TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022174703
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-11-24
出願番号2021103644
出願日2021-05-11
発明の名称車椅子
出願人個人
代理人
主分類A61G 5/08 20060101AFI20221116BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】 折り畳んだ状態から椅子形態への展開を容易かつ安全に行うことができる車椅子の提供。
【解決手段】 本発明の車椅子1は、左右一対の側フレーム11,12と、この側フレーム11,12の前部に回転自在に取り付けられた前輪13と、前記側フレーム11,12の後部に回転自在に取り付けられた後輪14と、前記側フレームを互いに連結する一対のクロスメンバー18a,18bとを備える。クロスメンバー18a,18bはX状に配されてその交差部分で回動可能に連結されるとともに、端部を側フレーム11,12に回動可能に連結されている。また、クロスメンバー18a,18bの交差部分には、展開アシスト部材2が連結してあり、展開アシスト部材2に踏力等の力を加えることにより、クロスメンバー18a,18bを回動させることができる。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
左右一対の側フレームと、この側フレーム間に設けられた座部と、前記側フレームの前部にそれぞれ回転自在に取り付けられた前輪と、前記側フレームの後部にそれぞれ回転自在に取り付けられた後輪と、前記側フレームを互いに連結する少なくとも一対のクロスメンバーとを備え、前記一対のクロスメンバーをX状に配してその交差部分を回動可能に連結するとともにクロスメンバーの端部を前記側フレームに回動可能に連結することにより、クロスメンバーの回動によって側フレームを近接あるいは離間させて折り畳みあるいは展開が可能に構成された車椅子であって、
前記クロスメンバーの交差部分に展開アシスト部材を連結したことを特徴とする車椅子。
続きを表示(約 530 文字)【請求項2】
展開アシスト部材は、前後方向に延びて設けられ、クロスメンバーよりも前後方向何れかまたは両方に突出していることを特徴とする請求項1に記載の車椅子。
【請求項3】
展開アシスト部材の端部には、足踏み用のペダルが設けられていることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の車椅子。
【請求項4】
左右一対の側フレームと、この側フレーム間に設けられた座部と、前記側フレームの前部にそれぞれ回転自在に取り付けられた前輪と、前記側フレームの後部にそれぞれ回転自在に取り付けられた後輪と、前記側フレームを互いに連結する少なくとも一対のクロスメンバーとを備え、前記一対のクロスメンバーをX状に配してその交差部分を回動可能に連結するとともにクロスメンバーの下端部を前記側フレームに回動可能に連結することで、クロスメンバーの回動によって側フレームを近接あるいは離間させて折り畳みあるいは展開が可能に構成された車椅子であって、
前記クロスメンバーの上端部は前記側フレームにそれぞれ着脱可能に支持されたシートパイプに固定されており、このシートパイプには上方に突出して操作者が把持可能な把手を設けたことを特徴とする車椅子。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、折り畳み式の車椅子に関するものである。
続きを表示(約 3,500 文字)【背景技術】
【0002】
従来、折り畳み式の車椅子としては、特許文献1および特許文献2に開示された車椅子が知られている。ここでは、本発明の要部に関連する部分の構成および作用のみを特許文献1の用語を用いて紹介する。この従来の車椅子10は、図6および図7に示すように、左右一対の側フレーム11,12を備えている。それぞれの側フレーム11,12は、前後方向に延びるベースパイプ11a,12aと、このベースパイプ11a,12aの上方にあって前後方向に延びるシートサイドパイプ11b,12bと、ベースパイプ11a,12aの後部とシートサイドパイプ11b,12bの後部とを連結する後輪取付部11c,12cとを備えている。