TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022175173
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-11-25
出願番号2021081383
出願日2021-05-13
発明の名称定着装置および画像形成装置
出願人シャープ株式会社
代理人個人
主分類G03G 15/20 20060101AFI20221117BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】定着回転体の回転不良を簡単な構成で速やかに検出できる定着装置を提供する。
【解決手段】定着装置は、ウォームアップ時に、定着回転体の表面温度の温度上昇の情報に基づいて、定着回転体が回転不良状態であるかどうかを検出する第1不良状態検出部、および定着回転体が回転不良状態であることが検出されたとき、熱源およびモータを制御して、定着回転体の加熱および加圧回転体の回転を停止させる停止動作を実行する制御部を備える。
【選択図】図9
特許請求の範囲【請求項1】
記録媒体上に形成されたトナー像を熱定着させる定着装置であって、
定着回転体、
前記定着回転体を加熱する熱源、
前記定着回転体の外周面と当接して当該定着回転体との間にニップ部を形成すると共に、当該定着回転体を従動回転させる加圧回転体、
前記加圧回転体を回転駆動させるモータ、
前記定着回転体の表面温度を検出する温度検出部、
前記定着回転体を回転させながら目標温度まで昇温するウォームアップ時に、前記温度検出部によって検出された前記定着回転体の表面温度の温度上昇の情報に基づいて当該定着回転体が回転不良状態であるかどうかを検出する第1不良状態検出部、および
前記第1不良状態検出部によって前記定着回転体が回転不良状態であることが検出されたとき、前記熱源および前記モータを制御して、前記定着回転体の加熱および前記加圧回転体の回転を停止させる停止動作を実行する制御部を備える、定着装置。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
前記制御部は、前記停止動作を実行した後、前記定着回転体の加熱および前記加圧回転体の回転を再開するリトライ動作を実行し、前記停止動作および前記リトライ動作を連続して所定回数実行した後に、前記第1不良状態検出部によって前記定着回転体が回転不良状態であることが検出されたときは、エラー通知を実行すると共に前記定着装置の起動を停止する、請求項1記載の定着装置。
【請求項3】
前記定着回転体に対する前記加圧回転体の当接圧を変更可能な当接圧変更機構を備え、
前記制御部は、前記停止動作を実行した後であって前記リトライ動作を実行する前に、前記当接圧変更機構および前記モータを制御して、前記定着回転体に対する前記加圧回転体の当接圧を低当接圧とした状態で当該加圧回転体を所定時間回転させる低当接圧回転動作を実行する、請求項2記載の定着装置。
【請求項4】
前記低当接圧回転動作を行うとき、前記温度検出部によって検出された前記定着回転体の表面温度の温度降下の情報に基づいて当該定着回転体が回転不良状態であるかどうかを検出する第2不良状態検出部を備え、
前記制御部は、前記第2不良状態検出部によって前記定着回転体が回転不良状態であることが検出されたとき、前記熱源および前記モータを制御して、前記定着回転体を加熱しながら前記加圧回転体を所定時間回転させる加熱回転動作を実行する、請求項3記載の定着装置。
【請求項5】
前記定着装置に対する供給電圧の値に応じて設定された複数の上昇速度閾値を記憶する閾値記憶部、および
前記定着装置に対する供給電圧を検出する供給電圧検出部を備え、
前記第1不良状態検出部は、前記温度検出部によって検出された温度の上昇速度が、前記供給電圧検出部によって検出された供給電圧に基づいて選択した前記上昇速度閾値以上のとき、前記定着回転体が回転不良状態であることを検出する、請求項1から4のいずれかに記載の定着装置。
【請求項6】
前記第1不良状態検出部によって前記定着回転体が回転不良状態であることが検出された積算回数を記憶する積算回数記憶部、および、
前記積算回数を表示可能な表示部を備える、請求項1から5のいずれかに記載の定着装置。
【請求項7】
請求項1から6のいずれかに記載の定着装置を備える、画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
この発明は定着装置および画像形成装置に関し、特にたとえば、定着回転体と加圧回転体とを備え、記録媒体上に形成されたトナー像を熱定着させる、定着装置および画像形成装置に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
