8)の方法により、太陽光発電した電力を効率よく一般家庭および/または法人に提供する方法。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、移動が容易な太陽光発電用蓄電池およびそれを用いるシステムが提供される。
【図面の簡単な説明】
【0009】
図1は、本発明の架台と蓄電池を示す図である。
図2は、本発明の架台の平面図と蓄電池の底面図である。
図3は、本発明の別の実施形態を示す図である。
図4は、本発明の別の実施形態を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
本発明は、従来太陽光発電で発電した電力を、自宅(または自社)と電力会社で消費していたのを、移動可能な蓄電池に蓄電することで発電した電気を貯蔵し、それ以外の場所でも使用できるようにするものである。すなわち、太陽光発電した電力を移動可能な蓄電池に貯蔵して、必要に応じて、他の家庭や工場、学校、などで使用できるようにするための蓄電池貯蔵、運搬、使用するシステムを提供する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

ダイハツ工業株式会社
モータ
7日前
サンデン株式会社
インバータ装置
8日前
キヤノン株式会社
電子機器
1日前
サンデン株式会社
インバータ装置
8日前
ミネベアミツミ株式会社
レゾルバ
6日前
株式会社IHI
固定子
1日前
株式会社永木精機
剥離用工具
今日
個人
交流スイッチ回路のスイッチング制御法
6日前
株式会社豊田自動織機
回転電機
8日前
株式会社豊田自動織機
流体機械
6日前
日本精工株式会社
アクチュエータ
今日
株式会社デンソー
電源装置
1日前
中国電力株式会社
仮送電ケーブル接続装置
今日
株式会社IHI
固定子
1日前
マツ六株式会社
操作盤取付ボックス
6日前
株式会社IHI
固定子
1日前
日立Astemo株式会社
回転電機
1日前
株式会社SUBARU
回転電機及び車両
1日前
トヨタ自動車株式会社
ロータの製造方法
今日
山洋電気株式会社
電力変換装置
6日前
本田技研工業株式会社
電気的接続構造
1日前
日産自動車株式会社
ガイド部品及び回転電機
8日前
株式会社TERADA
フロアコンセント
今日
株式会社デンソー
電子装置
7日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
電力変換装置
8日前
三菱電機株式会社
電力変換装置
今日
三菱電機株式会社
電力供給装置
1日前
株式会社日立産機システム
屋外キュービクル
6日前
矢崎総業株式会社
バックアップ電源装置
1日前
トヨタ自動車株式会社
モータ
1日前
株式会社デンソー
電子制御装置
6日前
矢崎総業株式会社
プロテクタ
今日
株式会社デンソー
電子制御装置
6日前
ミネベアミツミ株式会社
モータ
6日前
トヨタ自動車株式会社
モータジェネレータの冷却構造
6日前
株式会社デンソー
電気装置および回転電機装置
6日前
続きを見る