それぞれの側フレーム11,12の前部には、前輪13が回転自在に取り付けられると共に、後輪取付部11c,12cには後輪14が回転自在に取り付けられている。また、それぞれの側フレーム11,12は、開閉可能に構成されたクロスリンク状のクロスフレーム15によって連結されている。このクロスフレーム15は、一対のシートパイプ16,17、前クロスメンバー対18、後クロスメンバー対19を備えて成る。前クロスメンバー対18と後クロスメンバー対19は、それぞれ2本のクロスメンバー18a,18b,19a,19bをX状に交差させた状態で各交差部分(クロスメンバー18a,18b,19a,19bの中央部)を回転自在に軸着した構成であり、これら前後クロスメンバー対18,19の上端には前記シートパイプ16,17が前後方向に延びて固定されている。また、これら前後クロスメンバー対18,19の下端部は、前記ベースパイプ11a,12aに回動可能に軸着されている。さらに、前記シートパイプ16,17は、シートサイドパイプ11b,12bにそれぞれ取り付けられた前座受具20と後座受具21に支持されるようになっており、両シートパイプ16,17には車椅子利用者の座部となる座シート22が架け渡されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2019-63131公報
特許第6313927号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上記従来の車椅子10は、前後クロスメンバー対18,19が回動することで側フレーム11,12を近接させて折り畳んだ形態にすることができる。この折り畳まれた状態において、シートパイプ16,17はクロスメンバー18a,18b,19a,19bの回動を受けて前座受具20と後座受具21から離れて上方に持ち上げられる。このような前後クロスメンバー対18,19の回動動作によるシートパイプ16,17の上方遷移は、特許文献2にも示されている。そして、使用時には前後クロスメンバー対18,19を回動させて椅子の形態に展開する訳であるが、その際は、側フレーム11,12と一体の手押しハンドル23,23を操作して側フレーム11,12を離間させるよう、前後クロスメンバー対18,19を回動させる。しかし、左右両方の後輪14,14が接地した状態では各側フレーム11,12を離間させるのは容易ではなく、かといって、車椅子10を少し傾けて片側の後輪14を浮かせた状態で側フレーム11,12を操作するのも難しい。側フレーム11,12には後輪14,14以外にも多くの構成部品が取り付けられており、しかも手押しハンドル23,23はクロスフレーム15から離れた位置にあるため、片側の後輪14を浮かせても前後クロスメンバー対18,19を回動させるには、相当の腕力を要する。このように、従来の車椅子10は、折り畳んだ状態から椅子の形態への展開が困難であるという問題を有していた。これに対し、シートパイプ16,17に力を加えれば、直接、前後クロスメンバー対18,19に力を加えることができるため、車椅子10の展開が比較的容易になる。しかし、これだと車椅子10が椅子形態に開いた段階でシートパイプ16,17とシートサイドパイプ11b,12bとの間、あるいはシートパイプ16,17と前座受具20・後座受具21との間に手指を挟んでしまう恐れがある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明は、上記課題に鑑みて創成されたものであり、折り畳んだ状態から椅子形態への展開を容易かつ安全に行うことができる車椅子の提供を目的とする。この目的を達成するために本発明の車椅子は、左右一対の側フレームと、この側フレーム間に設けられた座部と、前記側フレームの前部にそれぞれ回転自在に取り付けられた前輪と、前記側フレームの後部にそれぞれ回転自在に取り付けられた後輪と、前記側フレームを互いに連結する少なくとも一対のクロスメンバーとを備え、前記一対のクロスメンバーをX状に配してその交差部分を回動可能に連結するとともにクロスメンバーの端部を前記側フレームに回動可能に連結することにより、クロスメンバーの回動によって側フレームを近接あるいは離間させて折り畳みあるいは展開が可能に構成された車椅子であって、前記クロスメンバーの交差部分に展開アシスト部材を連結したことを特徴とする。この構成によれば、展開アシスト部材に踏力等の力を加えることにより、クロスメンバー対に力を直接付加することができる。