従来の定着装置の一例が特許文献1に開示される。特許文献1の定着装置は、定着ベルト(定着回転体)と、加圧ローラ(加圧回転体)と、定着ベルトを介して加圧ローラに圧接してニップ部を形成する固定部材と、定着ベルトの内周面に対向するように固設されて定着ベルトを加熱するパイプ状の金属部材と、ニップ部上流側で定着ベルトの表面温度を検知する第1温度検知手段と、ニップ部下流側で加圧回転体の表面温度を検知する第2温度検知手段とを備える。そして、タイミングを合わせて検知された2つの温度検知手段の検知温度の温度差が所定の閾値を超えたときに、加熱手段による加熱を停止する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2011-186001号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1の技術では、定着回転体の温度を検出する温度センサに加えて、加圧回転体の温度を検出する温度センサも必要となるため、コストがかかる。
【0005】
それゆえに、この発明の主たる目的は、新規な、定着装置および画像形成装置を提供することである。
【0006】
この発明の他の目的は、定着回転体が回転不良状態であることを簡単な構成で可及的速やかに検出できる、定着装置および画像形成装置を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
第1の発明は、記録媒体上に形成されたトナー像を熱定着させる定着装置であって、定着回転体、定着回転体を加熱する熱源、定着回転体の外周面と当接して当該定着回転体との間にニップ部を形成すると共に、当該定着回転体を従動回転させる加圧回転体、加圧回転体を回転駆動させるモータ、定着回転体の表面温度を検出する温度検出部、定着回転体を回転させながら目標温度まで昇温するウォームアップ時に、温度検出部によって検出された定着回転体の表面温度の温度上昇の情報に基づいて当該定着回転体が回転不良状態であるかどうかを検出する第1不良状態検出部、および第1不良状態検出部によって定着回転体が回転不良状態であることが検出されたとき、熱源およびモータを制御して、定着回転体の加熱および加圧回転体の回転を停止させる停止動作を実行する制御部を備える、定着装置である。
【0008】
第1の発明によれば、定着回転体の表面温度の温度上昇の情報に基づいて定着回転体が回転不良状態であるかどうかを判定するので、簡単な構成で、定着回転体が回転不良状態であることを速やかに検出できる。したがって、定着回転体の異常昇温による損傷を適切に防止できる。
【0009】
第2の発明は、第1の発明に従属し、制御部は、停止動作を実行した後、定着回転体の加熱および加圧回転体の回転を再開するリトライ動作を実行し、停止動作およびリトライ動作を連続して所定回数実行した後に、第1不良状態検出部によって定着回転体が回転不良状態であることが検出されたときは、エラー通知を実行すると共に定着装置の起動を停止する。
【0010】
第3の発明は、第2の発明に従属し、定着回転体に対する加圧回転体の当接圧を変更可能な当接圧変更機構を備え、制御部は、停止動作を実行した後であってリトライ動作を実行する前に、当接圧変更機構およびモータを制御して、定着回転体に対する加圧回転体の当接圧を低当接圧とした状態で当該加圧回転体を所定時間回転させる低当接圧回転動作を実行する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
スクリーン
1か月前
ソマール株式会社
レンズフード
5日前
キヤノン株式会社
移動装置
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
18日前
キヤノン株式会社
現像装置
1か月前
キヤノン株式会社
現像装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
21日前
株式会社リコー
画像形成装置
20日前
株式会社リコー
画像形成装置
19日前
株式会社リコー
画像形成装置
19日前
株式会社リコー
画像形成装置
19日前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
19日前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
7日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
21日前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
定着装置
1か月前
株式会社ニチベイ
スクリーン装置
20日前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
株式会社ニチベイ
スクリーン装置
20日前
株式会社ニチベイ
スクリーン装置
20日前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
定着装置
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
日本電産コパル株式会社
撮像装置
21日前
株式会社リコー
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
20日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
21日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
21日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
18日前
続きを見る