TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022170242
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-11-10
出願番号2021076247
出願日2021-04-28
発明の名称画像形成装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人,個人
主分類G03G 21/16 20060101AFI20221102BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】 排出トレイに開閉部材を設けることなく、内部ユニットへのアクセス性を向上させた画像形成装置を提供すること。
【解決手段】 本発明の画像形成装置は、画像が形成され、装置本体の外部へ排出された記録材を支持する排出トレイと、前記装置本体の内部に配置され、記録材の画像形成動作または搬送動作に寄与する内部ユニットと、前記装置本体の外装部材の一部を構成し、前記装置本体の内部を露出するために開閉可能なドアと、を有し、前記ドアを開くと前記排出トレイを前記装置本体に対して固定している固定部材が露出し、前記固定部材を前記装置本体から外すことで前記ドア以外の前記外装部材を外すことなく、前記排出トレイを前記装置本体から外すことができ、前記排出トレイを前記装置本体から外すことで前記内部ユニットにアクセス可能となるように構成されたことを特徴とする。
【選択図】 図6
特許請求の範囲【請求項1】
記録材に画像を形成する画像形成装置において、
画像が形成され、装置本体の外部へ排出された記録材を支持する排出トレイと、
前記装置本体の内部に配置され、記録材の画像形成動作または搬送動作に寄与する内部ユニットと、
前記装置本体の外装部材の一部を構成し、前記装置本体の内部を露出するために開閉可能なドアと、を有し、
前記ドアを開くと前記排出トレイを前記装置本体に対して固定している固定部材が露出し、前記固定部材を前記装置本体から外すことで前記ドア以外の前記外装部材を外すことなく、前記排出トレイを前記装置本体から外すことができ、前記排出トレイを前記装置本体から外すことで前記内部ユニットにアクセス可能となるように構成されたことを特徴とする画像形成装置。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記排出トレイに排出される記録材の排出方向と直交する記録材の幅方向において前記排出トレイの両端に設けられ、前記排出トレイに支持される記録材の前記幅方向における位置を規制する第1の側壁と第2の側壁と、を有し、
前記第1の側壁と前記第2の側壁が前記装置本体に取り付けられたままの状態で、前記排出トレイは前記第1の側壁と前記第2の側壁と分離して前記装置本体から外すことができることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記装置本体に着脱可能なカートリッジを有し、
前記ドアを開くと、前記カートリッジを前記装置本体から着脱することができることを特徴とする請求項1または2に記載の画像形成装置。
【請求項4】
記録材の搬送路を形成するガイド部材を有し、
前記ドアを開くと、前記ガイド部材が移動し、前記搬送路を開放できることを特徴とする請求項1または2に記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記装置本体に着脱可能な廃トナーボックスを有し、
前記ドアを開くと、前記廃トナーボックスを前記装置本体から着脱することができることを特徴とする請求項1または2に記載の画像形成装置。
【請求項6】
前記内部ユニットは鉛直方向において前記排出トレイの下方に設けられ、鉛直方向の上側から見たとき、前記排出トレイを前記装置本体から外すことで形成される開口のサイズが前記内部ユニットのサイズよりも大きいことを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1項に記載の画像形成装置。
【請求項7】
前記内部ユニットは像担持体に光を照射するスキャナユニットであることを特徴とする請求項6に記載の画像形成装置。
【請求項8】
前記排出トレイは、排出された記録材が積載される積載面と、前記積載面に排出される記録材の排出方向において記録材の上流端の位置を規制する積載壁と、を含み、
前記内部ユニットは前記排出方向において前記積載壁の上流側に設けられ、前記排出トレイを外すことで前記積載壁に覆われていた前記内部ユニットの一部が露出されることを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1項に記載の画像形成装置。
【請求項9】
前記内部ユニットは画像が形成された記録材を前記排出トレイへ排出する排出ユニットであることを特徴とする請求項8に記載の画像形成装置。
【請求項10】
鉛直方向において前記排出トレイの上方に設けられ、原稿を読み取るための原稿読取装置を有していることを特徴とする請求項1乃至9のいずれか1項に記載の画像形成装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、装置本体の内部に設けられた内部ユニットへのアクセス性を向上させた画像形成装置に関する。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