【0006】
また、前記展開アシスト部材は、前後方向に延びて設けられ、その端部がクロスメンバーよりも前後方向何れかに突出していることが望ましく、さらに、展開アシスト部材の端部には、足踏み用のペダルが設けられていることが望ましい。これにより、車椅子が折り畳まれた状態でも展開アシスト部材に力を加えやすくなる。
【0007】
また、本発明は上記目的を達成するため、左右一対の側フレームと、この側フレーム間に設けられた座部と、前記側フレームの前部にそれぞれ回転自在に取り付けられた前輪と、前記側フレームの後部にそれぞれ回転自在に取り付けられた後輪と、前記側フレームを互いに連結する少なくとも一対のクロスメンバーとを備え、前記一対のクロスメンバーをX状に配してその交差部分を回動可能に連結するとともにクロスメンバーの下端部を前記側フレームに回動可能に連結することで、クロスメンバーの回動によって側フレームを近接あるいは離間させて折り畳みあるいは展開が可能に構成された車椅子であって、前記クロスメンバーの上端部は前記側フレームにそれぞれ着脱可能に支持されたシートパイプに固定されており、このシートパイプには上方に突出して操作者が把持可能な把手を設けたことを特徴とする。この構成によれば、把手に力を加えることによりクロスメンバー対に回動する力を直接付加することができる。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、展開アシスト部材や把手によってクロスメンバー対に直接的に力を付加することが可能になるため、車椅子を折り畳んだ状態から椅子の形態に展開する場合にクロスメンバー対を回動させやすくなり、車椅子の展開を容易に行えるようになる。また、展開アシスト部材や把手を設けたことで車椅子の展開時にシートパイプを握って操作することもなくなり、シートパイプとシートサイドパイプとの間、あるいはシートパイプと前座受具・後座受具との間に手指を挟んでしまう危険もなくなる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本発明に係る車椅子の正面図である。
本発明に係る車椅子の背面図である。
図1のA-A線に係る断面図である。
本発明に係る車椅子の折り畳み状態を示す一部切欠正面図である。
本発明に係る車椅子の他の例の説明用断面図である。
従来の車椅子の正面図である。
図6のB-B線に係る断面図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、発明を実施するための形態を説明する。図1ないし図3において、1は車椅子であり、特許文献1および特許文献2に示されたものと構成はほとんど同じである。異なるのは、クロスフレーム15に展開アシスト部材2を設けた点である。このため、本実施形態においては、この展開アシスト部材2周辺の構造についてのみ説明を行うものとし、その他の構成については、特許文献1および特許文献2の内容を援用するものとする。また、背景技術で述べた車椅子10と同じ構成部品には同じ符号を付す。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
車椅子
2か月前
個人
湿布薬
4か月前
個人
車いす
3か月前
個人
揉み棒
4か月前
個人
舌清浄器
13日前
個人
指カバー
2か月前
個人
殺菌装置
19日前
個人
抗がん剤
3か月前
個人
健康器具
4か月前
個人
消毒装置
13日前
個人
筒状保護具
2か月前
個人
骨折治療薬
4か月前
個人
歩行練習器
3か月前
個人
電動車椅子
8日前
個人
筋肉増強剤
4か月前
個人
油性化粧料
2か月前
個人
腸炎治療薬。
4か月前
個人
膵炎治療薬。
4か月前
個人
腎炎治療薬。
4か月前
個人
妊娠補助腰枕
2か月前
個人
がん治療装置
4か月前
個人
がん治療装置
4か月前
個人
電磁波の制御
2か月前
個人
温熱器
21日前
個人
脳卒中治療薬
4か月前
個人
脳卒中予防薬
4か月前
個人
車椅子
3か月前
個人
肝炎治療薬。
4か月前
個人
白内障治療薬
3か月前
個人
陶板温熱浴装置
21日前
個人
目薬容器
14日前
個人
表面清浄化装置
3か月前
個人
白血病治療薬。
4か月前
個人
穿刺装置
3か月前
個人
鼻炎の治療薬。
4か月前
個人
網膜炎治療薬。
4か月前
続きを見る