従来、プリンタなどの画像形成装置において、スキャナユニットなど装置本体の内部に設けられている内部ユニットが故障または寿命に到達した場合、サービスマンが内部ユニットを交換する必要がある。このとき、サービスマンは本体上部カバーをはじめとする複数の外装部材を取り外して内部ユニットを交換している。また、プリンタの上部に原稿読取装置などの増設ユニットが設けられている場合、サービスマンは増設ユニットを外してから本体上部カバーを取り外す必要があり、この作業は煩雑である。
【0003】
特許文献1に記載された画像形成装置では、本体上部カバーの一部である排出トレイの下方(装置本体の内部)に電気回路基板が配置されている。この電気回路基板に新たな基板を装着して機能を拡張することができるように、排出トレイのうち電気回路基板に対応する部分には開閉部材が設けられている。そして、この開閉部材を開けることで、ユーザが装置本体の内部に設けられた電気回路基板にすぐにアクセスできるような構成となっている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開平9-106238
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかし、特許文献1の構成では、新たに装着する基板のサイズが大きくなった場合、開閉部材のサイズも大きくする必要がある。その結果、開閉部材を開閉するための広い空間を確保する必要があり、プリンタの上部に原稿読取装置などの増設ユニットが設けられている場合には開閉部材と増設ユニットが干渉する可能性がある。
【0006】
また、特許文献1の構成では、開閉部材が設けられている箇所は排出トレイの記録材の積載面に対して凹んでいるため、排出トレイに排出される記録材の端部がこの凹部に引っ掛かり、記録材がカールしてしまう可能性もある。
【0007】
そこで本発明は、排出トレイに開閉部材を設けることなく、内部ユニットへのアクセス性を向上させた画像形成装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上記の目的を達成するための本発明の画像形成装置は、画像が形成され、装置本体の外部へ排出された記録材を支持する排出トレイと、前記装置本体の内部に配置され、記録材の画像形成動作または搬送動作に寄与する内部ユニットと、前記装置本体の外装部材の一部を構成し、前記装置本体の内部を露出するために開閉可能なドアと、を有し、前記ドアを開くと前記排出トレイを前記装置本体に対して固定している固定部材が露出し、前記固定部材を前記装置本体から外すことで前記ドア以外の前記外装部材を外すことなく、前記排出トレイを前記装置本体から外すことができ、前記排出トレイを前記装置本体から外すことで前記内部ユニットにアクセス可能となるように構成されたことを特徴とする。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、排出トレイに開閉部材を設けることなく、内部ユニットへのアクセス性を向上させた画像形成装置を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
画像形成装置の構成を示す断面図
画像形成装置の外装部材を示す構成図
排出トレイユニットの構成図
排出トレイユニットの断面図
画像形成装置からプロセスカートリッジを外す様子を示した図
実施例1における排出トレイを取り外す説明図
実施例1における露光装置を取り外す説明図
実施例2における画像形成装置の構成図
実施例2における排出トレイを取り外す説明図
実施例3における画像形成装置の構成図
実施例3における排出トレイを取り外す説明図
実施例4における排出ユニットを取り外す説明図
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
スクリーン
29日前
ソマール株式会社
レンズフード
1日前
キヤノン株式会社
現像装置
1か月前
キヤノン株式会社
現像装置
1か月前
キヤノン株式会社
移動装置
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
14日前
株式会社リコー
画像形成装置
17日前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
15日前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
16日前
株式会社リコー
画像形成装置
15日前
日本放送協会
投射型表示装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
15日前
株式会社リコー
画像形成装置
15日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
3日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
17日前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
日本電産コパル株式会社
撮像装置
1か月前
キヤノン株式会社
定着装置
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
株式会社ニチベイ
スクリーン装置
16日前
日本電産コパル株式会社
撮像装置
17日前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
株式会社ニチベイ
スクリーン装置
16日前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
8日前
続きを見る